池田扶美代 "Powerlessness"

Description
ベルギーを代表するダンスカンパニー「ローザス」。1983年にローザスが結成以来、2008年まで全ての作品の創作に携わりダンサーとして出演してきた池田扶美代。2007年以降は、自らのアイデアによるクリエイションを開始し、現在も国内外で精力的に活動を続けています。この度、VACANTにて開催する池田扶美代によるワークショップ&ショーケース、テーマは「Powerlessness 」。

「社会問題や戦争という大きな問題だけではなく、<私とあなた><私と社会><私と自然><私と死>という観点から言葉や動き、アクションを見つめていく」

4日間のワークショップを経て、参加者は計3回行われるショーケースに出演頂きます。5日間のワークショップとショーケースを通し、長年第一線の舞台で活躍してきたアーティストの表現/クリエイションに向かう姿に触れ、そのプロセスを体感出来る貴重な機会となります。また各ショーケース後には、池田本人のトークショーを併催。今回のプロジェクトに関する事をはじめ、日々の活動や思想などについても、様々に語って頂きます。

-
ショーケース

A: 10月20日(金) 18:30~開場/19:00開演

B: 10月21日(土) 13:30~開場/14:00開演

C: 10月21日(土) 17:30~開場/18:00開演 (満席)


<チケット料金>

前売り  ¥2,500+¥500(1ドリンク)

当日 ¥3,000+¥500(1ドリンク)

上記全て税込


<定員>各回50名


<予約方法>以下のURLへアクセスし、イベントページからご予約下さい。

www.vacant.vc


-


主催:VACANT



ARTIST PROFILE

池田扶美代(いけだ ふみよ)

1979年、モーリス・ベジャールのムードラ(ブリュッセル)に入学。同校でアンヌ・テレサ・ドゥ・ケースマイケルと出会い、1983年共にローザスを結成。以来、2008年までほぼ全ての作品の創作に携わり出演する。ローザスの多くの映画やビデオ作品にも参加し、ジャンルを超えて活動を広げる。2007年以降は自身の作品も創作。アラン・プラテルとベンヤミン・ヴォルドンクと共に創った「ナインフィンガー」2009年イギリスの演出家ティム・エッチェルスと共に創った「in pieces」そしてニューヨークの演劇グループ、ネイチャー・シアター・オブ・オクラホマと「Life&Times Episode2」を発表。2013年山田うんと「amness」を発表。2015年NTGentの企画で「Absence」を発表。2016年谷崎潤一郎の「鍵」をベルギーの演出家ジョス、ドュ・パウと発表。2017年ICTUSの生演奏でMorton Feldmanの「Piano & String Quartet」を発表。現在はローザスの初期作品のリハーサルディレクターを務める傍、自身の振付作品を発表、演劇の作品にも出演、振付を担当している。


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#288153 2017-10-20 06:57:05
Oct 20 - Oct 21, 2017
[ Fri ] - [ Sat ]
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
VACANT
Tickets
A / 10月20日(金)19時公演 (1ドリンク付き) SOLD OUT ¥3,000
B / 10月21日(土)14時公演 (1ドリンク付き) SOLD OUT ¥3,000
C / 10月21日(土)18時公演 (1ドリンク付き) ON HOLD ¥3,000
Venue Address
東京都渋谷区神宮前3-20-13 Japan
Organizer
VACANT
2,275 Followers