Event is FINISHED

※参加費無料※【ISO事務局向け】事務局運営はプロジェクト管理である ~日々の業務棚卸しにより、ISO事務局運営をカイゼン!テクニック編~

Description

英語学習でも実際に使えるまでに、何度も「学び」→「実践」を往復して繰り返し、理解と実践力が高まります。プロジェクトマネジメントや課題管理も同様です。

一度受講された方でも、実践した後にぜひ繰り返しご参加下さい。毎回間違いなく、新たな気付きがあります。(運営側も毎回新しい発見があります。)


業務改善に取り組むために必要なプロセスやツールの整備、やり方やルールといった「準備」は整っていても、肝心な業務課題がぼんやりしていては、実務に即した業務改善を「実施」することはできません。

生産性向上につながる有効な改善策を打ち出すためには「いかに重要な課題に気づく事ができるか」が必要不可欠です。


本セミナーでは、プロジェクトマネジメントのツボである課題管理、その中でも「課題発見」にスポットを当て、現場のメンバーが本当に必要としている業務改善を進めるために、実務において解決すべき課題を漏れなく洗い出せるフレームワークを使って課題発見のコツをつかみます。

あなたが抱える課題が、チーム・組織の課題発見にもつながる、現場目線の業務改善を促進する技術を学ぶことができます。

実際の業務の流れから課題を可視化していくので、使用したワークシートはそのまま社内に業務課題としてフィードバックできます。


自ら手を動かして学び進めるワーク形式のため、改善提案を行う現場の方はもちろん、業務改善を推進している担当者・プロジェクトやチームのリーダーにもオススメです。

セミナー終了後は質疑応答の時間はもちろん、個別相談も受け付けておりますので、無料でプロに直接お悩みを相談できるこの機会をお見逃しなく!


【参加者の声】

◎こんなに詳細に課題管理のノウハウを学べて満足です。

◎短時間で課題管理のポイントを体系だてて学べ、演習も満足度が高かったです。

◎課題を明確にする方法を学ぶために参加しましたが、とても面白かったです。

もっとワークの時間が欲しかったですが、無料とは思えない内容でした




前回開催のセミナーから、更に初めての方にもわかりやすい内容にバージョンアップしました。
☆イベント情報はFacebookページにて随時更新いたします☆


【開催概要】
■日時
2017年8月7日(月)14:00~16:30(受付13:40~)

■会場
BSIグループジャパン株式会社 5階会議室
東京都港区北青山2-12-28青山ビル5階

■参加費
無料

■定員
20名(最低催行人数5名)

■持ち物
・名刺(受付で頂戴いたします)
・筆記用具

■キャンセルについて
参加申込み後のキャンセルは、出来るだけ事前にご連絡いただきますよう、ご協力よろしくお願いいたします。
連絡なくキャンセルされた場合は、以降のお申込みをお断りする場合がございますので、あらかじめご了承ください。

■問い合わせ
株式会社マネジメント お問い合わせフォームより
※お問い合わせ詳細に「8/7ワークショップ」と明記ください。

■講師紹介
音羽 真東(おとわ まさと) 株式会社マネジメント代表取締役
大手外資系IT企業やシンクタンク・金融合併システムで1,200人規模の統合プロジェクトマネージャーとして経験を積み、大手金融・流通会社やWeb関連企業のIT化や業務改善プロジェクトを並行支援。一方で、参加型のワークショップ・セミナー活動を開始。
実践で得た知識や経験を元に、誰もが実践で使える”マネジメント理論”を研究・知識体系化し、会社設立に至る。さらなるマネジメント理論の研究を続けながら、社会的イシューとつながるビジネスのきっかけづくりとして、未来の社会について議論するThink!2050も3年にわたり継続開催している。

培った理論を元にした解説やWebサービスの提供を実施。
・マネジメントのキホンがわかる解説サイト「Think! MAMAGEMENT.」
・課題管理からはじめるプロジェクトマネジメントWebサービス「TIMESLIST」
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#266170 2017-08-01 08:59:58
Mon Aug 7, 2017
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
BSIグループジャパン㈱ 会議室
Tickets
参加申込み FULL
Venue Address
東京都港区北青山2-12-28 青山ビル5階 Japan
Directions
東京メトロ銀座線「外苑前駅」3番出口 徒歩5分
Organizer
株式会社マネジメント
199 Followers