Event is FINISHED

逆説!解体新書ワークショップ

Description
【要注意!】
このワークショップで心と体が統合されはじめると、
身体の声がz聞こえるようになってきます。
自身に必要なものと必要でないものが
感覚的にわかるようになりますが、
そういったことに興味のない方にはオススメできません。


体(からだ)の語源は、亡くなった人の体、
つまり、魂の抜け殻の「殻」や「空(から)」から
来ていると言われています。

逆に生きている人のからだのことは、
心身魂全体を捉えた「身(み)」と表現します。

ことわざや慣用句をみても、
「身」を使った言葉はたくさんありますが、
「体」を使った言葉はほとんどありません。

古来、人は「身」を「体」や「心」に分けることなく、
人間全体として捉えていることがわかります。

現在、医学は発展し、私たちはその恩恵を受けていますが、
医学が発展すればするほど、病名が増えているのも事実です。
現在では10000種類以上の病名が存在すると言われ、
これからも増えていくことが想像されます。

しかし、古来、病気はそんなに多くなかったはずです。
それは「身」を「体」や「心」などに分けて、
さらに細分化していった結果、10000種類以上に増えてしまったのです。

昔の日本人は面白い表現をしています。

「名前を付けると、名が病む」

それが「悩み(名病み)」だというのです。

細分化することで、名前がどんどん増えて、
それによって悩みが増えてくるということですね。

悩みを減らすには、細分化をやめること。
つまり、「身」を捉えることです。

このワークショップは、
これまでの「体」や「心」のように、
全体の「身」を部分に分ける視点から
全体の「身」を捉える視点を手に入れ、
もっと楽に心身のメンテナンスができるようになるための
体感型のワークショップです。

ワークショップでは、以下をお伝えします。

・身体を脱力させリセットする最もシンプルな方法
・身体の状態の見方
・言葉がけで身体の状態が変わる
・症状が起こるプロセスと治癒のプロセスなど。

知識も、経験も必要ありません。
頭も使いません。どんな方でもご参加いただけます。

新たな視点を手に入れて、
体と心を統合した生き方に変えてみませんか?


<参加者の声>

・30代女性
自分自身としっかり対話ができて、嬉しかったです。
もう少しで自分をニュートラルな状態になれそうな気がします

・50代女性
あっという間の4時間でした。生きてきた分の思考のクセに身体が支配されているようなので、生まれつき持っているものを大切に、自分の身体の声を聴けるようにしていきたいです。

・40代女性
リラックスして参加できる空気を作ってもらって良かったです足の位置を変えて、あり方が変わってくるというワークが面白かったです。途中1時間の休憩があって気分転換になった。ありがとうございました

・40代女性
自分で自分を何とかできるとか、ちょっとのことで身体のバランスが良くなるということがわかって良かった。とてもリラックスできた。楽しく過せました。

・30代女性
とても気持ち良かったです。身体の中にある美しさに出会う感じがしました。言葉で表現できないのですが、「感覚と一緒」にいる感じです。

日 時:2017年8月20日(日)10:00-15:00(9:45受付開始)
   (1時間昼休憩あり)
料 金:5,000円
定 員:8名
持ち物:動きやすい服装か、お着替えをお持ちください。

■講師プロフィール

寺嶋康浩
プレマ株式会社 プロモーションセクション
ボディワーカー

グラフィックデザイナー、コピーライターとして企業の宣伝に携わる傍、
身体、心、食事、運動の4つの面から健康をサポートする
ポラリティセラピーや脳脊髄液をバランスするクラニオセイクラルを学ぶ。
治癒が難しいとされる症状を専門として、統合医療やターミナルケアの
選択肢のひとつとしてセッションを提供している。
数々の経験から身体から思考のクセや感情のパターンを解放していく手法を
Unfolding Bodyworkとしてまとめ、ワークショップやセッションで活動中。
Sun Aug 20, 2017
10:00 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
プレマルシェアカデミー
Tickets
5,000円(会場にてお支払いください) FULL
Venue Address
京都府京都市中京区御供町294 Japan
Directions
◎地下鉄東西線・二条城駅前 徒歩7分(最短最寄り) ◎阪急京都線・大宮駅3番出口 徒歩8分 ◎JR・二条駅前 徒歩13分 ◎京都市バス 9号/12号/50号系統 京都駅より13分 堀川三条下車 徒歩2分 ※京都駅からお越しの場合、市バス利用をおすすめします。 バス停から近く、9号/12号/50号系統は主要路線のため数多く走っています。 最も早く出発する9号/12号/50号系統のうちいずれかをご利用ください。
Organizer
プレマ株式会社
342 Followers