Event is FINISHED

若手「社会起業家」が見た光と影、そして今後のビジョン 仙台ソーシャルイノベーション・ナイト

Description
「社会起業家」と聞くと、一般的には外からの聞こえが良いものの、実際本人たちは挑戦と苦労の連続です。それでも大きな夢に向かって、もしくは社会を、地域を少しでもよくするために、彼ら、彼女らは日々その挑戦を続けています。今回のソーシャルイノベーション・ナイトでは、そんな「社会起業家」個人に焦点をあて、良い部分のみならず、苦労や挑戦、それをどう乗り越えて、その先に何があるのか、深掘りして行きたいと考えています。

ゲストには、当時学年に日本人1人だったハーバード大学学生時代に自ら企画、立ち上げた「HLAB」を、卒業後は一般社団法人化して日本で事業を推進する、一般社団法人H-LABの小林亮介氏を、初めてINTILAQにお招きします。輝かしい経歴を持つ彼自身が、「社会起業家」として感じて来たことや限界、日米における「社会起業家」像の違い、そして彼自身の今後のビジョンなど、様々な観点からお話いただく予定です。

【日時】
2017年7月27日(木)19:00〜21:30

【スケジュール】
18:30 〜 開場
19:00 〜 はじめに
19:05 〜 基調講演「「社会起業家」として見えた景色と今、そして今後のビジョン」
       一般社団法人HLAB 代表理事 小林亮介様
19:45 〜 対談セッション
       一般社団法人HLAB 代表理事 小林亮介様
       モデレーター:一般社団法人IMPACT Foundation Japan 
       エグゼクティブ・ディレクター 竹川 隆司
20:45 〜 名刺交換・交流会
21:30    終了
 
【会場】
INTILAQ東北イノベーションセンター
(仙台市若林区卸町2-9-1)
会場までの道のりはこちら
http://intilaq.jp/access/

※当センターには来場者用の駐車場はございません。
 お車でお越しの際は近隣の有料駐車場をご利用ください。

【スピーカープロフィール】

小林 亮介 様
一般社団法人HLAB代表理事 
1991年東京都生まれ。桐朋中学・高等学校卒業、高校時代オレゴン州への1年間の交換留学を経て、2009年4月一橋大学、同年9月にハーバード大学に入学。2011年にリベラル・アーツ教育事業、HLABを立ち上げ、大学卒業後の14年に一般社団法人化し代表理事。高校・大学生を対象とするサマースクールなどの教育プログラムや、海外大進学を支援する奨学金、大学に紐付かない実験的な寮の設立と運営に取り組む。三極委員会の「デイビッド・ロックフェラー・フェロー」に、アジア太平洋地域を代表して選出、また世界経済フォーラム(ダボス会議)からグローバル・シェーパーズ・コミュニティに選出。大学在学中は政治・経済学を修める。

【HLAB(エイチラボ)とは?】
ホームページ(http://tokyo.h-lab.co/)より:
「HLABは異なるバックグラウンドや想いを持った学生が集い、「リベラルアーツ」をテーマに行われる8泊9日間のサマースクールです。期間を通して、ハーバード大学をはじめとする海外大生によるセミナー、トップリーダーによる講演、大学生との会話から刺激を受け、高校生が主体的に進路を選択するきっかけ作りを目的としております。」

【主催】 仙台市/INTILAQ東北イノベーションセンター
【参加費】 無料
【定員】 60名

【お問合せ】
INTILAQ東北イノベーションセンター
mail: reception@intilaq.jp
電話:022-357-0543
Thu Jul 27, 2017
7:00 PM - 9:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
INTILAQ東北イノベーションセンター
Tickets
無料チケット FULL
Venue Address
宮城県仙台市若林区卸町2-9-1 Japan
Directions
地下鉄東西線卸町駅徒歩5分
Organizer
IMPACT Foundation Japan
883 Followers