Event is FINISHED

小学校教育のこれからを考える

Description

英国の名門小学校「オックスフォード ドラゴンスクール」前校長などが登壇する小学校教育を考えるセミナー(無料)を開催します。

講師には、英国の名門小学校「オックスフォード ドラゴンスクール」で、今年の夏まで16年に渡って校長を勤めたMr. John Baugh氏にはじめて、日本でご講演いただきます。

慶應義塾大学幼稚舎と姉妹校であるオックスフォード ドラゴン・スクールは、1877年設立。4才から13歳までの男女共学のインターナショナルスクールです。歴史ある英国の小学生教育について、お話いただきます。


そして、著書『世界で生きるチカラ---国際バカロレアが子どもたちを強くする』でも有名な、東京インターナショナルスクール代表の坪谷ニュウエル郁子氏には、2020年に改定が予定されている教育指導要綱による日本の教育の変化や、世界の教育のトレンドについてご講演いただきます。

お子様の将来の教育について、お悩みの保護者の方々に、日本だけではなく、世界の小学生教育について知っていただく機会となることでしょう。

【概要】

対象:小学校進学を考える保護者の方々

日時:2017109日(月・祝)14001630(受付開始1330

主催:次世代教育環境開発


タイムテーブル:

・ご挨拶 1400141010分)

次世代教育環境開発 代表 末松弥奈子


・第一部講演:1410145545分)

「日本の教育、世界の教育(仮)」

東京インターナショナルスクール代表 坪谷ニュウエル郁子氏

・第二部講演:1500154545分)※同時通訳有り

「ドラゴンスクールの教育とは(仮)」

オックスフォード ドラゴンスクール前校長 ジョン・バウ氏

【同時通訳有り】

休憩 1545155510分)

・第三部質疑応答:15:5516:25 ※同時通訳有り

【講師紹介】

Mr. John Baughプロフィール

ソールフィールドスクールに11年間。エッジグローブにて5年間、校長として勤務。2002年、ドラゴンスクールの校長として着任。初等教育に力を注ぐことを彼の天職としてキャリアを積んできた。彼の妻と同学校の卒業生である二人の娘と共に、オックスフォードにあるこのユニークな学校を彼のホームとしてきた。

・坪谷ニュウエル郁子氏プロフィール

1995年東京インターナショナルスクールを設立。理事長就任。2000年、NPOインターナショナルセカンダリースクール設立、理事長就任。2012年、国際バカロレア(IB)機構アジア太平洋地区委員会の委員に就任。201510月から内閣府教育再生実行会議の委員。

著書『世界で生きるチカラ---国際バカロレアが子どもたちを強くする』

Mon Oct 9, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
六本木ヒルズクラブ
Tickets
参加費 FULL
Venue Address
港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー51階 Japan
Organizer
Next Educational Environment Development(NEED)
40 Followers