大家の学校3期「エリアで考える魅力づくり」(講師:平松祐介・馬場正尊)

Description

大家の学校の講義を1回だけ受講したい方を募集します!

「大家の学校」は、領域を横断して大家の職能を体系的に学び、不動産とまちの課題を解決する人材を育成するためのビジネススクールです。

大家を「まちの採用担当」と銘打ち、住人と大家の関係性づくりを丁寧に行い、賃貸住宅ながら住人が積極的にコミュニティを育てる賃貸住宅をつくった青木純が発起人。
大家や建築・不動産、メディア、デザイナーなど、実践者として活動している各分野のプロフェッショナルが自身の経験をもとに培ったノウハウから、賃貸住宅やまちの課題解決の手法をレクチャーします。

今回は、コースを1回だけ受講したいという方を募集。
「毎回は受講できないけど、この日なら受けられる!」
「この講師の話を聞いてみたい!」という方、お申込みをお待ちしております。

◎大家の学校3期概要
・期間/2017年10月2日(月)- 2018年1月29日(月)
・時間/隔週月曜日 19:00-21:30(例外あり)
・単科定員/各回5名


◎今回の講義 ※敬称略

10月23日(月) 19:00-19:50, 20:00-21:30
エリアで考える魅力づくり
19:00-19:50 講義1:平松佑介(小杉湯三代目)
19:50-20:00 休憩
20:00-20:50 講義2:馬場正尊(Open A)
20:50-21:00 休憩
21:00-21:00 トークセッション(講師2人と青木純のトーク)

場所(仮):openAオフィス UNC (東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7-15-7F)


◎講師紹介
講義1
未来を描く銭湯ぐらし まちに愛される小杉湯の三代目
平松 佑介

1980年生まれ 杉並区高円寺出身
中央大学卒業後、2003年よりスウェーデンハウス株式会社に入社。入社4年目で全国トップの営業成績を記録し社長賞を受賞。以後、トップセールスとして活躍する。
2011年8月より、株式会社ウィルフォワードの創業メンバーとして「出社義務無し」「NOルール経営」など、自由でありながらも家族的な強い絆で結ばれた新たな組織作りに挑戦し、メディアにも数多く取材を受ける。また、国内最大手のタクシー・ハイヤー会社の採用コンサルティング、WEB制作、マーケティング、法人営業部署の再生、広報PR部門の立ち上げ等の組織変革や、中小企業の採用コンサルティングなどに従事。
2016年10月より、杉並区高円寺の銭湯「小杉湯」の三代目として働く。



講義2
Rに愛を込める エリアと不動産の編集者
馬場正尊

1968年佐賀県生まれ。1994年早稲田大学大学院建築学科修了。
博報堂で博覧会やショールームの企画などに従事。その後、早稲田大学博士課程に復学。雑誌『A』の編集長を経て、2003年OpenA Ltd.を設立。建築設計、都市計画、執筆などを行う。同時期に「東京R不動産」を始める。2008年より東北芸術工科大学准教授、2016年より同大学教授。建築の近作として「観月橋団地(2012)、「道頓堀角座」(2013)、「佐賀県柳町歴史地区再生」(2015)など。
近著は『PUBLIC DESIGN 新しい公共空間のつくりかた』(学芸出版,2015)、『エリアリノベーション 変化の構造とローカライズ』(学芸出版,2016)

Mon Oct 23, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
平松祐介氏の講義 ¥16,200
馬場正尊氏の講義 ¥21,600

On sale until Oct 22, 2017, 11:59:00 PM

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 21, 2017.

Venue Address
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7−15 Japan
Organizer
まめくらし
376 Followers