ゼミ「サステナビリティ&ビジネス ~ SDGs時代の事業構想力を身に着ける」全5回

Description

これからのビジネスにおける「サステナビリティ」は、単に環境問題にどう対応するのかに留まらず、2020年代の世界において「自分たちはどのような価値を社会に提供したいのか、できるのか」を問われるテーマです。

変化が激しく、不確かさを増す世界の中では、過去最高益だった会社があっという間に業績が悪化するような出来事がきてしまいます。市場や社会から中期的な信頼を獲得するために、財務の結果だけでなく、非財務情報(環境、社会、腐敗防止など)を統合し、「自分たちのビジネスはどう社会に必要とされ、どのように中長期的に存続・発展できる基盤を整えていくのか」をコミュニケーションすることが求められるようにもなってきています。

今、サステナビリティは、コア・ビジネスのサプライチェーン全体、消費者の購入後も含めた商品・サービスのライフサイクル全体についての責任を実践することで、統合的な社会への影響力(インパクト)を生み出すことが求められるようになっています。

さらに、国連の持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals:SDGs)は、「だれ一人取り残されることがない世界」の実現に企業の参加を強く求めており、欧州企業を始めとして、企業の動きは加速しています。

このコースでは、環境対策(コスト)ではなく、成長戦略として、サステナビリティとビジネスの相互作用を高めていくは、どうしたらいいか、対話を通して考えていきます。立教大学経営学部で開講される「サステナビリティ&ビジネス」の内容をビジネスパーソン向けにカスタマイズした教材はオンラインで提供し、リアルに集う場では、講義よりも対話、討論を通して、多様な視点と世界の動きを含めた視野、次世代ビジネスの構想という高い視座を習得することを目指します。

2020年代のビジネスのあり方を、ともに考える場に、ぜひご参画ください。

〔プログラム〕

第1回(10/10 火 19:00~21:40)
 <イントロダクション >2020年代、SDGs時代のサステナビリティ&ビジネスとは?
第2回(10/24 火 19:00~21:40)
 ソーシャル、コミュニティの力をビジネスで活かすには?
第3回(11/7 火 19:00~21:40
 統合報告から国内外企業のサステナビリティ事業を分析する
第4回(11/21 火 19:00~21:40
 責任ある企業に求められることは何か?どう実行するのか?
第5回(11/28 火 19:00~21:40
 SDGs時代のサステナビリティ&ビジネスを構想する
 
ナビゲーター 広石拓司 (エンパブリック代表 立教大学経営学部「サステナビリティ&ビジネス」)
参加費:セット参加 30,000円
定員 10名

講座の詳細はこちらから
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-08-04 16:36:40
Tue Oct 10, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
エンパブリック根津スタジオ
Tickets
セット参加 ¥30,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Oct 9, 2017.

Venue Address
東京都文京区弥生2-12-3 Japan
Directions
東京メトロ千代田線根津駅 徒歩1分
Organizer
エンパブリック
590 Followers
Attendees
1