【完売御礼】まるで薪野と洋子。心から通じ合う相手と出会える『マチネの終わりに』Bar読書会@bar bossa

Description

◎「マチネの終わりに」Bar読書会とは?


「マチネの終わりに」Bar読書会は、累計16万部を突破し、発売から約1年半がたった今なお多くの読者に愛されている平野啓一郎氏の著書『マチネの終わりに』を題材にした読書会をBarで楽しむことができるイベントです。

「読書会」とは、その本の好きな台詞やシーン、気付いたことを話したり、本をきっかけに思い出した自分の経験などを語り合うもの。初めて会う人も「本」という共通点で繋がることができるので共感しやすく、心も通じやすいのです。


会場は大人の恋愛模様を描いた作品の世界観にあわせて、渋谷で20年以上、大人の恋愛を見守り続ける名店「bar bossa(バールボッサ)」。Cakes内人気記事「ワイングラスのむこう側(https://cakes.mu/series/1546)」を連載している店主の林伸次さんも交えて、おいしいお酒を飲みながら「マチネの終わりに」について語り合っていただきます。お酒はフリードリンク制で、ワインやカクテルなど、またソフトドリンクもご用意しています。

当日は、「読書会が初めて」「本を読んだけどそれほど詳しく覚えていない」という方でも楽しめる工夫が満載。「ポツン」としてしまうことのないよう、4~5名ずつのグループで語り合います。また、各グループにはファシリテーターが付き、話が盛り上がるよう「適度に」ガイド。内容を忘れてしまった方向けに、人物相関図も用意します。ただし、読書会の前に少し読み返してきた方が、より楽しめるのでオススメです。


「マチネの終わりに」という共通点を持って集まるため、蒔野と洋子のような、心から通じ合う相手と出会えるかもしれません。どんな台詞が好きか、どんなシーンが好きか、と考えておいてから臨めば、出会いの可能性も高まるかも? 当日はぜひ本を持参して、ページをめくりながら語り合いましょう。




◎「読書会ってどんな雰囲気?」気になる方におすすめのコンテンツ


■担当編集者も交えて"好き"な点を語り合いました!「マチネの終わりに」座談会
https://note.mu/matinee_brother/n/n593d9666055d

■表現の魅力に絞ったり、アラフォーの読者を集めて開催しました!これまでの読書会レポート
https://note.mu/matinee_brother/m/m79c0258c4299

■絶賛、配信中!マチネツイキャス読書会
毎週火曜日22時から配信
http://twitcasting.tv/matinee_brother




◎作品&店主ご紹介



「マチネの終わりに」

毎日新聞とnoteで連載されていた、平野啓一郎の長編小説です。

物語は、クラシックギタリストの蒔野と、海外の通信社に勤務する洋子の出会いから始まります。初めて出会った時から、強く惹かれ合っていた二人。しかし、洋子には婚約者がいました。やがて、蒔野と洋子の間にすれ違いが生じ、ついに二人の関係は途絶えてしまいます。互いへの愛を断ち切れぬまま、別々の道を歩む二人の運命が再び交わる日はくるのかー

中心的なテーマは恋愛ではあるものの、様々なテーマが複雑に絡み合い、蒔野と洋子を取り巻く出来事と、答えのでない問いに、連載時の読者は翻弄されっぱなし。ずっと"「ページをめくりたいけどめくりたくない、ずっとその世界に浸りきっていたい」小説"を考えてきた平野啓一郎が贈る、「40代をどう生きるか?」を読者に問いかける作品です。




bar bossa 林伸次さん
1969年徳島県生まれ。レコード屋、ブラジル料理屋、バー勤務を経て、1997年渋谷にbar bossaをオープンする。2001年、ネット上でBOSSA RECORDSをオープン。選曲CD、CD ライナー執筆多数。『カフェ&レストラン』(旭屋出版)、『cakes』で、連載中。著書『バーのマスターはなぜネクタイをしているのか』(DU BOOKS)。 ・bar bossa http://www.barbossa.com/ ・ボサノヴァ好き韓国人ジノンさんとの往復書簡ブログ The boy from Seoul and Tokyo http://theboyfromseoulandtokyo.blogspot.jp/



◎イベント概要


■イベント名:まるで蒔野と洋子。心から通じ合う相手と出会える
「マチネの終わりに」Bar読書会 @bar bossa

■開催日時:2017年11月5日(日)
開場13:30 読書会開始14:00 懇親会開始 16:00

■会場:bar bossa(バールボッサ)
東京都渋谷区宇田川町 41-23 第2大久保ビル 1F
※ビル右側に 「ビル関係者以外立入禁止」 というお知らせがありますが、その門を開けて進んだ先左手に入口があります。

■参加者数:20名限定

■料金:4,500円※フリードリンク制
7,500円※16時からの懇親会参加金額込み

■参加条件:「マチネの終わりに」が好きな方、20歳以上の方
※受付にて年齢確認をさせていただく場合がございます。予めご了承ください。

■持ち物:「マチネの終わりに」の書籍もしくは電子版(推奨)

■主催:「マチネの終わりに」読書会プロジェクト
「マチネの終わりに」を読み、感動したコルクラボ※1の有志が集まって立ち上げたプロジェクト。「マチネの終わりに」について様々な“好き”を語り合う場を提供するため活動中。
https://note.mu/matinee_brother/m/m79c0258c4299

※1
コルクラボとは、漫画家や小説家のエージェント会社「コルク」が主催する、コミュニティを研究するオンラインサロンのことです。
詳しくはこちら https://lab.corkagency.com/about



◎注意事項 ※必ずお読みください


・イベント当日は撮影が入ります。イベント内で撮影された写真及び映像に関する著作権は、当イベントの主催に帰属します。告知やプロモーション等で使用される場合がございますので、予めご了承下さい。

・本イベントは、主催者の判断により、予告無く内容が変更される場合がございます。変更があった場合は本サイト上で告知させていただきます。



【本イベントに関する取材等のお問い合わせ】

「マチネの終わりに」読書会プロジェクト 担当:林
TEL:080-4157-4569(つながらない場合は留守電にメッセージをお願いします。こちらから折り返し連絡させてもらいます)
MAIL:matinee160408@gmail.com



===== チケット購入者様へ =====

■当日スムーズにご入場いただく為、下記の準備を事前にお願いいたします。

[スマートフォンをお持ちの方]
"PeaTiX" アプリをダウンロードしてください。アプリ内には入場に必要なチケット(QRコード)がございますのでそちらを入場時にご提示ください。
- iOSアプリはApp Storeにて" peatix "で検索、または こちらからダウンロード!
- AndroidアプリはGoogle playにて" peatix "で検索、またはこちらからダウンロード!
(共に"PeaTiX for Orgnaizers"ではございませんのでご注意ください。)

[スマートフォンをお持ちでない方もしくはアプリをダウンロードできない方]
購入完了メール内の”ウェブで確認”より表示されるQRコードをご提示、あるいはQRコードが印刷された用紙を入場時にご提示ください。
==========
Updates
  • タイトル は 【完売御礼】まるで薪野と洋子。心から通じ合う相手と出会える『マチネの終わりに』Bar読書会@bar bossa に変更されました。 Orig#286348 2017-10-13 07:28:38
More updates
Sun Nov 5, 2017
2:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
読書会参加(14:00-16:00) SOLD OUT ¥4,500
懇親会も参加(16:00-18:00)※読書会にお申し込みいただいた方のみ ON HOLD ¥3,000
Venue Address
東京都渋谷区宇田川町41-23 河野ビル1F Japan
Organizer
「マチネの終わりに」読書会
49 Followers