Event is FINISHED

フォトブック・シンポジウム Vol.3:金子隆一 | MAGNUM ANALOG RECOVERY - これまでのマグナムとこれからのマグナム

Description
Photobook Symposium vol.3 :金子隆一
MAGNUM ANALOG RECOVERY - これまでのマグナムとこれからのマグナム
2017.09.09 sat
OPEN 16:30 / START 17:00 / FINISH 19:00
ゲスト:金子隆一(写真評論家、写真史家、写真集コレクター)、小川潤子(マグナム・フォト東京支社ディレクター)
料金:1,500円(1ドリンク付)or 13,500円(写真集「MAGNUM ANALOG RECOVERY」※12,000円 / 特製トートバッグ付 ※先着50名様 / 1ドリンク付)

主催:twelvebooks
協力:Magnum Photos, Le Bal

ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ジョージ・ロジャー、 デビッド・シーモアの4 人の著名写真家によって1947年に設立された、写真家自身による写真家のためのエージェント「マグナム・フォト」。本イベントでは、マグナム・フォト創立70周年記念イベントの一環として今年パリのドキュメント写真専門ギャラリー「LE BAL」で開催された未公開作品を含むアーカイブからの展覧会「Magnum Analog Recovery」に際して刊行された同名図録を取り上げ、マグナム・フォト東京支社のディレクター、小川潤子をゲストに招き、本展覧会の解説や創立からこれまでのマグナム・フォトについて、また70周年を機に大きくその運営方法などが変化することとなったマグナム・フォトのこれからの展望について、現在日本を拠点とするマグナム・フォト正会員フォトグラファー、モイセス・サマンのコメント交えながらディスカッションを行います。

また、本イベントでは「Magnum Analog Recovery」の展覧会図録(同名タイトル)の国内先行販売を行います。書籍購入者には先着50名に同展覧会の為に制作されたトートバッグを無料で配布いたします。

<PROFILE>
金子隆一(かねこ りゅういち)
1948年生まれ。写真評論家、写真史家、写真集コレクター。本業は僧侶。立正大学文学部卒業。元東京都写真美術館学芸員。武蔵野美術大学非常勤講師。日本写真史、特に日本の芸術写真(ピクトリアリスム)を専門とし、東京都写真美術館の企画展はもちろん、国内のさまざまな写真展を企画監修。主な著書として、日本の写真集の黄金時代をアーカイブした『日本写真集史1956-1986』(I.ヴァルタニアンと共著、赤々舎刊、2009年)などがある。

小川潤子(おがわ じゅんこ)
1989年、マグナム・フォト東京支社の創設に参画。2003年よりディレクターに。


イベント詳細ページ (VACANT):http://bit.ly/2xg3vrd

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#271571 2017-08-22 06:05:08
Sat Sep 9, 2017
5:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
VACANT
Tickets
入場予約(1ドリンク付き) SOLD OUT ¥1,500
入場+写真集セット(写真集「MAGNUM ANALOG RECOVERY」+限定トートバッグ付き/先着50名/1ドリンク付き) SOLD OUT ¥13,500
Venue Address
東京都渋谷区神宮前3-20-13 Japan
Organizer
VACANT
2,321 Followers