IIBA日本支部カンファレンス2017

Description
先の読めない世界のなかで、未来を創造するには、ビジネスや組織を変化させていくことが必要です。

変わりたいがなかなか変われない、そんな現場で、変化を先導するBA(ビジネスアナリスト)には、どのような人材が求められているのでしょうか?

このカンファレンスでは、
プロのビジネスアナリストの事例や経験を知ることができます。
どれも生々しい現場での挑戦や試行錯誤の中で生まれた新鮮な事例ばかり!

多くの事例や経験談を聞いた後は、ぜひ、あなた自身の経験や思いを共有してください。
様々なタイプのビジネスアナリストと出会い、熱い意見交換をして会場を出た時には、きっと変化の先導者としての自分の立ち位置や目指す方向性が発見できることでしょう。


■テーマ: プロフェッショナルなビジネスアナリストのあり方

■日 時: 2017年10月21日(土)10:00~18:00

■場 所: サイボウズ(株)東京オフィス
 東京都中央区日本橋二丁目7番1号
 東京日本橋タワー27階 Cybozu Reception Floor

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 プログラム
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
10:00~10:10 Welcomeスピーチ
 ~BA(ビジネスアナリシス)とサイボウズ~
阿部 一真氏
 ((一社)IIBA日本支部 理事/サイボウズ(株))

10:10~12:10 基調講演
「ココまでやって、初めてビジネスアナリストを名乗れ!
~古河電工における業務改革の当事者2名との議論の場~」

講演者
関 尚弘氏
 (古河ファイナンス・アンド・ビジネス・サポート(株) 代表取締役社長)
白川 克氏
 (ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ(株) バイスプレジデント)

※事前課題図書があります。


12:10~13:10 休憩

13:10~16:00 ビジネスアナリストの活動事例
 IIBA日本支部会員のプロのビジネスアナリストのみなさまに経験をお話いただきます。

 講演者
 近藤 史人氏
  ((株)第一コンピュータリソース エグゼクティブ・ビジネスアナリスト)
 栃川 昌文氏
  ((株)ビジネス・アイ 代表取締役)
 庄司 敏浩氏
  (ITコーディネータ)


16:00~18:00 オープン・ジャム・セッション
 講演や活動事例をふりかえり、参加者同士で熱い意見交換を行う場です。

※終了後、希望者による講師交えた懇親会(18:20~20:00予定)を同じフロアで行います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



◆事前課題図書: 反常識の業務改革ドキュメント (日本経済新聞社)

※事前課題図書は、必ずお読みください。
  読まれていることを前提に、講演者の方に経験を交えたお話をいただきます。 

※事前課題図書を読んで、講師に対する質問を考えておいてください。
  開催前にメールにて、質問を受付予定です。


◆参加費 (カンファレンス):  一般 5,000

※IIBA日本支部の会員 / スポンサー、FAJの会員は、割引コードの入力により、参加費 3,000円 となります。


◆参加費 (懇親会): 3,000円

※懇親会に参加される方は、チケット購入時に (懇親会あり) を選択ください。

◆募集

募集締切: 2017年10月19日 10:00
 
※募集締め切り後の返金は行いませんので、ご注意ください。


◆定員: 80名

◆主催: 一般社団法人 IIBA日本支部

◆協力: 特定非営利活動法人 日本ファシリテーション協会(FAJ)

後援:特定非営利活動法人ITコーディネータ協会

受講ポイント: 
CBAP/CCBA資格保有者はCDU(カテゴリー2C 7ポイント)の申請ができます。
ITコーディネータの方は、ITC協会後援セミナーの参加ポイント(1.75ポイント)の申請ができます。


※ビジネスアナリストについて:
ビジネスアナリシスは、ビジネスや組織を変え、社会やステークホルダーに有益な価値を生み出すための仕組みです。そして、その変化を先導するプロフェッショナルがビジネス・アナリストです。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#280570 2017-09-22 21:18:25
More updates
Sat Oct 21, 2017
10:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥5,000
一般(懇親会あり) SOLD OUT ¥8,000
Venue Address
東京都中央区日本橋二丁目7番1号 東京日本橋タワー27階(7階のスカイロビーで入館受付をします) Japan
Organizer
カンファレンス
132 Followers
Attendees
62