Event is FINISHED

誰でも分かるはじめてのバリアフリー【車椅子編】セミナー

Description

【企画概要】

2020年の東京オリンピック・パラリンピック、高齢化社会に伴い、バリアフリーの推進は現代社会におけるキーワードです。

実際に車椅子を利用している人も以前に比べて多くなっており、街中でもよく見かけるようになりましたが、バリアフリーなスポットはまだ不十分の世の中です。

今後はバリアフリーの推進をしていくことで、車椅子を利用している方々がバリアフリースポットを選ぶ時代がやってきます。しかし今まで車椅子利用者と話した経験がない、車椅子に乗ったことがないといった声がものすごく多いのが実情です。

そこで今回は、車椅子ライフデザイナーの白倉栄一による12年にもわたるバリアフリー調査経験や総合スーパーにおける管理職を経験から、車椅子の利用しやすいバリアフリーの具体的なポイントを、事例を交えながら分かりやすく解説させていただきます。

これからサービス業にて車椅子利用者に接客される方、職場において車椅子利用者と一緒に仕事をされる方などにとって、幅広く役立つ内容ですので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

【カリキュラム内容】

車椅子利用者の生活におけるバリアを知り、バリアを取りのぞくことが生活の向上だけでなくビジネスにもつながる

・なぜビジネスにつながるのか?
・車椅子に乗っている人とは?
・障害者に対するイメージを変える
・車椅子利用者にとってのバリアとは?
・バリアフリー改善例
・アイディアがあれば新事業もできる
・「選ばれる」ような企業へ変えていく

【受講後の効果】

・障害者に対する考え方が変わる
・車椅子のバリアフリーポイントについてわかる
・ビジネスにもつながるきっかけをを知ることができる

【講師名&プロフィール】

車椅子ライフデザイナー 白倉 栄一(しらくら えいいち)

1972年千葉県船橋市生まれ。育ちは茨城県美浦村。父親がJRAのきゅう務員だったこともあり、茨城県の美浦村にある美浦トレーニングセンターで過ごすことになる。

社会人として大手総合スーパーに入社するも、24歳の時、交通事故に遭い脊髄損傷が原因で一生車椅子生活になると宣告を受ける。

車椅子ユーザーというハンディキャップのある中で仕事の効率化・仕事の進め方・チームビルディングを高めることにより、人事総務課長に昇進し、管理職として人事・採用・経費管理・総務・教育・クレーム全般を担当。社内のお客さま満足度調査では、店舗の教育責任者として、店舗が全国1位に輝いた実績もあり、従業員教育には定評がある。

仕事の傍ら、車椅子ユーザーとして2005年から世の中のバリアフリー調査を開始。 自ら足を運んで調査したバリアフリースポットは延べ1000件以上にものぼり、2016年12月には念願だった日本1周の調査を果たし、車椅子でも行ける旅を紹介している。

現在は、21年間勤めた大手総合スーパーを退職し、「車椅子ライフデザイナー」として出発し、車椅子でも生活しやすい環境を創る専門家を目指して、バリアフリーの推進に力を入れている。

Fri Sep 22, 2017
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
  豊島区立舞台芸術交流センター あうるすぽっと 3階(B1会議室)
Tickets
セミナーチケット SOLD OUT ¥3,000
Venue Address
東京都豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル3F Japan
Directions
東京メトロ有楽町線 東池袋駅 6・7出口より直結
Organizer
バリアフリースタイル
10 Followers
Attendees
2