「アニソン座談会 supported by VOCALOID Keyboard」(出演:オーイシマサヨシ、Tom-H@ck、ミト)@『NEWTOWN』

Description
ミト(クラムボン)と、ユニット「OxT」としても活動するオーイシマサヨシとTom-H@ckの3人による、貴重なトークライブの開催が決定!

「ロック」や「アニソン」にとどまらず、様々なジャンルを横断しながら、バンド、プレイヤー、クリエイター、プロデューサーとして活躍する3人。この3人がしゃべりだすと、話は尽きないはず…ですが、今回のメインテーマは「アニソン」!

アニソンを敬愛し、クリエイションにも関わる3人に、好きなアニソン、語りがいのあるアニソンをピックアップしていただき、「この曲の作り方、やばくない!?」「この曲のメロディー、実はめっちゃすごいんだよ!?」といった、それぞれの目と耳と心が感じる「熱きポイント」を、互いにプレゼンしていただきます。

さらには、大石昌良(オーイシマサヨシ)が作詞・作曲を手がけた、今年のビッグヒットソング”ようこそジャパリパークへ”の他、それぞれが手がけたアニソンについても互いに語り合っていただく予定です。
今回のイベントを彩り、プレゼンを補足してくれるのは、12月に発売予定の新機種=「歌詞を歌うことのできるキーボード・VOCALOID Keyboard」。
貴重な60分をお見逃しなく!

《VOCALOID Keyboard「VKB-100」とは?》
「VOCALOID(TM)」は、ヤマハ株式会社が開発した、歌詞とメロディーを入力するだけで、コンピューター上で人工の歌声を作り出すことが出来る歌声合成技術およびその応用ソフトウェアです。

ボーカロイドキーボード「VKB-100」は、この「VOCALOID(TM)」によって実現した、リアルタイムに歌詞を歌わせて演奏を楽しむキーボードです。実際の人間の声から収録した「歌声ライブラリ」と呼ばれる声のデータベースを切り替えることで、さまざまなシンガーの声を利用することができます。スマートフォン・タブレット用の専用アプリケーションとBluetooth接続することで、「初音ミク」をはじめとしたシンガーを追加したり、歌詞を事前入力することで、オリジナル曲の演奏が楽しめます。パソコンや音楽制作の専門知識は必要なく、鍵盤やボタン操作で自由にメロディーや歌い方を変化させられるため、誰でもボーカロイド曲が楽しめる、まったく新しい「VOCALOID(TM)」の楽しみ方を提案する楽器です。
https://www.vocaloid.com/vocaloidkeyboard/

《ミト》
1975年5月6日生まれ。東京都出身。クラムボンのバンドマスターとして、ベース、ギター、キーボード他を担当。デビュー以来クラムボンのほとんどの楽曲はmitoによるものである。自身のバンド以外にも、演奏参加、楽曲提供、プロデューサー、ミックスエンジニアとして、木村カエラ、豊崎愛生、花澤香菜、持田香織、toe、SOUR、コトリンゴなど多くのミュージシャンを手がける他、映画やアニメの楽曲制作を行う。2006年から「mito solo project」として「FOSSA MAGNA」「dot i/o」「micromicrophone」の3つのソロ活動をスタートし、アルバムを発表。ノイズ、アバンギャルド、テクノからエピックなポップミュージックまでを傍若無人に搾取するヘヴィー・リスナーであり、常にジャンルの垣根を飛び越えようとするスタイルで、新しい音楽に挑戦している。2011年には初のmito名義となるソロアルバム『DAWNS』を発売。同時に、これまでミトがプロデュース、作曲、編曲、作詞、remixなどを手がけた数々の作品を2枚にコンパイルした『mito archive 1999-2010』も発売している。また、牛尾憲輔(agraph/LAMA)とのアニソンDJユニット、2 ANIMEny DJsや、伊藤真澄・松井洋平との劇伴ユニット”TO-MAS SOUNDSIGHT FLUORESCENT FOREST”としても活動中。今年はクラムボンがNEW mini ALBUM『モメント e.p.2』を発売し、会場販売する全国29公演の”モメントツアー2017”を開催。
http://www.clammbon.com

《OxT》
ボーカリスト・オーイシマサヨシとサウンドプロデューサー・Tom-H@ckの二人によるデジタル・ロック・アーティスト。オーイシマサヨシは2001年、「Sound Schedule」のVo.Gtとしてメジャーデビューして以来、ソロ名義「大石昌良」としても数々の作品を発表し、その突き抜けた透明感のある声、心の琴線に触れる言葉や卓越したメロディセンスで多大な評価を得、近年ではTVアニメ『けものフレンズ』のOPテーマとして提供した”ようこそジャパリパーク”や『A3!』の主題歌”MANKAI☆開花宣言”が話題に。一方、Tom-H@ckは、TVアニメ『けいおん!』をはじめ数々のアニメ作品、近年ではT.M. Revolution、でんぱ組.incなどのアーティスト楽曲において、奇抜で唯一無二の個性的なサウンドで活躍。現在はMYTH&ROIDのサウンドプロデューサーとしても活躍している。2013年、TVアニメ『ダイヤのA』OPテーマ”Go EXCEED!!””Perfect HERO”でのコラボレーションにより二人は出会い、以降オーイシマサヨシはアニメコンテンツへ進出。「オーイシマサヨシ」としてTVアニメ『月刊少女野崎くん』OPテーマ”君じゃなきゃダメみたい”をリリース。それぞれの活動の中、二人はコラボレーションに新たな可能性を見出し、「OxT(オーイシマサヨシxTom-H@ck)」を結成。2015年、TVアニメ『ダイヤのA』EDテーマ”KIMERO!!”でメジャーデビューを果たす。TVアニメ『オーバーロード』OPテーマ”Clattanoia(クラタノイア)”を2nd Singleとして、2016年TVアニメ『プリンス・オブ・ストライド・オルタナティヴ』OPテーマ”STRIDER’S HIGH”を3rdシングルとして、2017年TVアニメ『ハンドシェイカー』OPテーマでは”One Hand Message”をリリース。数々のアニメフェスや音楽イベントへの出演も積極的に行っている。
http://oxt-music.com


これらのイベントは、CINRAによる入場無料のカルチャーイベント『NEWTOWN』内イベントとして開催いたします。

《NEWTOWNとは?》
11月11日(土)〜12日(日)に多摩ニュータウンで開催する『NEWTOWN』は、小学校跡地を利用して行われる、CINRAによる大文化祭イベント。CINRA.NETが紹介している日本の幅広いカルチャーが大集結し、入場無料で開催される。
http://newtown.site/



『NEWTOWN』@多摩ニュータウン
日程:2017年11月11日(土)〜12日(日)
時間:START 12:00 CLOSE 19:00
   ※本イベントは11:30から受付開始させていただきます
料金:入場無料(一部プログラムは有料)
場所:東京都 デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)

〜アクセス〜
京王線・小田急線「多摩センター駅」徒歩約8分
多摩都市モノレール「松が谷駅」徒歩約3分
※多摩センター駅から松が谷駅はモノレールで1駅(100円)になりますので、こちらのご利用をオススメいたします。
※新宿駅→多摩センター駅は約30分(京王線 準特急)
※立川駅→松が谷駅は約20分(多摩都市モノレール 各停)
※近隣に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#286389 2017-10-13 09:03:49
Sat Nov 11, 2017
12:00 PM - 1:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
デジタルハリウッド大学 八王子制作スタジオ(旧三本松小学校)
Tickets
ご予約席 FULL
Venue Address
東京都八王子市松が谷1番地 Japan
Directions
京王線・小田急線「多摩センター駅」徒歩約8分 多摩都市モノレール「松が谷駅」徒歩約3分 ※「多摩センター駅」から「松が谷駅」はモノレールで1駅(100円)です。ぜひご利用ください。 ※新宿駅→多摩センター駅は約30分(京王線 準特急) ※立川駅→松が谷駅は約20分(多摩都市モノレール 各停) ※近隣に駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。
Organizer
CINRA.NET
100 Followers