Event is FINISHED

中川龍太郎「21世紀によみがえるエミリ・ディキンスン」映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』公開記念

Description
生前はわずか10篇の詩を発表しただけで無名のまま生涯を終え、没後に発見された1800篇近い作品によって、“アメリカ文学史上の奇跡”と讃えられるようになった女性詩人エミリ・ディキンスン(1830~1886)。この度、彼女のベールに包まれた半生を描いた映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』が7月29日(土)より公開されるのを記念して、B&Bでトークイベントを開催します。

清教徒主義の影響を受けるアメリカ東部の上流階級で生まれ育ったエミリは、やがて白いドレス姿で屋敷から出ることなく孤独な生活を送るようになり、数多くの詩を書き残しました。彼女の詩は、自然や信仰、愛や死をテーマに、繊細な感性と深い思索のなかで記された独特のスタイルをもっています。生前に評価されることはほとんどありませんでしたが、いまや詩や文芸の世界にとどまらず、時代を超えて世界中の芸術家たちに影響を与え、インスピレーションの源であり続けています。映画は、エミリが実際に暮らした屋敷でも撮影が行われ、約20篇の彼女の詩を織り込みながら、彼女の生の軌跡を敬愛を込めて描いています。大人気テレビドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」のミランダ役でも知られ、自身もエミリの愛読者であるというシンシア・ニクソンがエミリを演じているのも注目です。

トークのゲストには、先日開催された第39回モスクワ国際映画祭で、最新作『四月の永い夢』(2018年公開予定)が国際批評家連盟賞とロシア批評家連盟特別表彰のダブル受賞の快挙を果たした新世代の映画監督、中川龍太郎さんをお迎えします。中川さんは、文芸誌『すばる』の詩特集でも取り上げられた詩人でもあり、熱狂的なエミリ・ディキンスンのファンとしても知られます。トークでは、映画監督と詩人としての両方の視点から、エミリの詩の世界と映画『静かなる情熱 エミリ・ディキンスン』の魅力について存分に語っていただきます。また、エミリに捧げる中川さんのオリジナルの詩の朗読も予定しています。


【出演者】
中川龍太郎(なかがわ・りゅうたろう)
1990年生まれ。映画監督。慶應義塾大学在学中に監督した『Calling』(2012)がボストン国際映画祭で最優秀撮影賞を受賞。『愛の小さな歴史』(2014)と『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(2015)で東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門に最年少にして2 年連続の出品を果たし、ともに劇場公開される。来年公開予定の最新作『四月の永い夢』は、先日開催された第39回モスクワ国際映画祭で国際批評家連盟賞とロシア批評家連盟特別表彰を受賞。詩人としても活動し、やなせたかし主催『詩とファンタジー』年間優秀賞受賞(2010)。著書に『詩集 雪に至る都』(2007)がある。


【日時】
2016年7月29日(土)
19:00~21:00 (18:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F

【入場料】
1500yen+500yen/1drink




Sat Jul 29, 2017
7:00 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,466 Followers