東京エルダーワーク【肚で繋がる・思考で繋がる・愛で繋がる】それを全部叶えられるのが、『腸脳』!!

Description

まるで、昔の苦楽を共にした仲間との再会後の、
突然決まった飲み会の盛り上がりを、
外枠のイベントなしで「肚」で直に繋がる大実験をしたいのです。

この肚での繋がりを、更に今、
自然界をどうするかという近々の超巨大イベントに向けて、
ホモサピエンス史をかけて執り行いたい。

それこそが、マネーを越えて繋がれる唯一の素材だから。
そして、それだけが唯一未来に残りうるホモサピエンスの仕事だから。
其が出来たときに、スピリットの深い所から、ホモサピエンスが本当の自信に目覚めるから。そのときに、初めて地球の命の一員という安堵に、人類も地球も包まれるから。

東出融

17世紀から始まった機械論パラダイムは、機械文明を繁栄させて便利な社会を作った一方で、人間を機械化してきました。
社会を「分かりやすく」理解し、管理するために、世界を細かく分割し、見えている範囲の外側を無視し、見えている範囲の内部を単純化して「分かろう」としてきたのです。
個々の人間は、支配する側が分かりやすく管理できるように、ロボット化教育によって「分かりやすい」存在へと育てられてきました。
その結果、人間と自然に限界が来ているのが、現在起こっていることではないでしょうか。システムは、複雑化するにつれて新しい機能を獲得し、さらに複雑化するといのちが宿るという性質を持っています。分割し、単純化して理解したことを寄せ集めても、複雑なシステムの全体を理解することができないのです。

インターネットの発展によって、世界は複雑に結びついて、「分かちがたい」一体のものになってきました。世界の一部を切り取って単純化して理解しようとしても、とうてい理解できない状況が生まれ、不安と混乱が広がっています。
このような時代を、私たちは、どのように乗り切っていけばよいのでしょうか?
ヒントになるのは、生態系です。森の植物や動物は、森の中で起こっていることを理解していませんが、森全体で調和を創り出しています。私たちも生き物として、生態系の調和を生み出す機能を持っているはずです。機械論パラダイムは、複雑さを嫌います。なぜなら、理解できなくなってしまうからです。しかし、生き物は、ひとりでに複雑化していきます。そして、より大きな範囲で一体となったシステムを作り上げ、そこにいのちを宿らせていくのです。

このような、ひとりでに複雑化していく自然のメカニズムのことを自己組織化といいます。今回の講座では、機械論パラダイムの限界、複雑性の知、脱ロボット化プロセス、自己組織化についてお話しし、参加者同士で対話をして理解を深めていきます。

田原真人

様々に限界を迎えている今の世の中。私たちには新しいロールモデルが必要なのではないでしょうか。

新たな民主主義のプロトタイプを創るための実験に存在をかける二人が、
きたる8月28日・29日、東京で出会います。

私たちの脳は、認識できる範囲の外側を無視し、認識できる範囲内で合理的に考えようとします。一方で、私たちの身体には、様々な循環構造やリズムがあり、それらは宇宙と調和しています。
 
合理的な思考と、身体とをどのように役割分担すると、自己組織化を起こしていけるのか。ホモサピエンスの進化をかけた、大実験となる二日間!

あらえびすエルダーワークのご案内。

【1日目】ホモサピエンスの地球上の存在意義をかけた身体ワーク。
日時:8/28(月)10:00~20:00
会場:スクエア荏原 イベントホール(東京都品川区荏原4-5-28)
 
【2日目】鰯の大群的自己組織化エルダー物理学ワーク。
日時:8/29(火)10:00~17:00
会場:千駄ヶ谷区民会館 集会場(東京都渋谷区神宮前1丁目1−10)

【2日目―特別企画】
「ひとつの映画で世界をつなぐ」―映画「純愛」上映&対話会
<参加費>500円以上のご寄付(鑑賞料は「恩贈り」のご招待)
日時:8/29(火)17:00~20:00
会場:千駄ヶ谷区民会館 集会場(東京都渋谷区神宮前1丁目1−10)

 
 
☆共同主催&参加の声

融さんの身体ワークは、一瞬で体が整い、地に足がつく。
ブレにくくなる。
体を動かすボディワークは、今までもいろいろやって来たけれど、融さんのものは、その中でもトップクラス。
さすが、と言うしかない✨✨
これが身につけば、Oリングテストなんて、必要なくなる。
しかも、一瞬で身につく。
しかも、参加者全員。
 
すごすぎる(((o(*゚▽゚*)o)))♡
あまりにすごいのと、いつも爆笑が起こって楽しいので、いろんな人に知って欲しくて、毎月お話会と身体ワークを主催している。
 
骨を意識する
腸を意識する
毎回、回を重ねるごとに進化も深化も神化もしていく身体ワーク。
それは、野生動物のようにムダがなく滑らかで美しい動き。
そして、直感で、選び取る力が身につく。
だから、ブレにくく迷わなくなる。
 
その融さんが、一緒にイベントをやりたいと思った田原さん。
今は物理学的なアプローチは、もはや当たり前となってきた。
これを知るのと知らないのとでは、大きな違いがある。
私は田原さんの話を聞くのは初めてだけれど、今からとてもワクワクしている✨✨✨
 
あらえびすサポーター&共同主催 深澤美代子

生きるためのX 東出融×田原真人 対談動画はこちら。

エルダーワークは金沢でも開催しました。詳しくはこちら。

7/12(水)石川県金沢市 10:00-21:00
特別ワーク『未来型人類へ!エルダー身体ガイドワークin金沢』
【会場】金沢歌劇座(金沢市下本多町6番丁27)
https://www.facebook.com/events/627219917482543/

◎「前世で、今生こそは名もなきheroを生きると決めた
 魂の同志、集え一万名のエルダーの種達よ。
 いよいよ虹の戦士目覚める時が来た。」(東出 融

7/13(木)石川県金沢市 13:00-15:30(延長の可能性あり)
特別ワーク『【虹の戦士・阿弖流為】お披露目コンサートwith特別ワーク』 ​​
【会場】石川県立音楽堂(金沢市昭和町20-1)
https://www.facebook.com/events/142032213006302/
◎今この時から未来へと続く「全人類アーティスト時代」
の目撃者であり、なおかつ『地球の演出家』となる、
歌姫 倉原佳子氏の素粒子エルダーボイスworkつきコンサート。

☆ご参加いただいていない方も、動画をご覧いただけます。
1日目:7000円/2日目:3000円
申し込みフォームはこちら
goo.gl/SD74cq


東出融プロフィール

f:id:araebisu808:20170611143812p:plain
株式会社あらえびす代表
3歳の時に武道の達人に逆さ吊りにされ、頭に血が昇らないよう、意志の力だけで血流を逆流させた。
若い頃はNYで、ブロードウェイの振り付け補佐を手掛け、太もものハムストリング筋を断裂。2年間車椅子の生活から、自分の体を深く感じることをさらに極めていった。
そして「身体の声を聞く」「身体と意識を合わせる」ことを体得。
動作から、精神状態を見抜くことも、動作を変えることで精神状態を変えることもできるようになった。
さらに、シルクドソレイユでも振付け師に身体を教え、日本に帰国後はダンス教室を開き450人もの生徒が通うほどの人気に。
そして『筋肉番付』で「人は水の上にゴザを敷いて歩けるか?」という企画で5人を歩かせた。
また、ヨーロッパ メセナ活動(芸術文化振興による社会創造)に日本代表として、3年間招待されて、ヨーロッパ地域の発展や、ダンス・舞踏に関わる次世代育成などさまざまな社会課題に対応する活動の推進に力を注いできた。

現在は、山形県東根市の集落を拠点にウルフと共に古の森を育てながら、自然と共生する人類を目指して全国を駆け回る。


田原真人プロフィール

IMG_0607
「生きている状態とは何か?」という問いに導かれて、大学では複雑系の物理、カオス理論、生物物理を研究。粘菌の生態を数学を用いて理解しようと試みる。

博士課程の中退と同時に人生がカオスに突入。8年かけて自分が形成されてきたプロセスを見直し、大きな変容を体験。
 
311をきっかけに「反転授業の研究」というオンラインコミュニティを作り、教育のパラダイムシフトに取り組む。その中で、コミュニティの自己組織化に取り組み、3500人のコミュニティが生まれる。
 
複雑系の科学、学びのメカニズム、コミュニティ運営の3つを行き来しながら、自己組織化についての独自の視点を獲得し、様々なコミュニティの自己組織化をサポートしている。

申し込みはコチラ
http://www.kokuchpro.com/event/elderworktokyo/

Aug 28 - Aug 29, 2017
[ Mon ] - [ Tue ]
10:00 AM - 8:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
スクエア荏原 イベントホール(東京都品川区荏原4-5-28)
Venue Address
スクエア荏原 イベントホール(東京都品川区荏原4-5-28) Japan
Organizer
東京エルダーワーク【肚で繋がる・思考で繋がる・愛で繋がる】それを全部叶えられるのが、『腸脳』!!
1 Follower