Event is FINISHED

【学び時空間LAB】DO×BEで生き方をデザイン!「BEの肩書き」探求クラス

Description

普段、仕事の肩書き=「DOの肩書き」を持つみなさんと、”あり方”の肩書き=「BEの肩書き」を探すクラスです。

ゲストに内沼晋太郎さん(numbooks)代表と河原尚子さん(SIONEブランドデザイナー)をお招きし、じっくり自分を振り返りながら、より深く、より楽しい「自分ならではの生き方」をデザインしていきます。

【講師】

兼松佳宏 [勉強家、元「greenz.jp」編集長、京都精華大学人文学部 特任講師]

【ゲスト】

内沼晋太郎 [numabooks代表] (第2回)

河原尚子[SIONEブランドデザイナー] (第4回)

【日時】全6回 各回19:00~21:00
第1回 2017年10月13日(金)

第2回 2017年10月20日(金)

第3回 2017年10月27日(金)

第4回 2017年11月17日(金)

第5回 2017年11月24日(金)

第6回 2017年12月8日(金)

【料金】25,920円(税込、全6回分)
【定員】全回15人(最少開催人数6人)

「BEの肩書き」ってなぁに?
「BEの肩書き」とは、私たちの生き方を支える根っこの部分であり、自分が貢献できる価値の源となる働きのことです。ほとんどの方は、普段の自己紹介では勤めている会社や役職、取り組んでいる業務内容など「DOの肩書き」を名乗りますが、目に触れる仕事の根底には必ず、目に触れない「それぞれのあり方」=BEの肩書きがあるはずです。

「DO×BE」が仕事の個性を決める
例えば普段はDOとしての「デザイナー」が3人いたとしても、「冒険家としてのデザイナー」「医者としてのデザイナー」「詩人としてのデザイナー」とBEの部分に違いがあると、デザインの仕上がりもまったく違ったものになるでしょう。つまり「DO×BE(DOとしてのBE)」がひとりひとりの仕事の個性を決めているのです。

「BEの肩書き」で夢を叶える
例えば、かつて小説家になりたいと夢を描いたものの、いまは全く違う仕事をしている、という方もいるかもしれません。でも、その仕事の中で、商品のブランドストーリーを考えたり、オリジナルの絵本をつくって読み聞かせをしているとすれば、その方は「小説家としてのビジネスパーソン」や「小説家としての保育士」なのです。「DOの肩書き」では憧れの仕事を諦めたとしても、その思いを「BEの肩書き」として成熟させることもできるのです。

どんな内容のクラスなの?
私たちの生き方を支える根っこの部分である「BEの肩書き」とつながっている感覚があれば、どんなことが起こったとしてもブレずにいることができます。とはいえ、自分の「BEの肩書き」を発見することは簡単ではないのも事実です。「自分のことは自分がいちばんよくわからない」と言われるように、自分を客観的に観てくれる他者の存在も不可欠なのです。

そこで今回の「BEの肩書き」探求クラスでは、さまざまなゲストの「BEの肩書き」を学び、参加者同士で支え合いながらそれぞれの「BEの肩書き」を探してゆきます。このクラスで目指すのは、まったく新しい生き方へのシフトというよりも、より深く、より楽しい「自分ならではの生き方」をデザインすること。もちろんBEをDOにするために「何か動き出したい」「プロジェクトをはじめてみたい」という方のサポートもしていく予定です。

どんな方にオススメ?
現状の仕事や働き方に悩んでいる方だけでなく、子育てや移住などでターニングポイントを迎えているという方も、前に向かって進むために、自分を支える根っこを、一度立ち止まって考えてみませんか? 自分の中から見つけた「BEの肩書き」が、あなたの人生の旅路を支えるお守りとなるはずです。

全6回の詳細は?
・第1回:10月13日(金)「”BEの肩書き”って何?」
前半には、そもそも「BEの肩書き」とは何かについて、講師のストーリーを交えながらレクチャーを行います。後半は「偏愛マップ」など、受講生同士が知り合える時間です。

・第2回 :10月20日(金)「”あのひとのBE”を知る(1)内沼晋太郎さん」
さまざまな分野で活躍する方々に「BEの肩書き」についてお話を伺います。
今回はnumabooks代表の内沼晋太郎さんをゲストに、ご自身のこれまでの活動や新しい「本屋」像について語っていただきます。

・第3回 :10月27日(金)「”わたしのBE”を探求する」
「BEの肩書き」を発見するには、他者からのフィードバックが不可欠です。
「ストーリーテリング」という手法を通じて、「BEの肩書き」を受講生同士で贈り合うワークショップを行います。

・第4回 :11月17日(金)「”あのひとのBE”を知る(2)河原尚子さん」
SIONEブランドデザイナーの河原尚子さんをゲストに迎え、「読む器」というコンセプトに込めた思いや、陶板画作家とデザイナーという二足のわらじについて、お話を伺います。

・第5回 :11月24日(金)「”わたしのBE”を表現する」
前半には、それぞれの「BEの肩書き」を発表します。後半は「マイプロジェクト」(個人的な問題意識をきっかけに、自発的にはじめるプロジェクト)について考えてみます。

・第6回:12月8日(金)「“わたしのBE”からはじめる」
最終回。「マイプロジェクト」を発表し、お互いにメッセージカードを贈ります。また全6回を通じて学んだことや考え方の変化について、全員で振り返ります。


【講師】兼松佳宏 [勉強家、元「greenz.jp」編集長、京都精華大学人文学部 特任講師]

1979年生まれ。ウェブデザイナーとしてNPO支援に関わりながら、「デザインは世界を変えられる?」をテーマに世界中のデザイナーへのインタビューを連載。その後、ソーシャルデザインのためのヒントを発信するウェブマガジン「greenz.jp」の立ち上げに関わり、2010年から2015年まで編集長。2016年フリーランスの勉強家として独立。京都精華大学人文学部 特任講師、勉強空間をリノベートするプロジェクト「everyone's STUDYHALL!」発起者として、教育分野を中心に活動中。

著書に『ソーシャルデザイン』、『日本をソーシャルデザインする』、連載に「「空海とソーシャルデザイン」など。秋田県出身。京都府在住。一児の父。

【講師の美しいと思ったコト・モノ】

無心に情熱を傾け、勉強する中で、「自分にも可能性がある」と気づいたときの、輝くような美しさ。

■兼松さんの「美の流儀」インタビューはこちら
http://www.bodybook.jp/entry/201609/style19.html

※ 受付開始時間:18:30


お申し込みに際してのご注意事項


イベント参加のお申し込み、ならびに料金のお支払いはPeatixではなくワコールスタディホール京都のサイトとなります。「チケットを申し込む」をクリックするとワコールスタディホール京都のサイトに遷移いたします。

お支払い方法


・クレジットカードによるお支払いのみです。
・ご本人名義のクレジットカード(VISA、MASTERのみ)によるお支払いとなります。
・お支払い方法は「一回払い」のみで、「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません。
※お申し込み後の変更、キャンセル及び返金は承っておりませんのでご了承ください。

受付確認


・申し込み完了メール(受講証)が届いた時点で申し込み完了となります。
・申し込み完了メール(受講証)が届かない場合は、下記までお問い合わせください。

受講に際して


・受講当日、受付にて申し込み完了メール(受講証)をプリントしてご持参いただくか、メールの画面をご呈示ください。
・ライブラリー・コワーキング1日利用券付きの講座は、受講日当日10:00~ご利用いただけます。

駐車場に関して


・駐車場、駐輪場はございませんのでお越しの際は公共交通機関をご利用ください。

講座に関するお問い合わせ


ワコールスタディホール京都  075-556-0236
・お問い合わせ受付時間:9:30-17:00 火曜~金曜(年末年始・祝日をのぞく)
※お電話やメールでの利用申し込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。

当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報の取り扱いについては、当社の「個人情報の取扱について」をご確認ください。


Fri Oct 13, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
料金 SOLD OUT ¥25,920
Venue Address
京都市南区西九条北ノ内町6 Japan
Directions
京都駅八条口より徒歩7分
Organizer
WACOAL STUDYHALL KYOTO (ワコールスタディホール京都)
382 Followers