モノ・コト創造プログラム「if」リリース記念 未来価値創造セミナー ~成熟した市場でイノベーションを起こすプロセスとは?~ 

Description
未来価値創造のプロセスにおいて、こんな問題に悩んでいませんか?

スタートアップ企業が創り出すような破壊的イノベーションを実現しようと、
デザイン思考やリーンスタートアップの手法を取り入れてみたが、うまくいかない・・

プロトタイプ開発の人員が確保できない、進め方が分からない・・

新規事業ゆえに、社内のマーケティングリソース、体制が十分に確保できない・・

本当に人や世の中の“欲しいの本質”を捉えているのか、不安・・
そんな悩みを解決するため、BICP、1→10dirve、デコムの3社が協業を決定し、
未来価値創造のためのプログラムを開発しました。

市場機会の発見から、アイデア開発、プロトタイピング、市場投入戦略まで、
イノベーション創造プロセスをワンストップで支援可能なプログラムです。

この3社の代表に加えて、イノベーションを実現するための先進的な取り組みを
されているゲストもお招きし、濃厚でお得なセミナーを開催します。

本セミナーに参加すれば、企業のイノベーション創出プロセスで陥りがちな問題を
どのように解消し、成果を手に入れることができるか?そのエッセンスを
持ち帰ることができます。

□こんな方におすすめ
企業の研究開発、事業開発、マーケティング部門で新たな価値創造に携わっていらっしゃる方。

□プロフィール
掛 晃幸氏
株式会社ワコム
テクノロジーソリューションビジネスユニットマーケティング部 シニアディレクター

長年、総合電機メーカーにて海外向け携帯電話およびスマートフォンの開発事業に従事したのちに、転職。
電子書籍の事業経験を経た後、動物およびインバウンド観光といった新規事業の立ち上げに着手。
その後、2015年10月より、ワコム入社。現在に至る



太田 恵理子氏
キリン株式会社 ブランド戦略部 キリン食生活文化研究所 所長

東京大学文学部社会心理学科卒業、キリンビール、キリン・シーグラムにてリサーチ・商品開発・メディアプランなどマーケティング全般に携わる。2007年、新設のキリン食生活文化研究所所長に就任、現在に至る。著書『消費トレンド2014-2018』(日経BP社)。
「くらしを考える。そして創造する。」をテーマに、お客様や大学、他企業と、社会や生活者の変化に関する研究と、新しい価値の共創を行っている。
http://www.kirin.co.jp/csv/food-life/


菅 恭一
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ
代表取締役社長 

1998年総合広告会社入社。次世代型デジタルマーケティング組織を起案。
発足後10年間のリーダーシップを通じてPOEにおけるコミュニケ ーションプランニングとデータドリブンなマーケティングマネジメントをシームレスに実践する組織基盤を構築。
国内外多数の企業支援をおこなった後、2015年4月、株式会社ベストインクラスプロデューサーズの創業に参画、代表取締役社長に就任。

川越 智勇
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ取締役クリエイティブ・ディレクター
TOMOGRAPH代表

1992年一橋大学社会学部卒業後、旭通信社(現ADK)入社。
情報システム、マーケを経て、クリエイティブへ異動しCMプランナーからクリエイティブ・ディレクターに。商品開発から広告表現・体験づくりまでを統合したマーケティング活動支援をおこなう。2011年ドリルに出向。2013年、独立してTOMOGRAPHをスタート。
2015年ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)の取締役にも就任。
これまでにカンヌライオンズ、アドフェスト、スパイクス、ニューヨーク広告祭、ACCなどの審査員を務めている。クリエイター・オブ・ザ・イヤー2010メダリストはじめ受賞歴多数。著書に「届くCM、届かないCM」(共著)がある。

梅田 亮
株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ 代表取締役社長

2002年、早稲田大学理工学部を卒業後、同年に大手広告会社入社。マーケティング部署を経てコミュニケーションデザイン領域へ。マーケティング領域の多様化に伴い、デジタル、PR、プロダクト/コンテンツ開発など、新たな領域を幅広く積極的に取り込み、プロジェクト全体を推進していくチーフプロデューサーとして活躍。
2015年、現職に就任。2017年に「1→10drive 試作室」プロジェクトを立ち上げ、数々のプロトタイプの発表を継続中。
2011年、2013年、2014年クリエイター・オブ・ザ・イヤーノミネートをはじめ、グッドデザイン賞、TIAA、NYFestival、ADFEST、ADSTARSなど受賞。また、AdverTimesコラム連載(2012~2013年)他、執筆、講演、審査員など経験多数。現在は、IoT
Todayの連載を執筆。

大松 孝弘
株式会社デコム 代表取締役

1970年生まれ、広告会社を経て2004年デコムを設立。インサイトやアイデア開発支援に関する著書、講演は、海外も含め多数。日本初のインサイトリサーチに関する書籍「図解やさしくわかるインサイトマーケティング」(共著、日本能率協会マネジメントセンター) 「マーケティングリサーチの基本」(共著、日本実業出版社)株式会社デコムは、2004年の設立以来、一貫してインサイトリサーチによるアイデア開発支援を提供している。医薬品・食品・飲料・化粧品・日用品・通信・自動車・エレクトロニクス・メディアなどの領域において、心理学や文化人類学からのアプローチによる独自の調査手法で、アイデアとイノベーションを導きだしている。


□プログラム
第一部:基調講演 19:00-19:20
「未来価値の作り方 ~“感情が伝わる手紙”の事例より~」(仮)
  ワコム テクノロジー・ソリューション事業部 掛晃幸氏
 “感情が伝わる手紙” 
   http://works.1-10.com/product/wacom-emotion-letter-prototype/

第二部:モノ・コト創造プログラム「if」について 19:20-20:10
「インサイトリサーチ:人や世の中が気づいていないインサイトの発見とアイデア開発」デコム 代表取締役:大松孝弘
「プロトタイピング:AIやIoTなど最新のテクノロジーを取り入れたモノづくり」1→10dirve 代表取締役社長:梅田亮
「コミュニケーションデザイン:デジタル時代の生活者理解にもとづくコミュニケーション戦略・企画」BICP 代表取締役社長:菅 恭一、取締役 クリエイティブディレクター:川越 智勇

第三部:パネルディスカッション 20:10-20:30
「イノベーション創出の難しさとチャレンジ」
パネリスト:
 キリン株式会社 キリン食生活文化研究所 所長 太田恵理子氏
 ワコム テクノロジー・ソリューション事業部 掛晃幸氏
 BICP 菅 恭一、1→10dirve 梅田亮、デコム 大松孝弘

□懇親会
飲み物と軽食 20:30-21:30

□開催日時
8/24(木) 19:00-20:30

□開催場所
1→10dirve天王洲オフィス セミナールーム
品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲7F
東京モノレール「天王洲アイル駅」中央口 直結 りんかい線「天王洲アイル駅」より徒歩3分

□参加費
1000円 (懇親会参加費込み)

□定員
60名(定員になり次第締切らせていただきます。)

□共催
株式会社ベストインクラスプロデューサーズ、株式会社デコム、株式会社ワン・トゥー・テン・ドライブ

□注意事項
※競合にあたる立場の方、個人の方の参加はご遠慮ください。
※諸般の事情により、講師や内容、時間割が変更されたり、中止されることがございます。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-08-03 03:38:14
More updates
Thu Aug 24, 2017
7:00 PM - 8:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲7F(1→10drive天王洲オフィスセミナールーム)
Tickets
参加費(懇親会参加費込み) ¥1,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 23, 2017.

Venue Address
東京都品川区東品川2-2-8 スフィアタワー天王洲7F Japan
Organizer
BICP、1→10dirve、デコム
23 Followers