Event is FINISHED

海の地球未来塾⑥「21世紀、人間は「海」に暮らす?」ゲスト:竹内真幸氏(清水建設・海洋都市開発リーダー) 

Description

2年目を迎える東京駅前の「触れる地球ミュージアム」。

今年は思いっきり「海」に焦点を当てます。


丸の内・行幸通り地下通路「触れる地球ミュージアム」は、昨年約3ヶ月の会期中に9万人の方々にご来場いただきました。今年は第一期(7月14日〜8月6日)、第二期(9月15日〜10月8日)に分けて開催します。


第一期のテーマは「海」。

5台のデジタル地球儀が映しだすライブの地球の姿、深海生物や海底地形、ジンベイザメがすぐ近くまで寄ってくる大迫力の「3D海中映像シアター」、身近な海・東京湾の豊かさを体感できる水中モニター展示、「子ども地球教室」やトークショーなど・・。


未来の“地球人”を育てるために、新しい視点で「海」と生命、そして海をもつ星・地球の魅力を再発見して下さい。


海の地球未来塾では、

多様なゲストとの対談で、地球と海の未来を語ります。

今回のテーマは「21世紀、人間は「海」に暮らす?」

ゲスト:竹内真幸氏(清水建設・海洋都市開発リーダー) 



地球温暖化による海面上昇や洪水リスク増大への適応策として、“沈むなら浮かんでしまえ!”という逆転の発想はどうでしょう?

 何しろNY、ロンドン、バンコク、東京・大阪など、世界のメガシティの大半が海辺に集中。中国は上海・天津など、沿岸の海抜10m以下の土地に何と1億5000万人が暮らしています。もはや防潮堤や防災避難路といった対症療法ではすまない。沿岸低地に人口を集中させてきた20世紀の産業都市の設計パラダイムが根本から問われています。

 すでに海面下の土地が多いオランダやバングラデシュでは「浮体式」の住宅や学校・病院が作られていますが、さらに革命的なソリューションを提示するのが清水建設の海洋都市構想。赤道直下の海にハスの華のような「植物型」のフローティングシティを浮かべ、海面上昇で国を失うキリバスなどの島国も救う。さらに海洋の8割を占める深海に、食糧・エネルギー・水・CO2・資源という人類的課題を一挙に解決する「海中都市」を創出する。

 もともと海に近い「親水性」都市の伝統をもつ日本人が、新たな地球都市のパラダイムを提案する、このワクワクするような未来に耳を傾けてみて下さい。


<プロフィール>

1957年 東京生まれ。

1980年3月 早稲田大学 理工学部建築学科卒。

1980年4月 清水建設入社。

オフィス設計の後、大阪支店計画設計にて大規模プロジェクト事業コンペに取り組む。

近年は本社設計本部、その後の環境・技術ソリューション本部において、全社的なLCV提案活動、eco-BCP提案活動の推進等、新しい価値を生む技術&商品の開発と提案を行っている。

200811月 海上未来都市構想GREEN FLOATを発表   (プロジェクトリーダー)

201411月 深海未来都市構想OCEAN SPIRALを発表  (プロジェクトリーダー)

201510月 海洋未来都市の技術的具現化組織を立上げ。

プロジェクトリーダーとして、技術的実現性向上(実験&解析)を中心に活動中

資格

・一級建築士(建築)

・再開発プランナー(都市)

・ファシリティマネジャー(FM)

・宅地建物取引主任(不動産)

関連団体

・日本建築学会


モデレーター:竹村真一(触れる地球ミュージアム主宰)

時間:  8/3(木) 18:00~19:00

参加費: 無料

定員:  40名

推奨:  小学校高学年以上

※参加される人数分(お子様含め)チケットの申し込みをしてください。

右側の「チケットを申し込む」という黄色いボタンを押すと人数が選択できます。


※開演時間までにお越しください。

開演時間以降は当日受付のお客様をご案内する場合がございます。

開演時間以降のご来場は、席がご用意できない場合がございますことをご了承ください。



「触さわれる地球」とは?


“地球目線”でものを見て考える、文字通りの「地球人」を育てたい。そんな思いから

発案者竹村真一(京都造形芸術大学教授、Earth Literacy Program代表)が中心となって開発した、世界初のインタラクティブなデジタル地球儀です。リアルタイムの気象情報や地震・津波、渡り鳥など生物の地球移動、大気汚染、地球温暖化など、生きた地球の姿を実際の地球の1000万分の1の球体にダイナミックに映し出します。


イベントの一覧や詳細はwebサイトをご覧ください。

http://earth-museum.jp/marunouchi/

<イベント&セミナー/ワークショップ>

◆子ども地球教室

「触れる地球」を使って地球のふしぎ、地球の未来について考えます。子ども(小学校高学年以上)にでもわかりやすく解説します。

講師:竹村真一 +「触れる地球」ナビゲーター

1.宇宙人もびっくり!海と大陸がある、この星の奇跡

2.海の生きものに学ぶ〜お手本は自然です!

3.日本の海は宝の海?〜水産資源・鉱物資源・新エネルギー

4.海と地球温暖化~未来の天気は海が決める

5.海と人類の未来〜新たな海とのつながりをデザインする

場  所  Aゾーン

開催日時  7月14日(金)~8月6日(日)14:00~14:45

定  員  40名

参加費用  無料

申し込み  事前予約制

◆海の地球未来塾

多様なゲストとの対談で、地球と海の未来を語る。

モデレータ:竹村真一(触れる地球ミュージアム主宰)

場  所  Aゾーン

開催日時  7月17日(月)15:00~16:00 <親子向け>

      「見えてきた!海の生きものの本当の姿」

      ゲスト:渡辺佑基氏(国立極地研究所・准教授)

      

      7月22日(土) 15:00~17:30 <2部構成>

      「海と人間—新たな共生の道を探る」

      ゲスト:渋谷正信氏(プロダイバー・海洋エネルギー漁業共生センター)

      7月27日(木)18:00~19:30

      「海と地球温暖化、気候変動」

      ゲスト:山形俊男氏(東京大学名誉教授)

          ※エルニーニョ、海の温暖化の世界的権威

      7月29日 (土)  15:00〜16:00 <親子向け>

      「海からはじまる未来の天気予報」 

      ゲスト:森田清輝氏(気象予報士、ウェザーニューズ執行役員)

      7月30日(日)15:00~16:00 <親子向け>

       「海をどう理解し、どう守る?」

      ゲスト:佐藤圭一氏(沖縄・美ら海水族館副館長)

      8月3日(木)18:00~19:30

       「21世紀、人間は「海」に暮らす?」

      ゲスト:竹内真幸氏(清水建設・海洋都市開発リーダー)

定  員  40名

参加費用  無料

申し込み  事前予約制

<展示>

◆地球ラウンジ

国連でも使われている世界最先端のデジタル地球儀「触れる地球」を5台展示。ライブの地球儀と美しいプロジェクション・マッピングで生きた地球と海の面白さを体感いただきます。地球ナビゲーターが、お客様に分かりやすく地球の触り方やコンテンツをご紹介します。

(表示コンテンツ:リアルタイムの台風の発生・気象情報、人工衛星が観測した海水温の変動と台風の関係、地球温暖化や北極海氷の現象、海流やクジラ・マグロなど海の生物の地球規模の変動、津波のひろがりなど)

場  所  Aゾーン

開催日時  7月14日(金)~8月6日(日)11:00~19:00

定  員  随時受け入れ、最大収容人数40名

参加費用  無料

申し込み  なし

◆3D/4Kで体感する「海」のなかの世界

特設シアタールームで3Dメガネを着用いただき、飛び出す3D映像で海中世界を体験いただきます。色とりどりの魚やジンベイザメが、すぐそばまで泳いでくる様子をご覧いただけます。

場  所  Bゾーン

開催日時  7月14日(金)~8月6日(日)11:00~19:00

上映時間  9分 1時間4回、1日32回上映

定  員  40名

参加費用  無料

申し込み  当日先着順

◆知っているつもり?東京湾

身近な海・東京湾の隠れたすごさ、東京湾の豊かさを知る水中散歩などについてのパネル展示。

場  所  Bゾーン

◆東京駅前・丸の内、海の記憶

徳川家康が埋め立てる400年前まで、ここは「海」だった!そんな海辺の街・丸の内の歴史をひもとき、都市の未来を海との関わりで紹介します。パネル展示のほか、大手町・丸の内・有楽町地区都市模型を設置し、プロジェクションマッピングによる紹介映像を随時投影。

場  所  Bゾーン

◆海のコリドール

テーマにそって、40本の円柱に、地球の姿、日本の技術力・企業力が切りひらく新たな地球の未来ビジョンをポスター展示。

場  所  行幸地下通路(円柱)



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#265426 2017-07-28 23:46:35
More updates
Thu Aug 3, 2017
6:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都千代田区丸の内2-4-1先
Tickets
一般 FULL
Venue Address
東京都千代田区丸の内2-4-1先 Japan
Organizer
丸の内・行幸通り「触れる地球ミュージアム」2017
1,121 Followers