Event is FINISHED

10/15(日) 伊豆沼農産×ざおうハーブ 本気のソーセージ作り!

Description
東北食べる通信2017年9月号特集した伊豆沼農産さんと、
2016年5月号で特集したざおうハーブさんのコラボイベントを開催します!

宮城県北部の伊豆沼は、渡り鳥の飛来地としてラムサール条約にも登録されている美しい湿地帯です。その伊豆沼のほとりにある農業生産法人伊豆沼農産は、赤い毛並みの”伊達の純粋赤豚”を育てながら、「農業を食業に」をコンセプトに伊豆沼周辺の地域づくりにも取り組んでいます。

 今回のイベントは3部構成で、第1部は伊豆沼の田園地帯や歴史的景観を歩く風土(food)フットパス。地元のお母さんたちが手作りした漬物やおやつに一息つきながら、ゆっくりとしたペースで自然を満喫します。
 第2部は、伊達の純粋赤豚を使った「本気のソーセージ作り」。特別ゲストにざおうハーブ(宮城県蔵王町)の平間さんをお招きし、ハーブ調合のコツなどを伝授してもらいながら、オリジナルのハーブソーセージを作ってみましょう!
 第3部は伊豆沼農産のブランド豚「伊達の純粋赤豚」や、伊豆沼のお野菜、フレッシュモヒートを味わうBBQをします。

【概要】
日時:10月15日(日)12:00~19:00
場所:伊豆沼農産(JR新田駅から徒歩5分)
住所:宮城県登米市迫町新田前沼149−7
料金:5,000円 (小学生未満は無料)
定員:15人

【お申し込み】
こちらのフォームより必要事項を記入してください。
※締め切りは10月11日(水)です。

【タイムテーブル】
12:00-14:00  風土(food)フットパス
        伊豆沼農産の周囲に広がる森林や田園地帯・歴史的な景観など、
        地域にある資源を伊豆沼農産の皆さんに案内してもらいます。
        ※フットパスの中でお菓子・漬物などの軽食をいただく予定ですが、
         お腹が空きそうな人は何か食べてきてください。

14:00-17:30  本気のソーセージ作り
        伊豆沼農産のブランド豚を使ってソーセージを作ります。
        ざおうハーブの平間さんによるハーブ授業のあと、
自分好みにハーブを調合し、世界に一つのソーセージに仕上げます。

17:30-19:00 BBQ
      伊豆沼農産のブランド豚「伊達の純粋赤豚」・ 伊豆沼の野菜
        ざおうハーブ特製フレッシュモヒートを楽しむBBQです。
        ★一緒に飲みたいお酒のお持ち込み大歓迎です!★

【持ち物】
歩きやすい服装
エプロンと三角巾(必須ではありません)

【交通手段】
最寄りの駅はJR新田駅です。下記の交通手段を参考にしていただければと思います。
※マイカーでのご参加も大歓迎です!

<行き>
新幹線はやぶさ7号 東京駅:08:40 → 仙台駅:10:15 
JR東北本線 仙台駅:10:43→小牛田駅→新田駅:11:54

<帰り>
JR東北本線 新田駅:19:26→小牛田駅→仙台駅:20:44
新幹線はやぶさ38号 仙台駅:21:30→東京駅:23:04

【注意事項】
・荒天時は風土(food)フットパスを中止し、ソーセージづくりからスタートいたします。
・食材の準備がございますので、キャンセルは4日前(10月11日)までにお願いいたします。

【お問い合わせ先】
s.narukage@taberu.me 担当成影まで

Sun Oct 15, 2017
12:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
【当日支払い】5,000円 FULL
Venue Address
宮城県登米市迫町新田前沼149−7 Japan
Directions
JR新田駅から徒歩5分
Organizer
NPO法人東北開墾
879 Followers