Laere Kontra Academy 「戦略デザインリーダーシップ」について学ぶワークショップ

Description

Laere Kontra Academy (レアコントラアカデミー)

未来を創る、戦略デザインリーダーシップについて学ぶ

1 Day ワークショップ 


Laere Kontra Academy・戦略デザインリーダーシップとは?

世界一の玩具メーカー、レゴ社や世界一のレストランとして4年間選ばれたnomaをはじめ、日本では田崎真珠のブランディングを行っているデンマークのデザイン会社Kontrapunkt(コントラプンクト)社と、世界が注目するデンマークのビジネスデザインスクール、KAOSPILOTを始めとするデンマークの教育機関と協働で学びをデザインする株式会社Laereで、戦略的に考えられる人材と組織を支援し、プロジェクトを成功に導く「Laere Kontra Academy」を開校します。Laere Kontra Academyでは、デザイン、ブランディング、クリエイティブリーダーシップの分野で、2社のそれぞれの強みを活かした学びと実践の場を提供します。今回開催するテーマは「戦略デザインリーダーシップ」です。戦略デザインリーダーシップとは、目的に沿って、様々なプロジェクトや組織づくりをデザインするために最適な環境を創造することができる技術と思想、プロセスを実践することで、今回のワークショップではそのプロセスを体験できるプログラムの構成で設計しています。


なぜ「戦略デザインリーダーシップ」なのか?

急な仕事の依頼が来たとき、まずノートを取り出し、とりあえずやって見る、思いつくままに書いて見るという経験はありますよね。確かに、そのような方法が小さなプロジェクトの場合は有効かも知れませんが、より大きな課題を解決する際には、それが良いアプローチであると言い難いものがあります。例えば、そういった課題に対して、優秀な課題解決型思考の人材をチームに迎えることができても、彼・彼女たちがどの課題に対して働きかけているのか、また何のための課題解決なのか、明確に合意できていないのであれば、例えそれらが一見素晴らしい解決策であってもクライアントが求めるビジネス上の本質的なニーズに合わないものが山ほど生まれることになるでしょう。

問題解決が得意な人材がチームにいたとしても、本当の課題が何なのか分かっていないと、いくら良い答えを出しても、全て無駄な結果になってビジネス上の本質的なニーズに全く合わないものになってしまいます。今、クリエイティブチームにとって最も大きな課題は、素晴らしいデザインの解決策ではなく、正しい解決策を多様なステークホルダーと協働しながらデザインすることです。昨今、組織、チームにとって最も大きな課題は、素晴らしい解決策ではなく、正しい解決策を多様なステークホルダーと協働しながらデザインすることです。


「戦略デザインリーダーシップ」ができること。

インパクトのある解決策をデザインする為に、チームを率いる際の包括的な原理・原則を丁寧に定義するために役立ちます。戦略デザインリーダーシップのマインドセットとプロセス、そしてツールを活かしたフレームワークは、創造性や協働関係が有機的に育まれるような環境を創るための必須要素を網羅しています。クリエーティブで、自由な発想が得られる環境を作る要素を網羅しているので、そのプロセスを学び実践することで、最初から本質的な課題に取り組めるようになります。また、その中で使用するツールはチームがどんなチャレンジに対面しても取り入れられるようにサポートするものです。


こんな方にオススメです。

私たちはデザインとは、誰にも属するものだと考えています。そしてクリエイティビティとは、色の組み合わせが上手で絵が上手い、センスが良い人たちだけのものではありません。それは、意味のある変化を生み出すための課題解決に興味のある、全ての方のためのものです。もしこれを読んでいるあなたがそれに当てはまるのであれば、ぜひご参加ください。本質的な解決策としてのデザインを導くためにチームでどのように合意を取ることができるのか、そして創造的な協働を迎え入れ方を知りたい方たちにとっても、このコースはあなたのためのものです。

このワークショップで得られるものは?

-戦略リーダーシップのプロセスの理解とデザインプロセスに関する新しい視点

-戦略デザインリーダーシップの実践の経験

-言語化・可視化されたアイディアやコンセプト


アジェンダ:

1. チェックイン(参加者同士の自己紹介)

2. 戦略デザインリーダーシップに関するレクチャー

3. 取り組むテーマ・視点の共有

4. 取り組む範囲の探求と定義

5. 閃きを迎え入れる問いの設計

5. インサイトを引き出すインタビュー

6. 結果の統合とコンセプト開発

7. プロトタイプ・発表

8. まとめ

9. 交流会(会場のSHIBAURA HOUSEのテラスでBBQパーティーを

予定しております)


日時: 8月26日(土) 10:00-17:00

(17時のワークショップの終了後は交流会を企画しております。)

人数:30名限定(先着順)

場所: SHIBAURA HOUSE

〒108-0023 東京都港区芝浦3-15-4

(google map: https://goo.gl/maps/9Tng2)

アクセス:http://www.shibaurahouse.jp/about/access_contact

参加費: 35,000円

主催:株式会社レア(HP: http://www.laere.jp)、Kontrapunkt Japan (https://www.kontrapunkt.com/ja/front-japan)


講師・ファシリテーター


フィリップ・リンネマン(Kontrapunkt Japan クリエイティブディレクター)

2017年4月から、Kontrapunktの日本事務所のクリエイティブディレクターを務めています。デジタル起業家だったフィリップは、持続可能なユーザー中心のデジタルプラットホームとシステムを最初から構築でき、またタイポグラフィーの知識も持っています。デンマーク最大の銀行の歴史の中で、最も重要な製品とサービスのユーザーエクスペリエンスを中心となり、制作していました。さらに、ロンドンとコペンハーゲンのブランド代理店で働いており、数十万人のユーザーが参加するAppleのKeynote プレゼンに登壇し、デンマークのデザイン大学のゲスト講師を務めた事もあります。



大本綾(株式会社レア・共同代表)


広告会社で大手消費財メーカーのブランド戦略、コミュニケーション開発に携わった後、デンマークのビジネスデザインスクール、カオスパイロットに初の日本人留学生として受け入れられ、2015年6月に卒業しました。留学中は起業家精神とクリエイティブリーダーシップを中心に学び、デンマーク、イギリス、南アフリカ、日本において社会や組織開発のプロジェクトに携わりました。帰国後は、世界の教育機関との連携により、最高の学びをデザインすることをミッションに掲げ、株式会社レアを設立。ダイヤモンド・書籍オンラインの連載記事『幸福大国デンマークのデザイン思考』の著者でもあります。



Sat Aug 26, 2017
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都港区芝浦3-15-4
Tickets
参加費 ¥35,000

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 25, 2017.

Venue Address
東京都港区芝浦3-15-4 Japan
Organizer
株式会社レア
525 Followers