"自然とつながる" 音叉とクリスタルボウルのキャンドル瞑想会#14

Description
瞑想を始めたい方や瞑想を習慣にしたい方に向けて、日常生活の中でも取り組める瞑想を定期的にシェアしている会です。

無添加無着色の自然なままのキャンドルが持つエネルギーは、炎が揺らめく美しい空間を提供してくれるだけでなく、瞑想の状態が起こるサポートにもなります。

広島を拠点に活動している音叉療法士Kazumiをお招きした特別セッションです。

〇リンクナチュラル瞑想会HP
https://www.link-natural.com/event/
〇瞑想会にお寄せいただいたご感想はこちら
https://www.link-natural.com/event/impressions/
(※リンクナチュラルはいかなる宗教団体とも関連はございません。)

【開催概要】
名称   : キャンドル瞑想会#14 
     ~音叉とクリスタルボウルの響宴~
開催日程 : 2017年7月22日(土)
開催時間 : 17時15分~21時 (開場17時)
開催場所 : 都営地下鉄新宿線/都営地下鉄大江戸線 森下駅近郊
      (お申し込み後に開催場所等の詳細をお伝えしています)
定員   :15名
    (7月19日時点:残席1)
参加費  : 5,000円     
内容   :自然素材だけで作られたキャンドルを灯して瞑想する集いです。
 
社会や外側にいる誰かに向けて作られてきた自分ではない、内側にある自然なままの自分とつながることが、リンクナチュラル瞑想会のビジョンです。528Hzの周波数を持つ音叉も自然なままの自分に立ち還る助けになるとKazumiは言います。

Kazumiはホームページもなく、ブログでの告知もあまりしていないにもかかわらず、口コミと常連さんだけで、毎月のセッションが予約で埋まる音叉療法士です。

実際に施術を受けた直後は深いくつろぎによって、しばらく起き上がれなかったことを覚えています。音叉の周波数による振動が2-3日の間、骨に残り続けていたことにも驚きました。

周波数は1秒間に何回振動するかで決まり、人間の精神活動に関わる脳波も周波数のひとつです。440Hzを鳴らすとハチは攻撃的になり432hzだと穏やかになるなど、自然界も周波数の影響を受けています。体内の6割-8割が水分である人間は音が響きやすく影響が出やすいそうです。

ソルフェジオ周波数などで一部の方には知られている究極の癒し周波数528Hz。音叉のもつ周波数528Hzと倍音楽器であるクリスタルボウルの響宴は深いくつろぎの時間になることでしょう。

そして、今回の瞑想会も「キャンドル瞑想会~音と灯りのなかで~」にて倍音楽器の演奏をメインでお願いしている相山千賀子さんがクリスタルボウルを演奏してくれます。

千賀子さんはクリスタルボウルだけでなく舞踏家として、動く瞑想でもある舞のお稽古やダンスワークショップを開催しており、今回の瞑想会では身体を使ったワークもお願いしています。

舞やタオなどの東洋的な身体へのアプローチだけでなく、ピラティスやクラニオセイクラルなどの骨格や筋肉に基づいた西洋的な身体論も探求しており、緊張や不安などで硬くなりがちな身体を緩めるアプローチで瞑想に入りやすい状態をリードしてくれます。

呼吸法やキャンドルを使った瞑想、身体の内側にあるチャクラの音を声に出す瞑想法などをプログラムしており、瞑想を深めたい方はもちろん、疲れやすかったり、身体の緊張感が抜けない方、考え過ぎの傾向のある方にもおススメしたいプログラムです。


【瞑想プログラム】
第一部 身体の目覚め 17時15分~
・身体を緩めるボディーワーク
・音叉によるセッション


第二部 灯りの瞑想 18時30分~
・息の中心を見守る瞑想
古代インドの瞑想技法から息と共に動く、呼吸を観照する技法を紹介します。"自らの心"と書くのが"息"。
心は息と共に動きます。息をどうにかできれば、心もどうにかなる。息がわかれば電車の中でも、仕事中でも、子育て中でも心は整います。

・トラタック(トラタカ)瞑想
サンスクリット語のトラタカ=”凝視する”が語源となっている古代ヨーガの瞑想技法で、"キャンドルを凝視し続けるだけ"という極めてシンプルな技法です。
トラタック瞑想を実践していると、対象から対象へと移る目の動きと共に動いているマインドが止まる瞬間が訪れます。


第三部 音の瞑想 19時30分~
・チャクラの音を声に出す瞑想
音楽と共に声を出すことで、7つのチャクラを整え、内なる静けさをもたらす瞑想技法。チャクラは身体に在るパワースポットとも言われ、ヨーガやアユールヴェーダ、密教などで取り入れられている概念。日本では丹田に相当するものとも言われている。

・音叉とクリスタルボウルの響宴
528Hzの音叉と水晶の楽器クリスタルボウルのハーモニーに包まれながら横になります。音による振動が細胞レベルにまで響き渡ることで、気の滞りを流していき、身も心もスッキリと再生されていきます。


【ファシリテーター】   
須藤 昇(メディテーションキャンドル作り手)
神奈川県藤沢市出身
世界最大級の脳力開発企業にて成功哲学を伝えるインストラクターとして数百名を超えるクライアントを担当。事業部の支店統括などに従事したが、なぜ成功しなければならないのか?大多数を占める失敗者と言われる人間に存在意義がないのか?という疑問を払しょくできず、成功哲学から挫折。

成功と失敗、光と闇などの二元性を越えた中心に根差した道を歩む。禅寺や洞窟での坐禅、滝や川での水行、ダンスメディテーション、ヨーガ、タントラ、修験道の根本道場である大峯奥駈道縦走などジャンルを問わず幅広く行を重ねている。


相山 千賀子(スペース Devi代表)
自然や神様への祈りが好きな幼少期を過ごす。臨床心理士14年のセラピストとしての経験で5000件以上の相談を受け持つ。2児の母でありながら一人の女性としての在り方を確立するプロセスの中にある。

タントラやクンルンネイゴンと出会い、身体の神秘体験に開かれ、2013年舞へのタオ(道)が始まる。2016年からはシャーマニズムの探求が始まり、日本やハワイにて奉納や舞台に携わりながら自然との交流を深めている。

ヒーリングサロンでは舞、祈り、ボディワークを通して、自然なままの野性と神性が開花していくサポートをしている。


Kazumi
音叉療法士 アロマセラピスト
美容業界に約20年携わる。美容と称してつくり続けられる終わりのない競争と虚飾の世界。違和感を感じつつもキャリアを重ねた代償に腫瘍を煩うにいたる。

自らの肉体にメスが入った時、真実とは何か、真の美に気付き、手探りで生の根源となるエネルギーワークの道に入る。宇宙と自然の法則から人間が起こすアルケミーに魅せられ、精油と音叉をパートナーに探究。

外側の社会に向けて作られてきた価値観や思い込みを、植物の叡智である精油と音叉の周波数により解き放ち、その人固有の根源にあるオリジナリティを取り戻す機会を提供している。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-07-19 06:29:58
More updates
Sat Jul 22, 2017
5:10 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都江東区常盤
Tickets
自由席 SOLD OUT ¥5,000
Venue Address
東京都江東区常盤1丁目 Japan
Organizer
"自然とつながる" リンクナチュラル瞑想会
157 Followers