Event is FINISHED

Project72 ~災害発生後72時時間を生き延びる~ 北九州特別プログラム(2次募集)

Description

※2次募集開始いたしました。先着順です。
※Webアンケートを実施しています。こちらもご協力ください。
 https://questant.jp/q/AF1VYVF4


大災害が発生したとき、あなたはどうしますか?

大型台風が上陸したとき、洪水が起きたとき、大地震が来たとき、生き延びることはできますか?

大切なひとを守ることはできますか?

完璧な防災訓練はありません。

防災訓練が完成することもありません。

しかし、やっているかやっていないかは大違いです。

最後に防災訓練を受けたのはいつですか?

その防災訓練で覚えていることはなんですか?

自らを「助かる人」になり、そして大切な人を「助ける人」になるために、災害発生後72時間を生き延びるための“自助”のスキルを学び、そして地域で助け合うための“共助”のありかたを考えてみませんか?

今回は、長野オリンピック及び2002ワールドカップではナイキジャパン危機管理及び警備責任者を務め、2012年・2013年の東京・代々木公園で開催した本気の避難訓練「SHIBUYA CAMP」でも講師を務めた、危機管理のスペシャリストである浅野竜一氏(株式会社ZOAS 代表取締役)を講師に招き、小倉のまちを舞台とした「Project72 ~災害発生後72時時間を生き延びる~ 北九州特別プログラム」を提供します。

<概要>

日時:2014年3月16日(土)10:00~17:00 開場09:30

会場:北九州市 教育委員会生涯学習総合センター(北九州市小倉北区大門一丁目6番43号)

定員:25名

参加費:無料

主催:北九州市


<講師プロフィール>

元千葉県警察官。退官後、米国にて警護及びRisk Management(危機管理)を習得。

警備会社にて都内某企業幹部及び複数の依頼主の身辺警護をへて、1997年より株式会社ナイキジャパン危機管理担当部署設立。(長野オリンピック及び2002ワールドカップ ナイキジャパン危機管理及び警備責任者)      

2007年株式会社ZOAS設立。企業危機管理及び官公庁に対してコンサルティングを提供する。防衛省における海外派遣部隊に対するミッショントレーナー兼演習オブザーバー(評価分析担当)として2007年より技術提供及び訓練作成と指導を実施する国内唯一の民間企業。2012年からは教育部隊や航空部隊に対しても教育が開始。



<Project72>

○概要
自分で自分を助けられる自助能力を高めるセルフレスキュートレーニングプロジェクト「Project72」。自分を助けるのは、自分しかいない。自分をまもれなきゃ、他人なんて守れない。助かる人が増えれば、日本は助かる。SELF RESCUE FOR ALL。


○コンセプト
2011年3月11日以降、わたしたちは強くなったのだろうか? 

30年以内の発生率が70%をこえる、首都直下型地震、南海トラフ地震に対してなにが準備できているのだろうか?

災害発生後72時間は民間企業含む“市民”で生き延びねばならないことをご存知だろうか?

ひとりひとりが生き残ることができれば、被害は最小におさえられる。

そして特に若い人が生き残ることができれば、助けが必要な人たちを助ける力になることができる。

人命救助で重要な時間=72時間の間、自分の生き残る力をつける、市民による、世界初で世界一カッコいい防災訓練を実施したい。

Project72 代表


○Webサイト


○Facebookページ


Event Timeline
Sun Mar 16, 2014
10:00 AM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
北九州市 教育委員会生涯学習総合センター
Tickets
一般参加 無料
Venue Address
北九州市小倉北区大門一丁目6番43号 Japan
Organizer
QPITS:九州IT&ITS利活用推進協議会
24 Followers