Event is FINISHED

【満員御礼! 7/15(土)舞妓さん撮影会in京都祇園】個人撮影時間あり!誰にも邪魔されず、本物の舞妓さんを撮影できる!プロカメラマンによる直接指導のもと京都祇園の町屋で撮影!《初参加・iPhone参加大歓迎》

Description

《ポイント①》
個人撮影時間あり!誰にも邪魔されず、本物の舞妓さん(芸妓さん)を撮影できる!《ポイント②》
写真の撮り方からモデルさんとの接し方までプロカメラマンが直接指導してくれる!《ポイント③》
京都祇園の町屋(本屋)で特別なシチュエーションで撮影できる!
《ポイント④》
モデルさんの舞妓さん・芸妓さんとお話する時間あり!

こんにちは。天狼院書店スタッフの山中です。

2017年1月、天狼院書店「京都天狼院」が京都は祇園にグランドオープンいたしました。

2013年に東京池袋に1号店をオープンしてからはや3年。
小さな書店ではありますが新刊書店として、書籍の販売はもちろん。美味しいコーヒーとパン、Wi-Fi、電源を完備したり、さらには店内にこたつを置いたりとご購入後の本を楽しむ空間も提供してまいりました。また、「READING LIFE~本のその先の体験~」をテーマに掲げ、体験を通してもっともっと「本」の内容を深く楽しんでもらおうと様々なイベントを開催してまいりました。

お勧めしたい大好きな書籍の著者の方に天狼院の店長になってもらう「1日店長」。はたまた、当社が行う書籍編集業務のノウハウを生かし、これから本になり得る内容をイベントとして体験できる「プロフェッショナルゼミ」など本を読んだその先も、書籍ができるその前も「本」をとことん楽しめる書店を目指して日々様々なことに挑戦しております。

そんな数あるイベントの中でもオープン当初から一番の人気のイベントがあります。本屋が行う写真教室、通称「天狼院フォト部」です。

本屋が部活??とクエスチョンマークが飛び出しそうですが、部員はスタッフではなく天狼院のお客様。顧問の先生は実際に活躍されているプロの写真家の方をお招きします。講義、ワークショップを通して基本的な使い方や撮影技術はもちろん、カメラマンならではの瞬間の切り取り方、物の見方まで多くのことを直接学ぶことができるのです。

大きなテーマは「写真を楽しむこと」。一眼レフなどの本格的なカメラをお持ちの方から、iPhoneなどのスマートフォンで参加される方まで、カメラ歴や機種などは一切関係なし!まるで部活動のように様々な方と楽しみながら、切磋琢磨して写真の腕を磨いております。なんと現在累計参加人数は1800人以上となりました!

そんな私もスタッフではありますが、いちフォト部員として、一眼レフカメラをお供に、ここ三年様々な写真を撮ってきました。それこそ、始めたばかりの頃はピントの合わせ方すら良くわからなかったけれど、フォト部に参加し、基本的な使い方から、瞬間の切り取り方、カメラマンとしての物の見方まで教わっていくうちに、さらにさらにカメラが大好きになっていきました。プロに直接教わる事ができて、写真を見せ合う仲間がいて、本当になんとも贅沢な環境で学ぶ事ができているなぁとしみじみしてしまいます。

教われば教わるほど、わからない事はなくなっていくけれど一方で、できることの幅が増えた分、「こんな風に撮影したい!」「ここに行ってあの風景が撮りたい!」「こんなシチュエーションに挑戦したい!」など、やりたいことや、人生のうちでいつかは実現したいと思う夢が増えていきました。


しかし、そんな夢の一つが、今、ここ京都で叶おうとしています、

京都という町には、以前からよく足を運んでおりました。それこそカメラをやるようになってからは何度も。
というのも、寺社仏閣など歴史的な建造物はもちろんですが、京都は風景や街並み、人の営みや、細い道の一本まで、何気ないもの一つ一つがどれも輝いて見えるのです。どこもかしこもキラキラ、キラキラ。
憧れの町でカメラを片手に大興奮しているわけですが、そんな輝きを写真にどうおさめようかと立ち止まっては何度もファインダーを覗くけれど、なかなかシャッターをきれないこともしばしばでした。
これはカメラを趣味にしていなくても、写真を撮ることのできる何かしらを持っている人ならば誰しもが感じることかもしれません。

しかし、そんな輝く街京都の中でも日ときは光を放つ存在があります。京都は祇園の街を歩いていると運が良ければ出会うことのできる「舞妓さん」です。
その輝きは決してギラギラと強すぎることはなく、はんなり淡く、時にはきりりと美しく私たちの目を奪います。

たまたま道で見かけることができた時には「運が良かった!」とさっきまシャッターを切るのをためらっていたのが嘘のように、思わず何枚も撮影をしてしまうのです。

しかし、それはもちろん私に限ったことではありません。
いつの間にか周りにはカメラマンの円ができていて、カメラマンによる撮影ポジション争いが勃発します。そんな時は周りを写さないように、写真に舞妓さんだけを納めようと望遠レンズを装着し、ズームを使って遠くから撮影するしか方法はありません。

しかし、撮れた写真を見返せば、焦っていたせいかなかなか思ったような写真が撮れていないことがほとんど。
その中で「これいい写真!」と思うものが数枚あっても、町中で他の人と同じように撮影している写真はどこか見たことのあるありきたりなものしか撮れないというのがほとんどです。

「いつか、舞妓さんを1対1で撮影したい」
「町中ではなく、どこかぴったりなロケーションを見つけて、自分の作品として舞妓さんをモデルに撮影がしたい」

と、そんな夢を思い描くようになりました。
しかし、どう考えても私には舞妓さんを呼ぶお金はありません。いくらかかるものなのか見当もつきません。
そもそもロケーションをセッティングする時間もなければ、それを準備できるようなツテも全くもってありません。
人生のうちでそんなことが実現できるのかさえ見当もつかないのです。

夢は、夢。いつかそんなチャンスがあったらいいなぁ。とそんな風に考えたことがあるのは私だけではないのではないでしょうか?

しかし、この度、本当に本当にスペシャルな企画として、この夢のまた夢のようなことが「京都天狼院」で実現しようとしています。

京都天狼院オープンを記念して「舞妓さん撮影会」をスペシャル開催することなったのです!!

1月29日撮影会の様子(撮影:川上哲平)

オープニングイベントとして開催されたこちらの舞妓さん撮影会は10名限定でイベント公開したところ、5日間で定員オーバー。書店の中での撮影会。普段、舞妓さんを撮られている方もなかなか撮ることのできない一枚を撮影することができました。なかなかできない1対1での撮影。大盛況のち、幕を下ろしました。

行きたかったけれど、行けなかった!
予定が合えば参加したかった!
もっともっと写真を撮りたかった!

という声もいただき、この度パワーアップして舞妓さん撮影会を開催できることが決定いたしました!!
お越しいただく先生はプロカメラマンの川上哲平さん。京都祇園を中心に舞妓さんを撮影されている写真家さんです。



一枚一枚、一人一人がそれぞれ魅了を放つ、素敵なお写真ばかり。
お着物をきりりと決めて、意思のある瞳が印象的な一枚があるかと思えば、舞妓さんも一人の女の子なんだと気付かされるような笑顔が眩しい一枚がある。私が思い描いていた作品としての舞妓さんの写真の理想がそこにはありました。どれもこれも見ていてため息が出てしまいます。
「川上さんのとられる舞妓さんはどうしてこんなに舞妓さんを映し出せるんですか?」素朴な疑問にこんな答えが返ってきました。

「僕は彼女たちそれぞれの『STORY』を写し出しているんです」

なるほど。思わず納得してしまいました。全国から様々な思いを持って京都にやってくる舞妓さんたち。
一人一人に夢があって、思い出があって、大切なものがあって、意思がある。
そんなそれぞれの「STORY」を意識して撮影をしているからこそこんなにも素敵な写真が撮れるのです。

会の始めは川上さんに「舞妓さんの魅力の引き出し方」を、講義をいただけることとなりました!!
そして本当にご縁で川上さんに舞妓さんをモデルさんとして天狼院にお呼びいただけることとなったのです!!!

撮影場所は半年に渡り、職人さんに作り込んでいただいた町屋の「京都天狼院」。

京都天狼院の様子


京都天狼院の様子


京都は祇園というまさに!な場所で、坪庭もある店内に舞妓さんがたたずむ姿を想像するともう頭の中で何枚もシャッターを押してしまいそうです。



撮影会の様子(撮影:川上哲平)

はたまた、書店、カフェと言うシチュエーションで撮影することも、他にはない写真が撮影できること間違いなしです。
本物の舞妓さんに、その道のプロの指導に、町屋に、京都祇園というベストスポット。こんな撮影会ができるのも「京都天狼院」だからこそ。
どうしよう、夢が、絶対に叶わないと思っていた夢が運命的に実現しようとしていることに私自身が焦ついていけていないような状況です。

つまりは、
《ポイント①》
個人撮影時間あり!誰にも邪魔されず、本物の舞妓さん(芸妓さん)を撮影できる!
普段、京都は祇園で実際に活躍されている舞妓さんをモデルさんにお呼びします!1対1でコミュニケーションをとることでポーズや表情など、、自分の思い描いていた写真を撮影することができます!

《ポイント②》
写真の撮り方からモデルさんとの接し方までプロカメラマンが直接指導してくれる!
会の最初はプロカメラマン川上哲平氏による「舞妓さん撮影講座」を開催いたします!モデルさんとのコミュニケーションの仕方や、自分らしい写真を撮影をするために大切な事など、お話いただきます!カメラの技術的なお話ばかりではないので、本格的なカメラをお持ちでない方もご参加いただけます!

《ポイント③》
京都祇園の町屋(本屋)で特別なシチュエーションで撮影できる!
撮影場所は京都祇園にあります「京都天狼院」。昔ながらの町屋であり、本屋であり、カフェである当店で、他では撮影できない写真が撮影できること間違いなし!坪庭で灯篭とともに。畳でこたつと一緒に。天窓からの光を使ってなどなど、京都天狼院だからこそ撮影できる写真に、今から想像が膨らみます!

《ポイント④》
モデルさんの舞妓さん・芸妓さんとお話する時間あり!

撮影の前には、モデルとなっていただく舞妓さん、芸妓さんとのお話タイムをもうけます!「どんな写真が好きか」「どう撮ってもらうのが嬉しいか」などなど、コミュニケーションをした上で撮影ができるので、普段とはまた違うリラックスした表情を捉えられるかもしれません!


というわけです。
はぁ。天狼院にいてよかった、天狼院が京都にできて本当によかった!!!!!
とにかく舞妓さんを撮影したい!
京都らしいことがしたい!
せっかくのカメラを使いこなしたい!
スマートフォンでも素敵な作品が撮りたい!
プロに直接教わりたい!
他の人に写真を発表できる場が欲しい!
和服の撮り方が知りたい!
写真が趣味の仲間が欲しい!
旅行で京都を回る前に写真のコツを教えてもらいたい!

などなど、初心者の方も大歓迎です。
ちょっとしたコツで、写真は劇的に変わります。
皆様のご参加お待ちしております!

【日程】
日時:7月15日(土)11:00 -15 :00
10:45 受付開始
11:00 プロカメラマン川上哲平による「舞妓さん撮影講座」(講義前半)
    休憩
12:00 舞妓さんを囲んでのディスカッション(講義後半)
12:30 全体撮影
13:00 個別撮影
14:00 撮影終了
    休憩
14:30 写真発表
15:00 イベント終了

会場:天狼院書店「京都天狼院」
〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5
定員:12 名
部費:15,000円
*前回(6/4)ご参加の方は割引価格にてご案内させていただきます。

《持ち物》
カメラ(一眼カメラが望ましいですが、デジカメ、iPhoneでも大丈夫です!)
※三脚等の大きな機材の持ち込みは禁止です。ご了承ください。
《講師プロフィール》

川上哲平
1986年生まれ。
中学生の時に製作したビデオレターがきっかけとなり映像の持つ力に魅了され写真を始める。
プリントショップを経て23歳でカメラマンとして独立。
京都の花街文化と出会い、仕事の傍ら作品家として京都の舞妓・芸妓を中心に「和と京都の自然」をテーマにした作品を作り始める。
心のストレスを和らげる「優しい」をテーマに作品作りをしている。
《モデル》coming soon ......
【お支払い方法】
こちらのイベントは事前決済制です。お支払い確認出来次第お申し込み完了となりますのでご注意ください。(当日店頭での決済をご希望の方はお電話より、ご予約ください)
【お支払い方法】
こちらのイベントは事前決済制です。お支払い確認出来次第お申し込み完了となりますのでご注意ください。
(当日店頭での決済をご希望の方はお問い合わせブースまたはお電話より、ご予約ください)
*銀行振込、店頭決済ご希望の方はお問い合わせブースまたはお電話より、ご連絡ください。
【天狼院書店へのお問い合わせ】
お問い合せフォーム
京都天狼院:TEL 075-708-3930

天狼院書店「京都天狼院」2017.1.27 OPEN 〒605-0805 京都府京都市東山区博多町112-5 TEL 075-708-3930 FAX 075-708-3931kyotomap

【天狼院書店へのお問い合わせ】
お問い合せフォーム
TEL:03-6914-3618(東京天狼院)


Updates
  • タイトル は 【満員御礼! 7/15(土)舞妓さん撮影会in京都祇園】個人撮影時間あり!誰にも邪魔されず、本物の舞妓さんを撮影できる!プロカメラマンによる直接指導のもと京都祇園の町屋で撮影!《初参加・iPhone参加大歓迎》 に変更されました。 Orig#262170 2017-07-14 11:57:27
More updates
Sat Jul 15, 2017
11:00 AM - 3:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
天狼院書店「京都天狼院」
Tickets
一般 SOLD OUT ¥15,000
天狼院プラチナクラスの方 SOLD OUT ¥7,500
前回(6月4日)ご参加の方 SOLD OUT ¥13,000
Venue Address
京都府京都市東山区博多町112−5 Japan
Organizer
京都天狼院
278 Followers