「別視点ナイト ~路上観察に魂をささげたスペシャリスト勢ぞろい~ vol.2」 | Peatix tag:peatix.com,2011:1 2017-10-26T12:42:46+09:00 Peatix 東京カルチャーカルチャー 「別視点ナイト ~路上観察に魂をささげたスペシャリスト勢ぞろい~ vol.2」 tag:peatix.com,2017:event-317605 2017-12-08T20:00:00JST 2017-12-08T20:00:00JST OPEN19:00 START20:00 END※22:00 ※予定時刻日本中の珍スポットを紹介するサイト「東京別視点ガイド」。レポートだけではあきたりず、ツアー運行する観光会社「別視点」を立ち上げ。いろんなジャンルのスペシャリストをガイドにまねき、まち歩きツアーを実施している!このトークライブでは歴代ツアーガイドが大集合!片手袋、空想地図、顔ハメ看板、植木鉢、珍スポットなどなど……。かたよったジャンルに魂を捧げたスペシャリストぞろい。普通に町を歩いていたら、絶対に気づけない「切り口」をお話しします!帰り道、やたらとキョロキョロしちゃいますよ。【出演者】●石井公二(路上に落ちてる手袋のスペシャリスト)片手袋研究家。小学1年生から片手袋に注目しはじめ30年。サイト「片手袋大全」にて研究成果を報告している。「見つけてしまったら撮影しないと罪悪感がある。片手袋は、呪い」とのこと。●今和泉隆行(地図のスペシャリスト)地理人研究所代表。 7歳のころから存在しない町・中村市の空想地図を描く。著作に「みんなの空想地図」がある。●塩谷朋之(顔ハメ看板のスペシャリスト)顔ハメ看板ニスト。ハマり続けて十数年、ハマった看板2800枚以上。有給休暇の取得理由にしっかり「顔ハメ」と書き、年間400枚以上にハマる。複数個の穴が空いてる物は知らない人に声をかけ、なんとかして穴を埋めるのがポリシーだ。●藤田泰実(路上に落ちてる物のスペシャリスト)路上に落ちてる物(オチモン)を写真に撮ってる収集家。食べかけのホットドックから便座まで心に引っかかったものはなんでも撮る。●木村りべか(植木鉢のスペシャリスト)図画工作作家。なんでもない植木写真を8年間ものあいだ撮り続けている。鉢の配置や支え棒の刺し方など、見られることをほぼ意識していない、むきだしの表現から持ち主の意図を読みとる。●松澤茂信(珍スポットのスペシャリスト)東京別視点ガイド編集長。 日本中、世界中の珍スポットを1000個以上めぐり、サイトで紹介している。2016年に観光会社「別視点」をたちあげる。http://tcc.nifty.com/event/general/22782