Event is FINISHED

山川徹×佐藤康智×柿崎俊道
「東北復興支援連続トークショー 学校では教えてくれない教養の話 Vol.2 震災とあまちゃん」

Description

今も熱狂的なファンを持つNHK朝の連続ドラマ『あまちゃん』。
放送終了後半年が過ぎましたが、その熱狂の余韻は醒めません。今回のトークショーは、「あまちゃん」好きを自負するルポライター、文芸評論家、聖地巡礼プロデューサーがそれぞれのフィールドから、「あまちゃん」への思い、そして、ドラマを通して見る東北の今について語ります。

ルポライター山川氏は、震災直後から現在まで被災地に通い、震災で住居や職を失った人々、震災を機に女優になった女性達、震災を苦に自殺する人々など、常に被災者の目線に立ったルポを発表し続けてきました。一方、文芸評論家の佐藤氏は、岩手県出身者として宮澤賢治を論じ続け、聖地巡礼プロデューサーの柿崎氏は、舞台となった久慈市に聖地巡礼を続けています。それぞれのフィールドから見る「あまちゃん」のすごさとは――。*ご来場の方には、2012年3月に発売された世界のクリエイターによる東北復興支援イラスト集『MagnitudeZERO』をもれなくプレゼント致します。入場料からお一人さまあたり200円を現地で活動を続ける団体に寄付致しまして、後日、FaceBook上で報告させて頂きます。

https://www.facebook.com/MagnitudeZERO

出演 ・山川徹 フリーライター山形県出身。東北学院大学在学中より『別冊東北学』編集に携わり、フリーランスとして執筆活動を開始。震災以前から三陸沿岸の漁業や捕鯨文化などを取材。著書に『捕るか、護るかクジラの問題』『東北魂~ぼくの震災救援取材日記』それでも彼女は生きていくをきっかけに女優となった人の女の子』など。日発売週刊朝日において「震災関連死」についてのルポを発表。
・佐藤康智 文芸評論家岩手県出身。2003年「『奇蹟』の一角」で第46回群像新人文学賞評論部門受賞。以後、宮澤賢治、中上健次などを中心に文芸評論を執筆。「読売新聞」「群像」「すばる」などに寄稿。
・柿崎俊道 編集者・聖地巡礼プロデューサー・カメラマン「月刊アニメージュ」、スタジオジブリなどで編集・執筆に携わった後、独立。代表作に書籍『聖地巡礼アニメ・マンガ12ヶ所めぐり』。コンテンツツーリズムとして注目される「聖地巡礼」現象を日本で初めて本にした。現在では、『らき☆すた』等で知られる埼玉県をはじめ、各地でアニメやマンガによる地域活性化プランニングを手掛けている。

【出演】
山川徹 (フリーライター)
佐藤康智(文芸評論家)
柿崎俊道(編集者・聖地巡礼プロデューサー・カメラマン)
【日時】
2014年5月1日(金)20:00~22:00 (19:30開場)【場所】本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
【入場料】
2500yen + 1 drink order
Event Timeline
Updates
  • タイトル は 山川徹×佐藤康智×柿崎俊道 「東北復興支援連続トークショー 学校では教えてくれない教養の話 Vol.2 震災とあまちゃん」 に変更されました。 Diff 2014-04-17 04:13:31
More updates
Thu May 1, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(2500yen+500yen/1drink) ¥3,000
当日現金支払(2500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,541 Followers