Event is FINISHED

【参加費無料】LIFULL One P's Night −教育 × カタリバ−

Description

第一回 LIFULL One P’s Night を開催いたします。

今回のテーマは『教育』。
日本全国で子どもの教育問題に取り組まれている認定NPO法人カタリバをお招きします。

地方都市では高齢化、そして都市への人口流出が増え続け、教育の側面から見れば、生徒数は減り、学校の統廃合は次々と進んでいるのが現状です。

地方の子どもたちは卒業後の進路選択の余地がなく就職が常態化している高校は多数あると言われています。

こういった社会課題に対してカタリバは様々な取り組みを通して、日本の教育を変えようとされています。

今回はカタリバさんに日本の教育と子どもたちの可能性についてお話をしていただきます。


【LIFULL One P’s Nightとは】

今世の中にある社会問題に目を向け、テーマごとに、問題解決に取り組むNPOや
そこで活動する方々と出会い、一緒になって問題解決について考える場です。


【認定NPO法人カタリバとは】

認定NPO法人カタリバは、「生き抜く力を、子ども・若者へ」を理念に活動している教育NPOです。これまで全国約22万人の生徒にカタリ場を届け、コラボ・スクールでは約400人の被災地の子どもたちの日常の学びをサポートしています。

▼カタリバHP
https://www.katariba.or.jp/


【講演会プログラム】

19:00 受付開始
19:30 オープニング
19:40 講演(鶴賀様、鈴木様)
20:10 パネルディスカッション
21:00 終了

【講演会概要】

  • 日時:8月23日(水) 19:30〜21:00(受付19:00)
  • 定員:20名
  • 参加費:無料
  • 場所:LIFULL HUB http://hub.lifull.com
    (半蔵門線 半蔵門駅から徒歩4分/ 有楽町線 麹町駅から徒歩7分)


【登壇者プロフィール】


カタリバ常務理事・事務局長 鶴賀 康久 氏

神奈川県鎌倉市生まれ。小学校1年〜高校3年まではひたすらラグビーに打ち込む。
2008年にカタリバ入社。キャリア教育プログラム「カタリ場」の設計・運営に携わる。
東日本大震災をきっかけに、東北の地へ移り住み、津波の被害が特に大きかった
宮城県女川町、岩手県大槌町にて、放課後学校「コラボ・スクール」の「女川向学館」
「大槌臨学舎」立ち上げに従事。
2016年まで「女川向学館」校長として東北復興事業部にて活躍。2016年より東京に戻り、
広報ファンドレイジング部部長に着任。
2016年5月には熊本地震を受け、「ましき夢創塾」の立ち上げに奔走。
同年7月に事務局長へ就任。 今年8月には事務局長兼常務理事に。
座右の銘:「為せば成る」



雲南拠点 教育魅力化コーディネーター 鈴木 隆太

1988年生まれ、東京都出身。幼稚園年中〜高校3年まではひたすらサッカーに打ち込む。株式会社ネクスト(現:株式会社LIFULL)に9期生として新卒入社。
2
年目から大阪支社に転勤し、賃貸・流通事業部の中国・四国担当として中四国9県を担当。「教育を通した人材育成をしたい」という想いから、20152月、
認定特定非営利活動法人カタリバへ転職。
同年4月に島根県雲南市へ渡り、雲南拠点の立ち上げに従事。今年度より雲南市の「教育魅力化コーディネーター」として雲南市内の高校の職員室に席を移し、
行政、高校、地域のセクターを横断しながら「雲南市の教育魅力化」を推進中。


問合せ窓口

LIFULL One P's 担当 吉川 080-3792-1682

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#269984 2017-08-16 09:15:05
Wed Aug 23, 2017
7:30 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
LIFULL HUB
Tickets
参加チケット FULL
Venue Address
東京都千代田区麹町1-4-4 LIFULL HUB 2F Japan
Organizer
LIFULL One P's
21 Followers