Event is FINISHED

-社会起業家の意思決定を体験しよう! Vol.1- ハーバード流 ケーススタディプログラム - 「Cafe はまぐり堂」

Description

ハーバード、スタンフォードなど世界の主要ビジネススクールでは、「ケーススタディ」と呼ばれる手法を用いて、起業家、及び経営者の育成が行われています。実在する起業家や経営者の実際の経験やシーンがまとめられた「ケーススタディ」教材を読み込み、自らに置き換えて「自分ならどうするか?」を考え、議論をしながら、起業家や経営者の思考パターンや決断スピード、ロジックなどを体感で学ぶものです。今回のプログラムでは、一般社団法人はまのね 代表理事の亀山氏を招き、ハーバードビジネススクール卒業生のファシリテーションのもと、亀山氏について書かれた実際の「ケーススタディ」を題材にして、亀山氏の経験や思考法、そして今後のアクションに迫っていきます。

様々な関係者を巻き込みながら、絶妙なバランス感覚が必要とされる社会起業家の軌跡に触れられる貴重な体験プログラムです。 


【日時】

2017年10月7日(土)10:00〜12:00

【スケジュール】

9:35〜 開場

10:00〜 ケースディスカッション

     ゲストを交えてQ&A、まとめセッション

12:00  終了


【会場】

INTILAQ東北イノベーションセンター

(仙台市若林区卸町2-9-1)

会場までの道のりはこちら

http://intilaq.jp/access/


【ゲストスピーカー】

亀山 貴一 様

一般社団法人 はまのね 代表理事

昭和57年3月7日生まれ。石巻市蛤浜出身。

震災後に生家をリノベーションして、Cafe はまぐり堂を立ち上げ、現在では人口 5人の蛤浜に15,000人以上を集客している。はまぐり堂を起点に、新しい循環モデルを作り上げ、美しい風景を次の世代に残すために奮闘中。


【モデレーター】

竹川 隆司

一般社団法人IMPACT Foundation Japanエグゼクティブ・ディレクター

国際基督教大学卒業。2006年ハーバード・ビジネス・スクールMBA。現職のほか、宮城県唯一のフルマラソン大会である「東北風土マラソン&フェスティバル」の立ち上げと運営、ベンチャー企業の取締役なども務める。

【主催】仙台市

【企画・運営】INTILAQ東北イノベーションセンター(http://intilaq.jp/

【参加費】無料

【お問合せ】

INTILAQ東北イノベーションセンター

mail: reception@intilaq.jp

電話:022-357-0543

Sat Oct 7, 2017
10:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
INTILAQ東北イノベーションセンター
Tickets
会費無料 FULL
Venue Address
宮城県仙台市若林区卸町2-9-1 Japan
Directions
地下鉄東西線卸町駅徒歩5分
Organizer
IMPACT Foundation Japan
933 Followers