Event is FINISHED

二十四節気のごはんくらぶ「立秋」カラダがよろこぶTsumami:ツマミ

Description
頑張っているカラダに、今日は少しだけやさしくなろう!
”いつでも好きなものが食べられる”そんな時代でも、今が旬の食べ物には一番エネルギーがたくさん詰まっている♪
そんな旬の食材を使って、みんなでつくってみんなで食べる”ごはんくらぶ”です。

暦の上では8月7日を過ぎるともう秋…。僅かながら秋の気配も感じ初める頃になります。
とはいえ、まだまだ暑い日も続く毎日。一仕事の後の一杯が楽しみな方も、きっといらっしゃるかと思います。そんな今回のごはんくらぶのテーマは、ずばり「Tsumami:ツマミ」です!
”ツマミ”と言えば、お酒が進むちょっと塩辛いものを想像しがちですが、ごはんくらぶのおつまみは、ご飯も美味しく食べられる素材の味を生かしたカラダに優しいお惣菜の数々…。
フルタイムで3人の子どもを育てきったみつえ姐さんが、家族のハートをぐっとキャッチし続けてきた時短マル秘レシピの一部を皆さまに初公開!さっとできる1品があるだけで、きっと心もほんのり染まるはず♪
今回はその後に「職人さんと話そう!vol.1 〜大工さんに聞いてみる」を開催予定です。よろしければ、引き続きそちらにもご参加ください。ごはんくらぶ参加者の皆様は無料です。


二十四節気のごはんくらぶ「立秋」カラダがよろこぶTsumami:ツマミ

日時:8月20日(日)10:00〜12:30(終了予定)
場所:豊島区雑司が谷3-19-4-201 zoshigaya 景
参加費:¥3000(当日払い)
ドリンク別(アルコール類:¥300、ノンアルコール:無料)
*今回はワンドリンクをご用意致します
定員:10名
*無農薬無肥料のお野菜を農家さんから直接手配しています。3日前以降のキャンセルは¥1000のお支払いをお願いしています。
*イベントの最新情報を、reLightのFacebookページでお知らせしています。
https://www.facebook.com/clubrelight/

「zoshigaya 景」は、暮らしの中に日本を残す、懐かしくて新しいニッポンの暮らしを提案するreLightのコンセプトハウスです。未来につなぐ和をテーマに、地球にやさしい暮らし方や、他ではあまり目にすることの少ない商品を実際に手に取って購入したり、オーダーできる商品も紹介しています。お子さまにも優しい空間になっておりますので、小さいお子さま連れの方もどうぞお気軽にご参加ください。
鬼子母神の参道を入ってすぐ、かつて手塚治虫氏が住んでいた並木ハウスの向かいの一軒家、右手の階段を上がったところが入口です。

二十四節気とは…
春夏秋冬の季節を、さらに六つに分けて表したものが二十四節気。
旧暦には、自然の移ろいを感じながら生きてきた先人の想いが感じられます。
Sun Aug 20, 2017
10:00 AM - 12:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
zoshigaya 景
Tickets
参加費・当日払い FULL
Venue Address
豊島区雑司が谷3-19-4-201 Japan
Directions
都電荒川線 鬼子母神駅・副都心線 雑司が谷駅地上出口から徒歩3分
Organizer
reLight / club reLight
23 Followers