Event is FINISHED

【チガラボFarm】湘南でぶどうをつくろう! ~ぶどうとワインの美味しい関係~

Description

今回のテーマはぶどう&ワイン。チガラボのコミュニティメンバーの高橋浩美さんとのコラボ企画です。

ゲストは、ぶどう研究者で藤沢でぶどう畑で栽培されている石村実さん。長年、ホップや麦、ぶどうの品種の研究に携わってこられた石村さんは、ワイン用の赤ぶどう品種「メイヴ」の開発にも深く関わっています。(命名の由来はお孫さんの名前!)今回は、ビティス・ビニフェラ、ラブルスカといった品種の話や、開発ストーリー、石村さんご自身のこともお話いただきながら、ワインを楽しむ時間を過ごします。

また、高橋浩美さんのご実家は、茅ヶ崎の北部、里山エリアの農家です。周辺の農家や畑が後継者不足などで元気がなくなっている現状をなんとかしたいと思い、とれたての野菜や地元の食材を使ったバーベキューイベントなどを定期的に開催されています。

実は石村さんのぶどう畑も高橋さんの農地のひとつ。これまでは「おやじの会」という集まりで、10年ほど前から栽培を続けて来ましたが、高齢のため誰かに引き継いでいきたいと考えているそうです。今回のイベントで興味を持ったら、ぶどう畑や農家のとれたてバーベキューにも足を運んでみるのもよいと思います。

こんな方にオススメです
・農業や畑に興味があり、ぶどう畑についても話を聞いてみたい
・ワインが好きでゆっくり飲みながら色々お話したい

★イベント概要★
日時:2017/8/2(水)19:00~22:00
場所:コワーキングスペース チガラボ
 茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F ※茅ヶ崎駅北口3分
参加費:一般2,500円 チガラボメンバー2,000円
 ※ワインの試飲、交流会のおつまみ・ワンドリンク含む
定員:15名

★スケジュール★
19:00~19:20 オープニング、参加者自己紹介
19:20~21:00 ぶどうとワインの美味しい話、試飲をしながら
21:00~22:00 交流会

★石村実さんのご紹介★
昭和7年生まれの85歳。
東京都江戸川区小岩の商店街で育つ。自然が好きで北海道大学農学部へ進学。卒業後はアサヒビールにて、大麦、ホップの研究、大麦の品種改良に携わった後、岩手県玉山村(現盛岡市)で、17年間ホップ・ぶどうの研究に。定年退職後、9年間シルクロードへ。ウルムチに8年夫婦で居住。現地企業に勤めながら中国人にビールのことなど教えていた。帰国後は息子の暮らす茅ヶ崎へ。「おやじの会」として、ぶどうの栽培を楽しんでいる。

Wed Aug 2, 2017
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
コワーキングスペース チガラボ
Tickets
一般 SOLD OUT ¥2,500
Venue Address
〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町13-48ワラシナビル5F Japan
Organizer
コワーキングスペース チガラボ
4 Followers