BASIC Ph ワークショップ by Mooli Lahad Ph.D (通訳付)

Description

ご要望の大変多かったムーリー先生のBASIC Ph WSを再び開催できる運びになりました!

今回はより実践的なBASIC Phワークショップを目的とし、新しく2つのプログラムをご用意いたしました。

BASIC-Phとは、イスラエルの心理学者ムーリ・ラハド博士によって「人はどのようにして生き延びるのか」という視点で生み出された「強み」や「レジリエンス」を発見・開発するストレス・コーピングモデルです。


BASIC Phの基本は、「信念」「感情」「社会」「イマジネーション」「認知」「身体」6つのストレスコーピング チャンネルです。すべての人が6つのチャンネルの全てを持っています。BASIC Phは、人がストレス場面に遭遇した際、どのように6つのチャンネルを使って対処するのか、その人やコミュニティの強みやレジリエンスに着目します。

支援者として、BASIC Phを用いて相談者やチームのコーピングスタイル(対処法)をアセスメントすることことで、より効果的に問題解決やジョイニング、リソースの開発、チームビルティングの構築を可能にし、多方面で支援の幅が広がることでしょう。


例えばこんなことはありませんか?

「グループファシリテーションをうまくできるようになりたい」

「BASIC Phモデルのコーディング(アセスメント)の理解を深めたい」

「セラピストとしてスキルアップしたい」

「ジョイニングスキルをより向上させたい」

「相談者やチームの強みや良さを引き出すにはどうすればいい?」

BASIC Phは、このような悩みや疑問を解決する大きなヒントを与えてくれます。

今回はより実践的なワークショップを目的とし、2つのプログラムをご用意いたしました。


【ワークショップ内容】

1.BASIC Ph グループワーク WS (12月22日)(初級〜中級)

皆様には、一緒になってゲームをしたり、絵を描いたり、工作したり、コーディングしたり、時には演じてみたりと、ご自身の五感の全てを使って、心と身体と脳が活性化するワークを体験していただきながら、BASIC Phモデルの理解を深めていただきます。参加者の皆様が、それぞれの臨床現場でグループワークを実践できるように、ワーク中心のプログラムを構成しています。どうぞ各自のフィールドでご活用ください。初めてBASIC Phを学ばれる方にもオススメです。

- BASIC Phの基本を学ぶ

- 復職支援

- チームビルディング

- 臨床グループワーク

- コーチング

などなど


2.BASIC Ph アセスメント&コーディング (12月23日)(中級〜)

より臨床場面でにBASIC Ph モデルを使えるようになるための、アセスメントやコーディングを学ぶワークショップです。

BASIC Phを楽しみ、BASIC Phを学び、BASIC Phに興味関心が深まった方は、次のステップとして、よりアセスメントやコーディングに興味をもたれることでしょう。そのような皆様のために、アセスメント力を高めて頂く実習をご用意したプログラムになります。

6PMSを中心に、アセスメント力を高めていただける内容の予定です。


【参加者様の感想】

「本当に楽しかった!自分自身への理解を深める時間になった」

「今日、学んだことは、自分だけでなく職場でも活用したいと思った」

「職場のグループワークにBASIC Phを取り入れたい!」

「クライエントのアセスメントに使えることがわかった」

「自分の身近な人たちが、どのチャンネルが得意なのか知りたくなった!」

「もっと的確にコーディングできるようになりたくなった」


講師:ムーリー ラハド博士

1.2017年12月22日(金)BASIC Phグループワーク (初級〜中級)

2.2017年12月23日(土)BASIC Phアセスメント (中級〜)

受付:9:15

研修:9:30−17:30 (最大18:00)

会場:明治大学紫紺館3階 会議室4S

参加資格:どなたでもご参加いただけます。初めての方も安心してご参加ください。

テキストブックを読んでご準備の上ご参加いただくとより理解が深まります。テキストブックはこちら↓

緊急支援のためのBASIC Phアプローチ──レジリエンスを引き出す6つの対処チャンネル

参加費:各20,000円

募集人数:各25名

*逐次通訳がつきます。

____________________


Mooli Lahad講演会・BASIC Ph JAPAN感謝祭


BASIC Ph JAPANが誕生して、2年になります。

皆様に支えられて継続することができています。日頃、BASIC Ph JAPANを支えてくださる皆様に恩返ししたいと願い、【BASIC Ph JAPAN感謝祭】を開催することになりました。

当日は、ムーリー先生の基調講演他、これまでの活動軌跡、WHOでの表彰の様子などをお話いたします。また、日本ユダヤ教団のご支援により、イスラエル料理(軽食)をご用意いたします。さらにムーリー先生のサイン会などを開く予定です。是非ともご参加下さい。

講演時間を遅めに設定しておりますので、お仕事帰りにどうぞお立ち寄りくださいませ。

【詳細】

日時:12月21日(木)18:30-21:30

場所:広尾 日本ユダヤ教団 東京都渋谷区広尾3-8-8 

バス 日赤医療センター行き、終点下車

  • JR渋谷駅東口から
    約15分 学03系統
  • JR恵比寿駅西口から
    約10分 学06系統
予定:
18:30 開場
19:00 BASIC Ph JAPAN活動報告
19:30 ムーリー先生の基調講演
20:30 歓談・サイン会・質疑応答などごゆるりとお過ごしください。

会費:2000円

会場は、

ゆったりお寛ぎ頂けるよう着席にてご用意いたしました。

_____________________

【ボランティア募集】受付終了しました。ありがとうございました。

ワークショップを支えてくれるボランティアを募集いたします。

- 日程

12月16日(土)SEE FAR CBT

12月17日(日)SEE FAR CBT

12月18日(月)SEE FAR CBT

12月22日(金)BASIC Ph

12月23日(土)BASIC Ph


調整ができ次第、お返事をいたします。ご希望に添えない場合もありますが、予めご了承ください。

_____________________________________


【講師紹介】
Mooli Lahad博士はイスラエルの心理学者で、ドラマセラピストでありBASIC Phの生みの親でもあります。
シニア・メディカル・サイコロジストであり、スーパーバイザー、教育心理学エキスパート、ビブリオセラピスト。1981年にコミュニティ・ストレス・予防センターを設立し現センター長。子ども、地域、組織に対するストレスフルな状況と危機に対応する世界的に有名な危機介入の専門家。革新的なメソットとモデルの開発者として、6つの功労賞を受賞している。ハイファ大学の元心理学部部長、ビブリオセラピー部部長、ドラマセラピー研究所創設者兼所長。北イスラエル地域のCBTトレーニングセンター創始者、PE療法スーパーバイザー、SEプラクティショナー。ART, EFT, NLPなどの数多くのトラウマ治療の実施。
イスラエル国防省リハビリテーション部のPTSD治療委員会のアドバイザー。NATOの災害時危機介入委員会の元アドバイザーBASIC Phの原著者。ストレスコーピングや危機介入、PTSD治療に関する著書35冊とそれに関する論文を多数発表。2017年5月 WHOにてWIZO賞受賞


Mooli Lahad インタビューボットキャスト

Community Stress Prevention Center サイトはこちら




Mooli先生がセンター長を務めるCSPCにおける子供達のトラウマグループワーク








Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#282693 2017-09-30 13:59:19
More updates
Dec 22 - Dec 23, 2017
[ Fri ] - [ Sat ]
9:30 AM - 5:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
BASIC Ph グループファシリテーション 12/22 ¥20,000
BASIC Ph アセスメント 12/23 ¥20,000
BASIC Ph JAPAN感謝祭12/21 ¥2,000
ボランティア希望 ON HOLD

On sale until Dec 21, 2017, 12:00:00 AM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 20, 2017.

Venue Address
東京都千代田区神田小川町3-22-14 Japan
Directions
JR御茶ノ水駅&地下鉄神保町/小川町 徒歩10分
Organizer
非営利任意団体 BASIC Ph JAPAN
170 Followers
Attendees
36