Event is FINISHED

「麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~」上映会@アサトキト

Description
ドキュメンタリー映画『麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~』

吉岡敏朗監督のドキュメンタリー映画 最新作「麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~」の上映会を東京・市ヶ谷のヘンプショップ「アサトキト」にて行います!

「麻を知ることは日本を知ること」をテーマにしたこの映画。

昔から日本人は、大麻を農作物として育て、その茎の繊維から 手で績んで糸をつくり、布を織っていました。しかし、今では大麻の畑は減少し、この「麻糸績み」という技術も途絶えようとしています。 

このドキュメンタリー映画では、麻糸績みを伝承していこうという趣旨のもとで始まった「よりひめプロジェクト」を中心に、監督が各地をまわって収めた 麻にまつわる美しい映像と、貴重なエピソードが収録されています。映像を通して、感覚的に麻の本質をつかむことができると思います。ぜひ、一緒に ご覧になりませんか?


【日時】
7月26日(水)
19:00~受付開始
19:20~上映開始(上映時間98分)
21:00~吉岡監督トーク交流会
22時 解散

【場所】
東京・市ヶ谷のヘンプショップ「アサトキト」
<URL>http://asatokito.jp
<住所>東京都新宿区市谷砂土原町2-7-19 田中保全ビル101


【アクセス】
東京メトロ 有楽町線・南北線 市ヶ谷駅5番出口から徒歩3分
JR・都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩9分


【定員】15名

【参加費】
前売り券 1,800円・・・Peatixサイト(こちらのページ)でご購入可能です。
         (お支払方法:コンビニ / ATM PayPal, JCB, AMEX)
当日券  2,000円・・・店頭にて参加費をお支払いただきます。

<映画『麻てらす』紹介文(公式HPより抜粋)>
*★+*★+*★+*★+*★+*★+*★+*★+

この映画は、日本人の精神性にも大きな影響を与えてきた大麻の文化性と、世界的にも注目を集める“衣・医・食・住・農・エネルギー”など、様々な分野にわたるその利用法に着目し、 大麻が次代を導き、可能性を “てらす”役割を紹介するものです。

古くからの伝統や多岐にわたる利用法を持つ大麻の全容を様々なストーリーで紹介するシリーズ化を目指します。
全体のドキュメンタリー映画タイトルは、『麻てらす』です。

「麻てらす」制作委員会も始動。委員の中にはYaeさん(歌手)、藤本博正さん(鴨川自然王国代表)、相談役には加藤登紀子さん、天
外伺朗さん等が名前を連ねます。 なお、Yaeさんは、この映画のナレーションも担当してくださいます。

「麻てらす」シリーズ第一弾の作品が『よりひめ 岩戸開き物語』です。

国産大麻の糸績み技術を次代に継承すべく活躍が始まった「よりひめ」を軸に、大麻をめぐる様々な人たちの深い思いや、次代を見据えた活動を、古来から伝わる伝統文化としての「大麻」や大地に息づく大麻栽培の模様などを織り交ぜて紹介していきます。
 
女性は、命を産みだし、そして次世代へつなぐ役割を持っています。

その女性たちの手に託された、大麻の糸績み。

麻糸をつなぐことを 「績む(うむ)」と言いますが、彼女たちはあえて、「糸産み」という言葉を使います。
大麻の糸を産みだし、そのしなやかな心で新しい時代の扉を開く。 よりひめ 〜今を生きる女たちの 平成 岩戸開き物語〜 は始まったばかりです。

<開催場所紹介>
ヘンプ手芸用品専門店「アサトキト」(東京・市ヶ谷)
「麻(ヘンプ,大麻)」と 「木(奈良・吉野の新月伐採無垢材)」で囲まれた心地が良い空間です。麻福ヘンプ商品をはじめ、麻の糸や生地などの手芸用品をお求めいただけます。



Wed Jul 26, 2017
7:20 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
アサトキト(市ヶ谷)
Tickets
「麻てらす」上映会前売り券@アサトキト SOLD OUT ¥1,800
Venue Address
東京都新宿区市谷砂土原町2-7-19 田中保全ビル101 Japan
Directions
東京メトロ市ヶ谷駅5番/JR・都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩9分
Organizer
「麻てらす~よりひめ岩戸開き物語~」@アサトキト
9 Followers
Attendees
7