多摩大学 医療・介護ソリューション研究所「医療介護研究会」 #6「データヘルス改革推進の立場から見る国内外の取り組みと課題」

Description
多摩大学医療・介護ソリューション研究所では、医療機関への情報提供・営業担当者の皆さん、マーケット部門の皆さんを対象に、すぐに使える医療制度・病院経営に関する情報などを提供する連続研究会を開催しています。

第6回は、「データヘルス改革推進の立場から見る国内外の取り組みと課題」と題して、厚生労働省・データヘルス改革推進本部参与の吉井弘和氏(社会保険診療報酬支払基金・理事長特任補佐)を講師にお招きします。データヘルス改革の現状、海外における先進事例、データヘルスが診療報酬に与える影響など、データヘルスの今後の展望についてご講演頂きます。

是非、ふるってご参加ください。


なお、今回、ご参加特典として、最新の医療政策動向をレポートする『医療レポート(創刊準備号・号外)』(多摩大学医療介護ソリューション研究所:発行)を進呈いたします。


対 象: 医療機関への情報提供者や営業担当者(製薬会社や医療機器メーカー、介護関連会社や介護関連機器メーカー、関連システムメーカーなど)、医療機関での経営部門担当者 等



1.日時: 2017年 12月 5日(火)
      開場:14時45分~
      開会:15時00分 ~ 17時00分

2.テーマ:「データヘルス改革推進の立場から見る国内外の取り組みと課題

3. 講 師: 吉井弘和氏(社会保険診療報酬支払基金・理事長特任補佐/厚生労働省データヘルス改革推進本部・参与)


4.会場:  多摩大学大学院 品川キャンパス
      (港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5階)
      ※JR・京急品川駅 港南口より徒歩2分

5.会費:  お一人、1万5千円(税込)
      ※11月2日(木)開催予定の第5回研究会に参加の場合割引あり(2回連続の参加でお一人合計2万5千円(税込))
       URL=http://ptix.at/lP5UDP
      ※〆切:12月1日(月)
      ※定員に達し次第、〆切ります。


*講師紹介*
吉井 弘和 (よしい ひろかず) 氏
厚生労働省のデータヘルス改革推進本部参与ならびに社会保険診療報酬支払基金の理事長特任補佐。2004年に東京大学理学部数学科を卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。1年間のドイツオフィスへの転勤を含めて5年間の勤務の後に休職して、米国と英国に留学し、2011年、コロンビア大学国際・公共政策学院(SIPA)およびロンドン大学政治経済学院(LSE)より公共経営学修士を取得。2011年から1年間、日本人初となる英国与党保守党本部を含めて、ロンドン市長選挙の選挙対策本部、英国下院議員の議員秘書など、英国政治の現場で多岐にわたる活動に従事。2012年にマッキンゼーに復職後、本格的にヘルスケア・セクターに注力して、医薬品・医療機器メーカーなどの民間企業、地方自治体の医療政策当局、病院チェーンなどのコンサルティング活動に従事。2017年3月にマッキンゼーを退職して現職に至る。

Tue Dec 5, 2017
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
第6回のみ参加 ¥15,000
第5回(11/2)に参加 ON HOLD ¥10,000
第5回(11/2)に参加した場合はコチラ ¥10,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 4, 2017.

Venue Address
東京都港区港南2-14-14 品川インターシティフロント5階 Japan
Organizer
多摩大学 医療・介護ソリューション研究所「医療介護研究会」
153 Followers
Attendees
2