【秘めフォト部・東京 10/27(金)】自分史上最高にSEXYな1枚を撮る「秘めフォト部」!撮って、撮られる女性限定イベント!《女性限定/10名様限定/初めての方大歓迎》

Description

女性限定、全国で大人気のイベント「裏フォト部」の進化版イベント「秘めフォト部」。
参加者の女性10人ほどが被写体となり、また同時にカメラマンになります。

目標は自分史上最高にSEXYな1枚。

参加者の70%が初めての方で、モデル経験なくとも、カメラがスマートフォンでもお気軽に参加が可能です。

秘めフォト専任フォトグラファーの三浦が撮った「作品」は、写真データを1枚1,000円から購入可能。
________________________________________

秘めフォト専任フォトグラファーおよびスタジオ天狼院代表の三浦でございます。

正直言って、男の僕には目の前で起きている光景を理解できませんでした。

いや、いまだに十分に理解できているとは思えません。

初参加の方も多いので、はじめは緊張している方も多いのは確かです。
でも、いざ、衣装に着替えて他の参加者の女性の方々に撮られていくうちに、何かスイッチが入るのでしょう。

皆様の表情が活き活きと輝いていきます。

本来持っている「SEXY」な自分に気づくことによって、被写体となった皆様の表情に、徐々に自信が漲ってきます。

そして、お互いに撮り合ううちに、とても楽しい様子になっていき、最後はプロのカメラマンである僕も、皆様のサポート役でしかなくなる。

完全に、ひとりひとりの女性の皆様が主役になるのです。

最初は撮られなれない方も、最後のほうには立派なモデルになっています。

本来の自分に目覚めると言ってもいいかもしれません。

それが、「秘めフォト」の前身である「裏フォト部」で毎月、全国で僕が目撃した光景でした。

実は、僕は天狼院書店という今話題の次世代型書店の経営者でもあるのですが、天狼院系のすべてのイベントの中でも、この女性限定のSEXYに特化したフォトイベントの満足度が抜きん出て高い。しかも、読書会よりも、はるかに参加する女性の方が多い。

このイベントのあと、僕はよくFacebookでお客様からメッセージを頂くようになりました。
イベントの翌日、参加者の方に、実際にこんなメッセージをいただきました。

「もう、昨日が楽しすぎて興奮して眠れず、そのまま仕事に行ったんですが、なぜかいつもより仕事がはかどりました」

また、別の方はこんなことを仰っていました。

「前回参加のときに、もっと綺麗に写りたいと思って、今回は3Kg絞ってきました」

そして、こんなメッセージをくださる方もいました。

「これって、セラピーなんですね。とても、気が楽になりました。自分に自信が持てるというか」

正直言ってしまうと、僕は、参加者の皆様に起きていることを、正確には説明することができませんでした。

今だってそうです。

なぜ、仕事が捗るようになったのか?
なぜ、ダイエットの効果があったのか?
また、撮られる女性は、セラピーと感じるのか?

そして、リピーターの方が異常に多いのか?

間違いなく言えることは、多く女性に、このイベントは良い影響を与えているようでした。

また、こうも言えるでしょう。

起きていることは、すべて正しい。

何が起きているのか、次はぜひ、皆様自身でたしかめてください。

僭越ながら、男性の僕には女性の参加者の皆様に起きていることを、正確には把握することはできません。
けれども、参加される皆様の活き活きとした表情、そして、写真にまちがいなく写された堂々たる「SEXY」な姿を見て、あるいは、と思うようになりました。

もしかして、これまでムリに「かわいい」を創ろうとしていた皆様が、本来自分が持っている「SEXY」を解放することに目覚めたときに、女性の方の中で何か革命的な変化が起きるのかもしれないと。

その過程で思いついたのが、「2629(34)」という理論でした。その理論を、僕は自分の映画・演劇『世界で一番美しい死体〜天狼院殺人事件〜』の作中で展開しました。

女性は、26歳から急激に美しくなる。

それが「2629(34)」理論を簡単にいうとそうなります。

たとえば、石原さとみさんや長澤まさみさん、上戸彩さんや広末涼子さんなどは、二十代後半に差し掛かったころに急激に綺麗になったと思いませんか?
芸能人の方だけではなく、皆様の周りにも、そういう女性の方、いませんか?

おそらく、女性は、その年代になると、本当のSEXYを身にまとうのだろうと思うのです。
それは、十代後半や二十代前半には備わっていないものです。

おとなの女性だけがまとえるのが「SEXY」なんだと思います。

それを解放することによって、女性の皆様は、明日の自分に対して自信を持つのではないでしょうか。

大人気だった「裏フォト部」は、「秘めフォト部」へと進化を遂げました。

プロカメラマンの僕が撮った秘めフォト「作品」を、1枚1,000円からデータで購入できるようにしました。(*詳しくはイベント中にご説明いたします)
また、了承していただいた方の写真のみを集めて、その回の「秘めフォト部」ごとに「秘めフォト写真集」を制作して、厳重管理の元に保管し、次回の「秘めフォト部」の際に、参加者の方のみでご覧いただけるようにしました。

「秘めフォト」で使うSEXYな衣装を、多数、取り揃えるようにいたしました。(*もちろん、お好きな服等をお持ち込みください)
スタジオの機材も、カメラ、レンズ、照明、ストロボ、背景紙と完全にプロ仕様のものを取り揃えました。

これまで以上に、徹底して楽しんでもらえるように、イベントの内容もリニューアルいたしました。(*お楽しみいただけるようにタイムテーブルが決まっていますので、できるだけ遅れないようにしてください。内容は当日発表いたします)

そして、これをプロカメラマンの僕がじっくりと撮って最高のアングルをさがす「秘めフォト・セッション」として正式なサービスに昇華させました。

このサービスのために、全国で多くのモデルさんや女性の皆様にモニターをお願いしました。

52人中45人の女性の方が、実際にその後にリピーターとして撮影されました。あるいは、今後ぜひ予約を入れたいと思っていると答えてくれました。
リピート率は、86.5%に及びました。

ただし、「秘めフォト・セッション」は、最初から予約できるわけではありません。
まずは、この「秘めフォト部」で、どういうものか、楽しみながら体験してください。
それでご納得いただければ、予約することができます。また、お友達とも一緒に予約することも可能です。

「秘めフォト」は、人気のイベントですので、すぐにいっぱいになると思います。
気になる方は、お早めにお申込みいただくことをおすすめいたします。

では、当日、皆様とお会いできることを楽しみにしております。

どうぞよろしくおねがいします。

【概要】自分史上最高にSEXYな1枚を撮る「秘めフォト部」
日時:10月27日(金)19:30〜22:00
19:00 受付開始/*メイク等準備をする時間
19:30 秘めフォト部開始
22:00 秘めフォト「作品」の選定/購入予約
参加費:一般 ¥3,500/プラチナクラス ¥1,750/学割 ¥2,000
*プラチナクラスについて・・・・緊急増席!【破格の割引サービス】「CLASS天狼院」〜最上ランク「プラチナクラス」は全店合計100名様限定→150名様へ増席されました!〜《詳細・決済ページ/全店舗・通信も利用可能》
*学生の方は、当日必ず学生証をお持ちください。
定員:10名様
*席が埋まり次第、予告なく締め切らせていただきます。
*お友達とご一緒での参加も大歓迎です。お一人ずつ、お申込みください。
場所:スタジオ天狼院(池袋西口・C3出口より30秒)


【ご案内】データのご購入について
・「単品送り」・・・秘めフォト専任フォトグラファー三浦が撮った写真の中で「作品」として選択したご自身の写真のデータを1枚1,000円で特別販売します。
・「全部データ送り」・・・5枚以上ご購入の方(5,000円が上限)には写っている「作品」のデータをすべてお渡しします。(*事前にチェックいただけます)
・「作品」のデータは、Lightroomでレタッチしてお渡しします。クラウドサービスを利用してのお渡しになります。
選定:秘めフォト専任フォトグラファー三浦が撮った写真の中で、三浦が「作品」として選んだ中からご購入ができます。
*このサービスは「秘めフォト・セッション」の体験サービスとなります。しっかりと「作品」づくりに挑みたい場合は、「秘めフォト・セッション」のサービスをご利用ください。逆に、「作品」になった写真はとてもお得なので、ぜひ、お買い求めいただければと思います。
*「秘めフォト・セッション」は、スタジオ天狼院(東京・池袋)でのみ提供しております。(*ご相談により福岡/京都でも対応可能)
データのお渡し:選定した「作品」は、Lightroomでレタッチしてお渡しします。Lightroomでのレタッチは光の調整が主です。データをお渡しする流れは以下のとおりです。
「選定」→「メールで請求」→「決済」→「レタッチ」→「クラウドサービス」でのデータお渡し
*メールでの請求は、ペイパルまたはクレジットカードで決済できます。事前に「選定」の際に現金で決済することも可能です。

【秘めフォト ホームページ】
秘めフォト ​未来の自分にきれいを贈る〜​自分史上最高にSEXYな1枚を撮る 女性限定のまったく新しいフォトサービス〜

【Photographer】三浦 崇典 TAKANORI MIURA

秘めフォト専任フォトグラファー。
ソニー・イメージング・プロサポート会員。プロカメラマン。
1977年宮城県生まれ。株式会社東京プライズエージェンシー代表取締役。天狼院書店オーナー。スタジオ天狼院代表。
雑誌「READING LIFE」編集長。劇団天狼院主宰。映画『世界で一番美しい死体~天狼院殺人事件~』監督。ライター・編集者。著者エージェント。大正大学表現学部非常勤講師。小説家。
NHK「おはよう日本」、日本テレビ「モーニングバード」、ラジオ文化放送、J-WAVE、NHKラジオ、日経新聞、日経MJ、朝日新聞、読売新聞、東京新聞、雑誌『BRUTUS』、雑誌『週刊文春』、雑誌『AERA』、雑誌『日経デザイン』など掲載多数。2016年6月には雑誌『AERA』の「現代の肖像」に登場。

「幼女性の残像」〜2629(34)理論〜

 18歳の美しさは「体型の完成」と「幼女性の残像」が交わることによって生まれた巨大な幻想であって、そこにはまだ「真の生産性」が備わっていない。
「真の生産性」とは、突き詰めて考えていくとすなわち「母性」であって、この「母性」が女性の本当の意味での美しさの源になるものである。つまり、生物学的に言って、生殖の準備ができた時期が最も美しいという、至極当然の帰結を得たわけである。
 問題は、生殖の準備ができた時期、「母性」が備わるのは何時かということだ。歴史を紐解いていくと、戦国武将の多くは十代の妻を娶っていて、「鬼も十八番茶も出花」と言われるように古くから十八歳付近の美しさは特筆されていたわけであるが、それは今よりも平均寿命がずっと短かった時代のことだ。
 単純な対比で考えた場合、平均寿命が50年のときの18歳は平均寿命が80年のときの28・8歳に相当する。そして、それは平均寿命が伸びるに連れて後ろへとスライドしていくものなのだろう。
 つまり、たとえば女優ならば価値が下がっていると思われていた26〜29歳、あるいは近い未来においては34歳くらいまでが、女性として最も美しい時期に差し掛かるのではないかと推測するものである。
 これらのことを踏まえて、26〜29歳、あるいは34歳までの期間を、女性のゴールデンエイジと名付けようと思う。

(映画・演劇『世界で一番美しい死体〜天狼院殺人事件〜』より)

ー 注意事項 ー
・参加者への他のイベント、セミナー、グループ、店、企業、その他への勧誘は固く禁じます。また、勧誘を見かけた場合はスタッフまでご一報ください。
・本イベントの内容の著作権は、スタジオ天狼院および天狼院書店に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを、あらゆる面で、固く禁じます。
・会およびコミュニティーの運営に支障をきたすと判断した場合、任意かつ一方的に、退会をしていただく場合がございます。
・プロカメラマンの方の参加はお断りさせていただいております。

− 天狼院「秘めフォト部」安心して楽しんで頂くためのルール −
①撮った写真は秘密のグループ以外に絶対にシェアしないでください。
②信頼関係を築くために必ず被写体にもなりましょう。
③撮った写真は個人的に観賞する以外には絶対に使用しないでください。

スタジオ天狼院 2016.12.23(祝金)OPEN
〒171-0021 東京都豊島区西池袋3丁目31−10 4F
*ドリームコーヒーの入っているビルの4階です。

Fri Oct 27, 2017
7:30 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
スタジオ天狼院
Tickets
一般 ¥3,500
天狼院プラチナクラスの方 ¥1,750
学割(*当日学生証をご提示頂きます) ¥2,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 26, 2017.

Venue Address
東京都豊島区西池袋3丁目31−10 4F Japan
Organizer
天狼院書店
8,057 Followers