Event is FINISHED

木谷美咲×村田沙耶香×藤野可織 「女たちが愛でる、植物の美とエロス」 『官能植物』(NHK出版)刊行記念

Description

木々や花の姿かたちには、官能が宿っている……。

皆さんの中には、植物に対して、密かにエロスを感じたことがある人も少なくないでしょう。刹那に消え去ってしまう、ささやかな欲情の断片。それらを丁寧にたぐり寄せ、編み上げた『官能植物』という本が、いま、静かな話題を呼んでいます。

身近な観葉植物からアフリカ南部の珍しい寄生植物に至るまで、35の植物を取り上げた本書。漆黒の闇を背に、怪しく輝く植物の生(=性)を、精緻かつ美麗に写し取った写真は圧巻。写真集としても、書棚で存在感を放つ一冊です。

著者は、本書の構想・執筆・制作に10年(!)を費やしたという、食虫植物愛好家・木谷美咲さん。当日は、彼女をそこまで駆り立てた原動力である、植物への偏愛を存分に語っていただきます。

そして、宵の一時を共にするのは二人の芥川賞作家、村田沙耶香さんと藤野可織さん。作家仲間たちと植物愛好会をつくって活動しているという、お二人の“植物愛”は揺るぎないものです。

木谷さんは、そして作家たちはなぜ、これほどまでに植物に魅せられるのか?

心も騒ぐ、真夏の夜。彼女たちが繰り広げる魅惑の植物トークに、ぜひ耳を傾けてください。

●プロフィール

木谷美咲(食虫植物愛好家、文筆家)

1978年東京都生まれ。食虫植物愛好家、文筆家。食虫植物に出合って、形や生態に魅せられる。執筆活動のほか、テレビやラジオへの出演、イベントへの参加などを通じて、植物の魅力の紹介と普及につとめる。著書に『大好き、食虫植物』(星野映里名義/水曜社)、『マジカルプランツ』(山と渓谷社)、『私、食虫植物の奴隷です。』(水曜社)、『不可思議プランツ図鑑』(絵・横山拓彦/誠文堂新光社)、『世界一うつくしい植物園』(監修・森田高尚/エクスナレッジ)などがある。

村田沙耶香(作家)

1979年千葉県生まれ。小説家。2003(平成15)年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞受賞。著書に『マウス』(講談社文庫)、『星が吸う水』(講談社文庫)、『ハコブネ』(集英社)、『タダイマトビラ』(新潮社)、『殺人出産』(講談社)、『消滅世界』(河出書房新社)などがある。

藤野可織(作家)

1980年、京都府生まれ。小説家。2006年に「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞、2013年に「爪と目」で第149回芥川龍之介賞を受賞。著書に『いやしい鳥』(文藝春秋)、『パトロネ』(集英社)、『ぼくは』(フレーベル館)、『爪と目』(新潮社)、『おはなしして子ちゃん』(講談社) 、『木幡狐』(講談社)『ファイナルガール』(角川文庫)などがある。

7/21FRI)木谷美咲×村田沙耶香×藤野可織

「女たちが愛でる、植物の美とエロス」

『官能植物』(NHK出版)刊行記念

木々や花の姿かたちには、官能が宿っている……。

皆さんの中には、植物に対して、密かにエロスを感じたことがある人も少なくないでしょう。刹那に消え去ってしまう、ささやかな欲情の断片。それらを丁寧にたぐり寄せ、編み上げた『官能植物』という本が、いま、静かな話題を呼んでいます。

身近な観葉植物からアフリカ南部の珍しい寄生植物に至るまで、35の植物を取り上げた本書。漆黒の闇を背に、怪しく輝く植物の生(=性)を、精緻かつ美麗に写し取った写真は圧巻。写真集としても、書棚で存在感を放つ一冊です。

著者は、本書の構想・執筆・制作に10年(!)を費やしたという、食虫植物愛好家・木谷美咲さん。当日は、彼女をそこまで駆り立てた原動力である、植物への偏愛を存分に語っていただきます。

そして、宵の一時を共にするのは二人の芥川賞作家、村田沙耶香さんと藤野可織さん。作家仲間たちと植物愛好会をつくって活動しているという、お二人の“植物愛”は揺るぎないものです。

木谷さんは、そして作家たちはなぜ、これほどまでに植物に魅せられるのか?

心も騒ぐ、真夏の夜。彼女たちが繰り広げる魅惑の植物トークに、ぜひ耳を傾けてください。

●プロフィール

木谷美咲(食虫植物愛好家、文筆家)

1978年東京都生まれ。食虫植物愛好家、文筆家。食虫植物に出合って、形や生態に魅せられる。執筆活動のほか、テレビやラジオへの出演、イベントへの参加などを通じて、植物の魅力の紹介と普及につとめる。著書に『大好き、食虫植物』(星野映里名義/水曜社)、『マジカルプランツ』(山と渓谷社)、『私、食虫植物の奴隷です。』(水曜社)、『不可思議プランツ図鑑』(絵・横山拓彦/誠文堂新光社)、『世界一うつくしい植物園』(監修・森田高尚/エクスナレッジ)などがある。

村田沙耶香(作家)

1979年千葉県生まれ。小説家。2003(平成15)年「授乳」で群像新人文学賞(小説部門・優秀作)受賞。2009年『ギンイロノウタ』で野間文芸新人賞、2013年『しろいろの街の、その骨の体温の』で三島賞、2016年「コンビニ人間」で芥川賞受賞。著書に『マウス』(講談社文庫)、『星が吸う水』(講談社文庫)、『ハコブネ』(集英社)、『タダイマトビラ』(新潮社)、『殺人出産』(講談社)、『消滅世界』(河出書房新社)などがある。

藤野可織(作家)

1980年、京都府生まれ。小説家。2006年に「いやしい鳥」で第103回文學界新人賞、2013年に「爪と目」で第149回芥川龍之介賞を受賞。著書に『いやしい鳥』(文藝春秋)、『パトロネ』(集英社)、『ぼくは』(フレーベル館)、『爪と目』(新潮社)、『おはなしして子ちゃん』(講談社) 、『木幡狐』(講談社)『ファイナルガール』(角川文庫)などがある。

【出演】

木谷美咲(食虫植物愛好家、文筆家)

村田沙耶香(作家)
藤野可織(作家)


Fri Jul 21, 2017
8:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
B&B
Tickets
前売/席確保(1500+500yen 1drink) SOLD OUT ¥2,000
Venue Address
東京都世田谷区北沢2-12-4 2F Japan
Directions
下北沢駅南口徒歩30秒
Organizer
本屋B&B
23,190 Followers