Event is FINISHED

角田光代さんと読む語る、からだのはなし~小説家は身体をどう書いたか~

Description

年齢とともに変化するからだ。小説家の角田光代さんは、作家ならではの観察眼と愛着をもって“容れもの”と表現されています。その”容れもの”である肉体と意識にはギャップがあり、いつも私たちは戸惑ったり、ショックを受けたり……。

本講座は、自分のものでありながら、まじまじと観察することのないからだを、ことばを通して見つめる実験的な試みです。
角田さんのナビゲートで、文学作品に表現された“からだ”を鑑賞します。時代や文化、あるいは作家ごとに、からだや老いがどのように表現されてきたか?科学の目で女性のからだを見てきたワコールの担当者を聞き手に、その共通点や多様性について語っていただきます。後半は、それぞれ描写表現にも挑戦。「自分だけ?」と思っているからだのことや年齢のこと。角田さんと、楽しくポジティブに向き合いましょう。
「容れものとともに前へ前へと進んでいくしかない。―角田光代『わたしの容れもの』(幻冬舎)」

14:00~17:00
・文学作品におけるからだの表現についてトーク
・からだにまつわる描写表現(ライティング)

17:30ごろ~18:30ごろ(予定)
・懇親会(ドリンク、軽食付き)


【日時】2017年11月4日(土)14:00~17:00
※懇親会17:30~18:30(予定)

【料金】5,400円(税込/懇親会費含む)

【定員】50人



【講師】角田光代 [小説家]

1967年生。早稲田大学第一文学部卒業。『幸福な遊戯』(福武書店)で海燕新人文学賞、『まどろむ夜のUFO』(ベネッセコーポレーション)で野間文芸新人賞、『ぼくはきみのおにいさん』(河出書房新社)で坪田譲治文学賞、『空中庭園』(文藝春秋)で婦人公論文芸賞、『対岸の彼女』(文藝春秋)で直木賞、『ロック母』(講談社)で川端康成文学賞、『八日目の蝉』(中央公論新社)で中央公論文芸賞、『ツリーハウス』(文藝春秋)で伊藤整文学賞、『紙の月』(角川春樹事務所)で柴田錬三郎賞を受賞。他に『かなたの子』(文藝春秋)、『曽根崎心中』(リトルモア)、『月と雷』など多数。『わたしの容れもの』『なんでわざわざ中年体育』など、からだや食、旅がテーマのエッセイも多い。

【講師の美しいと思ったコト・モノ】

○青森のねぶた祭にはじめて参加したのですが、そのお祭りのぜんぶがうつくしかったです。
○電話の工事の若い男性がうちにきたのですが、出てきた猫にびっくりしながら「こんにちは」と言っていたことに うつくしさを感じました。

※ 受付開始時間:13:30


お申し込みに際してのご注意事項


イベント参加のお申し込み、ならびに料金のお支払いはPeatixではなくワコールスタディホール京都のサイトとなります。「チケットを申し込む」をクリックするとワコールスタディホール京都のサイトに遷移いたします。

お支払い方法


・クレジットカードによるお支払いのみです。
・ご本人名義のクレジットカード(VISA、MASTERのみ)によるお支払いとなります。
・お支払い方法は「一回払い」のみで、「リボルビング払い」「分割払い」等はご利用いただけません。
※お申し込み後の変更、キャンセル及び返金は承っておりませんのでご了承ください。

受付確認


・申し込み完了メール(受講証)が届いた時点で申し込み完了となります。
・申し込み完了メール(受講証)が届かない場合は、下記までお問い合わせください。

受講に際して


・受講当日、受付にて申し込み完了メール(受講証)をプリントしてご持参いただくか、メールの画面をご呈示ください。
・ライブラリー・コワーキング1日利用券付きの講座は、受講日当日10:00~ご利用いただけます。

駐車場に関して


・駐車場、駐輪場はございませんのでお越しの際は公共交通機関をご利用ください。

講座に関するお問い合わせ


ワコールスタディホール京都  075-556-0236
・お問い合わせ受付時間:9:30-17:00 火曜~金曜(年末年始・祝日をのぞく)
※お電話やメールでの利用申し込みは受け付けておりませんので、ご了承ください。

当ウェブサイトで取得いたしますお客様の個人情報の取り扱いについては、当社の「個人情報の取扱について」をご確認ください。


Sat Nov 4, 2017
2:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
料金 SOLD OUT ¥5,400
Venue Address
京都市南区西九条北ノ内町6 Japan
Directions
京都駅八条口より徒歩7分
Organizer
WACOAL STUDYHALL KYOTO (ワコールスタディホール京都)
380 Followers