Event is FINISHED

青野聰×井上弘久 チャールズ・ブコウスキー没後二〇年 『町でいちばんの美女』朗読演劇+トーク

Description

『町でいちばんの美女』『勝手に生きろ』『くそったれ!少年時代』などの代表作をはじめとし、生涯50冊にも及ぶ作品を執筆しながらも、職を転々と変え放浪と酒びたりの人生を過ごした米国の詩人、作家チャールズ・ブコウスキーが、今年3月9日に没後20周年を迎えます。

これを機に、太田省吾主宰の「転形劇場」や自身の劇団「U・フィールド」での活動を経て、2012年からソロ・ライブを開始した、還暦を過ぎた老怪役者・井上弘久さんが、「ブコウスキー没後二〇年記念プロジェクト」を開始します。

記念すべき初回公演の会場に選んでくださったのが、ここ本屋B&B。

前半は、井上さんによる『町でいちばんの美女』の朗読演劇を、

後半では『町でいちばんの美女』を日本で最初に翻訳刊行した小説家・青野聰さんをお招きし、ブコウスキー放談をお送りします。

四方を本に囲まれた空間で語られるブコウスキーへの思いと言葉を、行間に、そして書棚のはざまに蘇るブコウスキーの姿を、全身全霊でおたのしみください!


【プログラム01】

20:00-21:00

朗読演劇[READING PERFOM]

『町でいちばんの美女』 出演:井上弘久


【プログラム02】

21:00-22:00

ブコウスキー放談

青野聰×井上弘久



【プロフィール】

青野聰(小説家)

1943年東京生まれ。79年『愚者の夜』で芥川賞受賞。『女からの声』で野間文学賞、

『人間のいとなみ』で芸術選奨文部大臣賞、『母よ』で読売文学賞受賞。

日本で最初にチャールズ・ブコウスキーの翻訳を手がけ、94年『町でいちば

んの美女』、翌年に『ありきたりの狂気の物語』を刊行。現在、文芸誌『すばる』

にて「鏡のまえで」連載中。



井上弘久(朗読演劇家、俳優、演出家)

1952  東京に生まれる。

79-88 太田省吾主宰の転形劇場に所属。「水の駅」「小町風伝」「→(やじるし)」など出演。

90-11 演劇集団Uフィールドを主宰。

    「孤独な老婦人に気をつけて」(マティ・ヴィスニユック)

    「女中たち」(ジャン・ジュネ)、「太田省吾の世界」など演出。

2013 南青山マンダラにて『町でいちばんの美女』を皮切りにブコウスキー作品のソロライブ開始。

2014 ブコウスキー没後二〇年記念プロジェクトをB&Bより始動。


【日時】
2014年3月4日(火)

20:00~22:00 (19:30開場)

【場所】
本屋B&B
世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F
http://bookandbeer.com/

【入場料】
1500yen + 1 drink order


Event Timeline
Tue Mar 4, 2014
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500yen+500yen/1drink) ¥2,000
当日現金支払(1500yen+500yen/1drink)
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
10,534 Followers

EVENT SUPPORTER

  • アプリの先にあるもの―ライフスタイルを革新するEvernote Market。