中小企業経営者のための資金繰り改善セミナー

Description
多くの中小・零細企業経営者が頭を悩ましている「資金繰り」対策。


この資金繰り対策に「平事の対策」と「有事の対策」があるのをご存知ですか?


この違いを知らないと、「有事」にも関わらずに「平事の対策」をとってもなんの意味もないどころか、むしろ大打撃を受ける可能性があります。


さらに「平事」の時から備えておくと財務体力が強化されることで、安定した企業経営が可能になります。


「平事のスペシャリスト」と「有事のスペシャリスト」が語る「中小企業経営者のための資金繰り改善策」をぜひ知っておいて下さい。


※経営者以外の方々(税理士・公認会計士・弁護士・銀行員・保険営業パーソン)のご参加も大歓迎です。

※定員は30名となっており、定員になり次第、締め切りとなりますのでお早めにチケットをご購入下さい。

<キャンセルポリシー>
なおセミナー開始前までのキャンセルにつきましては、受講料を返金致しますが、セミナー開始後に受講されなかった場合の返金は致しませんので、あらかじめご了承くださいませ。


第一部 15:00〜15:50
中小企業経営者が知っておくべきお金の残し方

講師 
株式会社FPイノベーション 代表取締役 奥田 雅也

<講師紹介>

中堅損保・大手会計事務所・大手保険代理店を経て2012年に独立開業。企業のリスク管理と経営者のファイナンシャルプランニングに精通し、過去20年間で東証一部上場企業から零細企業まで2,500社以上もの実績を誇る。特に中小零細企業経営者に対するファイナンシャルプランニングのエキスパートとして、数百社のコンサルティング実績がある。



第二部 16:00〜19:30
法律家が絶対に話さない借金の真実

講師
株式会社MEPたちばな総研 代表取締役 たちばな はじめ

<講師紹介>
平成21年に、父親から引継いだ6億円の債務で資金繰りに困窮し自己破産を検討。しかし、自己破産にも資金が必要な事、弁護士から350万円掛かると言われ断念。

信頼を置いている知人の紹介により、知り合った金融コンサルの指導で借入金返済債務にも時効がある事を知り、それをクライアントに話さない弁護士に嫌気が差し、以後弁護士との接見を行わず、任意整理もせず、6億円の金融債務返済を毎月元利返済180万円を約2ヶ月後、合法的に返済元利毎月5千円に圧縮することに成功する。

そして、資金繰りは爆発的に改善する。現在も社長業を継続し13年目を迎える。返済額圧縮によってねん出した資金を合法的に流用し39歳で自宅の住宅ローンを29年分一括返済する。

自らの経験談を各地で話し、既に1,000名以上の個別相談に乗り、日々クライアントに 適した手段で救済を行っている。


なぜセミナーを開催しているのか?

日本国内の年間自殺者数は約2,6万人、これは既遂者であり、未遂者はこの9.7倍。
そしてそのうち借金などの経済的理由が約35%、よって年間10万人以上が借金で自殺を意識する社会状況下で「金融システムの不健全さ(債権者・債務者の不平等関係)」「法律家の見識の低さ(自己破産する事の無意味さ)」 を自ら痛感。

その体験から約6億円の負債から経済的に立ち直ることができた私自身の経験・ノウハウをセミナー 参加者限定ですべてをお話しています。

そうすることで資金繰りに困窮している方はもちろん、図らずもこれから 資金繰りが困窮した時にでも、知って頂くだけで“喋る人命救助”になると考え、講演活動に励んでおります。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-07-17 06:49:11
Tue Aug 8, 2017
3:00 PM - 7:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
東京都千代田区神田小川町2-1-7 日本地所第7ビル あすか会議室902号室
Tickets
セミナー受講料 ¥5,400

Combini / ATM payment will be closed at the end of Aug 7, 2017.

Venue Address
東京都千代田区神田小川町2-1-7 Japan
Organizer
株式会社サンライズコーポレーション
91 Followers
Attendees
15