つながる世界の「利用時の品質」確保のための活用ガイドライン ~安心安全で快適なUXの実現をソフトウエア品質から読み解く~

Description
情報処理推進機構(IPA/SEC)において、「つながる世界の利用時の品質」のあるべき取り組み方の方向性と配慮すべき視点をまとめました。この成果を元に、HCD専門家が独自の事例収集や詳細解説を加え、より現場で活用できるガイドラインとチェックポイントを「利用時の品質(UX)確保のための活用ガイド」として整理しました。このセミナーでは、そのガイドの活用方法や具体的な内容に関して解説いたします。
また実践事例として、富士通における利用時の品質(UX)の考え方や、社内のデザイン部門・品質保証部門の連携による取り組みについて紹介します。

HCD/UXDの専門家はもちろんのこと、経営層から現場の技術者まで幅広い方々にIoT時代(つながる世界)における利用時の品質(UX)をいかに確保してゆくかを理解していただく貴重な機会です。是非、ご参加ください。
なお、8月8日(火)に京都でも同様なセミナーを企画しております。

◆日時/場所
・2017年7月31日(月) 16時~18時 (懇親会あり)
・東京/田町 芝浦工業大学芝浦キャンパス 3階307教室

◆プログラム
15時30分~     受付
16時00分~16時10分 はじめに
16時10分~16時30分 利用時の品質活用ガイドの狙いと位置づけ
           HCD-Netビジネス支援事業部 早川誠二氏
16時30分~17時10分 利用時の品質に関するガイドラインとチェックポイントの解説
           HCD-Netビジネス支援事業部 伊藤 潤氏
17時10分~17時50分 デザインと品質保証:二つの立場からの利用時品質・UX
           富士通デザイン株式会社 松本啓太氏
17時50分~18時00分 アンケート回答

18時15分~20時30分 懇親会(希望者)

◆対象者
・HCD専門家
・HCD/UXD実践者
・マネジメントを含む製品・システム・サービスの企画、開発、設計、保守運用関係者

◆対象HCDコンピタンス
A5:ユーザー体験の構想・提案能力
A6:ユーザー要求仕様作成能力
C1:組織導入能力

◆参加費 (報告書「つながる世界の利用時の品質勝代ガイド」付)
HCD-Net正会員 4000円
HCD-Net賛助会員 4000円(2名まで)
HCD-Net学生会員 1000円
一般 6000円
一般学生 2000円

◆懇親会費(一律) 3500円

◆定員
セミナー 50名(先着順)
懇親会 30名(先着順)


Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-07-05 08:10:51
Mon Jul 31, 2017
4:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京/田町 芝浦工業大学芝浦キャンパス 3階307教室
Tickets
HCD-Net正会員 ¥4,000
HCD-Net学生会員 ¥1,000
HCD-Net賛助会員(2名まで1人当たり) ¥4,000
一般 ¥6,000
一般学生 ¥2,000
懇親会(一律) ON HOLD ¥3,500

Combini / ATM payment will be closed at the end of Jul 30, 2017.

Venue Address
〒108-8548 東京都港区芝浦3-9-14 Japan
Directions
http://www.shibaura-it.ac.jp/access/shibaura.html
Organizer
人間中心設計推進機構(HCD-Net)
283 Followers
Attendees
37