Event is FINISHED

<サードプレイス・ラボ 特別連続企画> 「フレームワークで学ぶマーケティング研究会」第4回

Description
「フレームワークで学ぶマーケティング研究会」

【テーマ】:マーケティングに必要な情報と分析
【フレームワーク】PEST、SWOTと3C分析とそれぞれの関係

今年第4回目のテーマは、「マーケティング活動に必要な情報と分析」です。
3C分析、SWOT分析など、各種フレームワークは知っていても、それぞれがどのような相関関係にあり、自社のマーケティング活動の「何に」反映されることで、どう役に立つのか、分からないケースが多々あります。

今回は、意思決定に必要な「情報」をいかに効果的に「分析」し、戦略に結び付けるかを学んでいただきます。

【今回研究するステップ】:
1.分析に必要なフレームワークは何か?
  情報整理の3ステップ
情報の4つの種類
2.PEST、SWOT,3C分析の相関関係は?
3.分析結果を、どう戦略や実践に結び付けるのか?
4.ワークと事例で考える

【こんな方におすすめです】
・今より次の(または上の)ステップにいきたいビジネス・パーソン
・企画や営業などで直接部門の管理職とその候補者
・チームを任されている管理職とその候補者
・中小企業経営者・個人事業主
・起業家および起業準備者


【課題図書】
「8割捨てる!情報術」(理央 周 日本経済新聞出版社
→ → http://bit.ly/8wari 
を使用します。

まずは基本中の基本を学んでいただき、それを「自分の仕事にどう活かすか?」を、白熱教室形式でディスカッションします。


【勉強会の内容】
1.フレームワークの講義:理央 周氏
2.宿題の発表:参加者
3.自社・自分のどう当てはめるか:全員、理央 周氏ファシリテーション

【講師】
理央 周(りおう めぐる 本名 児玉 洋典)
マーケティング・コンサルタント、企業研修講師。1962年生まれ。静岡大学人文学部卒。フィリップモリスなどを経て、インディアナ大学経営大学院にてMBAを取得。アマゾンジャパン株式会社、マスターカードなどで、マーケティング・マネージャーを歴任。2010年に起業。収益を好転させる中堅企業向けコンサルティングと、従業員をお客様目線に変える社員研修、経営講座を提供。2013年より関西学院大学 経営戦略研究科准教授として教鞭をとる。著書は『「なぜか売れる」の公式』(日本経済新聞出版社)、『仕事の速い人が絶対やらない時間の使い方』(日本実業出版社)など。商工会議所や経営者会での講演、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌への出演、寄稿も多数。

ホームページ
http://www.businessjin.com/
メルマガ「明日から使えるマーケティング実践メルマガ」
http://www.businessjin.com/mail-entry/
メルマガ「理央 周 売れる仕組み創造ラボ」
http://www.mag2.com/m/0001652105.html

【会場】東京都千代田区神田和泉町1番地12-15 O・Sビル4階

【受講料】5,000円(当日、会場にて現金払い)

終了後、近くの別会場にて、懇親会を予定。
※懇親会代は別途。参加人数で割り勘とさせて頂きます)

【申込先着順】16名



Thu Aug 24, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
pin 地図を表示 東京都千代田区神田和泉町1番地12-15 O・Sビル4F
Tickets
当日現金支払い:5,000円 FULL
Venue Address
pin 地図を表示 東京都千代田区神田和泉町1番地12-15 O・Sビル4F Japan
Organizer
サードプレイス・ラボ
82 Followers