Event is FINISHED

人工知能の進歩に際して今後の乳腺診療を考える(第42回お茶の水乳腺研究会)

Description

(主に医療関係の方を対象とします)

ここ数年、人工知能(AI)というキーワードが頻回に取り上げられるようになり、IBM Watsonなどをはじめ各分野への応用が期待されています。AIのここ数年の発展の要となるものは、「深層学習」であり、Watson等多くのAIと称される統計的機械学習に基づくものとは異なるとされています。この深層学習を中心としたAIの開発が進めば、人間の生き方・働き方などが大きくかわることが予想され、医療者についても役割や教育自体も大きく変革していくと思われます。しかし、AIというとどうしてもイメージ先行になり、具体的になにができるのかなど、正しく理解されていないように思われます。そこで、過激に進行している深層学習を中心とするAIに関し、医療者が今すぐにでも考えなければならないことについて理解を深める必要があるのではないかと考えました。

今回、テーマを「人工知能の進歩に際して今後の乳腺診療を考える」とし、基調講演として深層学習のエキスパートである清水亮先生を講師としてお呼びし、医療者の立場として理解しておくべきことについてご講演いただく企画といたしました。また、もうひとつの基調講演において、乳腺病理で著名な秋山太先生に診断そのものについての考えかたを語って頂き、前者と合わせて医療者として、認知・診療・教育の面で人工知能とこの先どのようにかかわるべきかを考えるきっかけにしていただければと考えております。

講師プロフィール

秋山 太 先生

 公益財団法人がん研究会 がん研究所病理部 臨床病理担当部長

  評議員:日本乳癌学会,日本病理学会,日本癌治療学会,日本癌学会,日本乳癌検診学会

  昭和大学客員教授、日本医科大学非常勤講師、信州大学非常勤講師

  国立がんセンターがん対策情報センター 病理診断コンサルタント

  乳癌の臨床 編集副委員長    


清水 亮 先生


 株式会社UEI代表取締役社長兼CEO

  新潟県長岡市生まれ。6歳の頃からプログラミングを始め、

  21歳より米Microsoftで上級エンジニアとした活動後、99年、ドワンゴに参画。

  '03年より独立し、現職。

  '05年独立行政法人IPAより天才プログラマーとして認定される。

  近年は深層学習を活用した人工知能の開発を専門に行う。

  著書として「よくわかる人工知能 (KADOKAWA)」。

  17年より東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。

https://www.uei.co.jp/

https://wirelesswire.jp/author/ryo_shimizu/


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#275368 2017-09-06 02:24:03
More updates
Tue Sep 26, 2017
6:00 PM - 8:10 PM JST
Add to Calendar
Venue
順天堂大学医学部10号館105号会議室
Tickets
参加費千円(当日払。但し医師以外は無料) FULL
Venue Address
東京都文京区本郷2丁目2−5 Japan
Directions
順天堂大学医学部10号館105号会議室
Organizer
順天堂大学順天堂医院 乳腺センター
4 Followers