歴史的典籍オープンデータワークショップ

Description

歴史的典籍オープンデータワークショップ

~切ったり貼ったり、古典籍からなにを取り出そう?~


国文学研究資料館では、今後公開予定の30万点におよぶ画像データの利活用の可能性を探るため、今年もアイデアソンを開催します。人文学オープンデータ共同利用センターの協力のもと公開している「日本古典籍データセッ ト」をはじめとしたオープンデータセットのほか、10月には「新日本古典籍総合データベース」が正式公開され、豊富な画像が題材に加わりました。また、画像を切り貼りする技術にも新展開があります。今回は、古典籍画像や技術を活かしたキュレーションサイト(テーマごとに画像を集めるまとめサイト)の展開例を考えていただきます。

アイデアソン・・・特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合い、それをまとめていく、参加型のイベント。

【日時】 2017年12月8日(金)15時15分~18時00分頃終了予定

※14:30-15:00にキュレーション等に関する自由参加の予備講習を行います。

【会場】 大阪市立大学文化交流センター 大セミナー室・小セミナー室

(大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階)

【定員】36人程度

【対象】研究者(文系・理系を問わない)、図書館員、学生の方等、日本語の歴史的典籍に関心のある方。

応募者多数の場合は調整させていただく場合があります。

当日は6グループ(56)程度に分かれてディスカッションしていただきます。

【参加費】無料

【使用言語】日本語

【プログラム】

14:30-15:00 ※事前申し込み不要の自由参加の予備講習です。

「キュレーション」と「新日本古典籍総合データベース」について簡単なガイダンスを行います。

15:00 受付開始

  《第1部 歴史的典籍オープンデータを知る》

15:15-15:20 概要説明

15:20-15:50 データ/ツール紹介

15:50-16:00 休憩)

  《第2部 歴史的典籍アイデアソン》

16:00-16:10 オリエンテーション

16:10-17:20 グループディスカッション ※適宜小休憩を挟みます

(17:20-17:30 休憩)

17:30-18:00 発表・講評

18:30-   懇親会

※プログラムは後日変更される可能性があります。

【参加にあたってのご注意】

このアイデアソンでは以下の事柄についてご留意ください。

・批判は禁止です。

・突飛さや、他人の意見に便乗することも歓迎します。

・現実論は重視しません。

・提案されたアイデアやワークショップの模様を当館HP等で公表します。

【主催】 人間文化研究機構 国文学研究資料館

【共催】 人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館メタ資料学研究センター(予定)

     人間文化研究機構 国立国語研究所

     情報・システム研究機構 国立情報学研究所

     情報・システム研究機構 データサイエンス共同利用基盤施設

     国立国会図書館(予定)

     一般財団法人人文情報学研究所(予定)

     情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会

【関連情報】

「新日本古典籍総合データベース」(https://kotenseki.nijl.ac.jp/)
「オープンデータセット(国文研)」(http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/data_set_list.html)
「日本古典籍データセット」(http://codh.rois.ac.jp/pmjt/)
「日本古典籍字形データセット」(http://codh.rois.ac.jp/char-shape/)
「江戸料理レシピデータセット」(http://codh.rois.ac.jp/edo-cooking/)
「じんもんこん 2017」サイト(http://jinmoncom.jp/sympo2017/)


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#296670 2017-11-20 08:37:27
More updates
Fri Dec 8, 2017
3:15 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
大阪市立大学文化交流センター
Tickets
参加チケット
Venue Address
大阪市北区梅田1-2-2-600 大阪駅前第2ビル6階 Japan
Organizer
人間文化研究機構 国文学研究資料館
30 Followers