Event is FINISHED

マインドフルネス:基礎と本質を楽しく学ぶ実践会 #1

Description
マインドフルネスと禅との違いや本質を、身体と心両面より学ぶ。また、「安楽坐禅法」によって日々の健康と安らかさを築く方法を身に付ける。

流行のマインドフルネスは、心のトレーニング法の一種だと考えてはいませんか?
本来のマインドフルネスは、禅から学んだ、身心総体で幸せに生きていく在り方という実践です。そのことにより安らかさや自己肯定感などが導かれ、結果としてストレス低減や生産性向上、健康が築かれていくのです。
今回、本格的かつトータルな意味でのマインドフルネスを学び、本質的背景を含めた実践を体感できる初心者向きのワークショップを企画いたしました。
本質のマインドフルネスの意味と効果を、講義と実践より楽しく学んでいきましょう。

*動きやすい服装、和室ですので脱ぎやすい靴での参加をお勧めします。
*少数ですが、座椅子があるので、坐禅が難しい方も参加できます。

開催会場 ふくふくプラザ6F 和室研修室 参加募集人数 20名
開催日時 2017年9月26日(火)
13:00 受付開始
13:30〜14:20 第1部: マインドフルネスと禅
    • その本質と関連を知る
14:30〜15:20 2部: いつでもできるセルフストレスケア法
    • 「禅マインドフルネスボディワーク」入門
15:30〜16:30 3部: 心と身体の健康向上に特化した坐禅
    • 「安楽坐禅法」入門

講師は、禅僧の藤井隆英さんです。東京都内を中心に、禅ボディワークとしてソマティックなマインドフルネス・坐禅会を開催されている経験豊かな方にご指導いただけるチャンスです。


講師プロフィール
藤井 隆英(ふじい りゅうえい)

禅における運動療法、動的瞑想指導の第一人者。
禅の身体・哲学・社会活動・マインドフルネスに通じる僧。
曹洞宗(禅宗)僧侶。整体師。愛知県豊橋市一月院副住職。
北海道大学水産学部漁業学科卒業。同大学院中退。
阪神淡路大震災の復興ボランティア活動に参加。SVA(シャンティ国際ボランティア会)職員、識字学級ひまわりの会事務局長、慰霊祭執行など、約10年間神戸において多種に渡って活動する。さらに神戸在住中にナショナル整体学園を修了。被災者への整体や、健康講座なども行う。
東京八王子市在住。寺院にて年間400件以上の法要、法話や禅体験研修の指導経験。横浜市 徳雄山 建功寺勤務。
健康法においては、禅的体操を提唱している臨済宗僧侶「樺島勝徳」氏を師事。
日本マインドフルネス学会会員
ソマティックプラクティショナー
リラクゼーションセラピスト2級
講座、講演、企業研修など多数開催。
心地よい坐禅で健康に!「安楽坐禅法」を勧める「zafuざふ」製作プロジェクトオーナー

著書 
「季刊 禅文化」(禅文化研究所)217-220号連載
「身体と心をととのえる禅の作法」(秀和システム)


藤井 隆英Facebook

当日、希望者に著書「身体と心をととのえる禅の作法」(1,188円)及び「zafuざふ」4,000円)の販売を致します。購入予定の方は、お釣りのいらないように代金のご用意をお願いします。

【事前学習として、著書「身体と心をととのえる禅の作法」の前もっての購入をお勧めいたします。当日著書をお持ちになった方、または購入された方には、あなたに合った禅語入りサインをさせていただきます。】

Updates
  • 会場 は ふくふくプラザ6F 和室研修室 に変更されました。 Orig#281315 2017-09-26 03:41:09
More updates
Tue Sep 26, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
参加料 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
福岡市中央区荒戸3-3-39 Japan
Directions
福岡市営地下鉄大濠公園駅より徒歩8分
Organizer
漸進的マインドフルネス勉強会
14 Followers
Attendees
13