Event is FINISHED

レコードで蘇る あの頃の思い出(自分史勉強会)

Description
【自分史活用推進協議会渋谷支部・第2回勉強会(2017年8月)】

今はなかなか聞くチャンスがなくなったアナログレコード。

青春時代、大好きな歌手のレコードが欲しくて、貯めたお小遣いを握りしめ、当時決して安くはなかったレコードを買いにレコード店を訪れた想い出がある方もいるのではないでしょうか。

当時流行ったあの曲この曲、レコードジャケットを見るだけでも、懐かしい想い出が一瞬で蘇ってきます。

今回の勉強会は、ジャンルを問わず音楽に造詣の深い鳥越干城(とりごえたてき)さんをお招きし、レコードと自分史の接点を考えます。鳥越さんの講演では、合い間、合い間にアナログ・レコードを鑑賞いただき、良い響きと共にレコードに関する世界や歴史を堪能していただきます。

その後の意見交換の時間は、「人間ジュークボックス」・・・
1910年代から1990年代までの洋楽、邦楽の代表的なシングル盤を用意いただきます。
皆さんのリクエストを受けながら、「レコードと自分史」について語り合いましょう。

【内容】

■ 講演(鳥越 干城 氏) 1時間30分(19:00-20:30)
  • レコードとの出会い、別れ、再開
  • レコードの歴史
  • レコードと音楽の歴史
  • レコードとアートの歴史
  • レコードと世界史
  • レコードと世界史と自分史
  • レコードと自分史のこれから
■ 質疑/意見交換 30~60分(20:30-21:00、21:30まで延長あり)
  • 講演を受けての質疑応答。
  • 参加者それぞれにとっての「レコードと自分史」

【講師】

鳥越 干城(とりごえ たてき) 氏

レコード収集家。
主にジャケット・デザインのよいLP、EPレコードを収集。
収集したレコードを活用して、地下鉄通路のギャラリーにてLPジャケット展示、
古民家やコーヒー店でのレコード・コンサート開催などの活動を行っている。

【募集対象】

  • 自分史活用アドバイザー(1,000円)
  • レコードと自分史に関心のある一般の方(2,000円)

【持ち物】

  • 筆記用具

「チケットを申し込む」からPeatixにログインしてお申込みください。

【イベント当日】

チケットは不要です。受付で名前をおっしゃってください。


【領収書の発行について】

お申込み詳細メールからダウンロードできます。こちらを参照ください。


【Peatixからお申込みが出来ない場合】

こちら(フォームメーラー)からお申込みください


【キャンセルポリシー】

申込後、やむを得ない理由により、キャンセルされるときは、ご連絡ください。
開催日を基準に以下のキャンセル料をいただきます。

(1)前々日まで:手数料を差し引き全額返金
(2)前日以降:100%

代わりの方が出席される場合は、キャンセル扱いにはなりません。受付でその旨、お申し出ください。


Wed Aug 23, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
自分史活用アドバイザー SOLD OUT ¥1,000
レコードと自分史に関心のある一般の方 SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都渋谷区桜丘町23番21号 Japan
Organizer
自分史カフェ(株式会社コラボプラン)
176 Followers