Event is FINISHED

ドキュメンタリー映画「東北の新月」上映会

Description
日系カナダ人3世のリンダ・オオハマ監督が約5年をかけて制作したドキュメンタリー。

2011年3月11日、リンダ・オオハマはカナダ・バンクーバーの自宅で、インターネットから流れて来る東日本大震災の映像を見て、祖母の母国に起こった惨状に目を覆いました。
しかし、7歳の孫の言葉をきっかけに、カナダでキルト布を使った募金活動を開始します。
同年6月、義援金25万ドル(約3,000万円)と支援の巨大キルト布を携え東北に来ました。
パッチワーク教室を開いたり、瓦礫を片付けたりするボランティア活動に専念する彼女を、映画監督と知った多くの被災者から「私たちの姿を映画に」と頼まれました。
しかし、当初は映画化を断り続けていたのです。

ある日、彼女は福島第一原発から20キロ圏内の誰もいない町にいました。
見捨てられた町を一人で歩いていた彼女の目から突然、涙があふれました。
映画監督リンダ・オオハマが、自分の使命を自覚した瞬間でした。

その後、被災者と生活を共にしながら、約2年半をかけ80人以上の「今」を撮影。
カナダへ帰国してからさらに編集に2年半をかけ、通算約5年を経て映画は完成しました。
この映画はリンダ・オオハマと被災者が完成させた渾身の記録です。

  「新月は、やがてかならず被災地を照らす満月になる」 リンダ・オオハマ

開場13時40分 開演14時 上映時間98分
上映終了後、30分ほどトークセッションを予定しております。 



       上映会場となる長崎原爆資料館ホール


         




Sat Jul 22, 2017
2:00 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般(通常1,000円)  SOLD OUT ¥900
高校生・大学生・60歳以上(通常500円) SOLD OUT ¥400
Venue Address
長崎県長崎市平野町7-8 Japan
Organizer
Yasuo Tanaka
1 Follower