Event is FINISHED

第二回 二子玉川 Wikipediaタウン & OpenStreetMap マッピング

International Open Data Day in Japan 2014 (二子玉川)
Description
本イベントは、横浜市で継続開催中のワークショップ「横浜をWikipediaタウンにしよう!」の二子玉川版/連携企画です。前回の第一回開催では、かつて二子玉川と渋谷を「繋いだ」重要な都市インフラであった「渋谷町水道」をテーマに、土木学会選奨 土木遺産として有名な「駒沢給水所」や世田谷区地域風景資産「砧下浄水所」について、駒沢給水塔風景資産保存会(愛称:コマQ)の資料提供/及びアドバイスのもと「オープンな地域データ」として Wikipediaページ と OpenStreetMapデータ を作成し、「地域資産の発見/アーカイブ化」を行いました (第一回開催成果について) 。

第二回開催となる今回は、二子玉川周辺に今も残る「世田谷の近代建築」などをテーマに、対象資産の調査を介して背景にある「地域の歴史」等を参加者の皆様と「深耕」し、引き続きオープンな地域データの作成/アーカイブ化を進めたいと思います。

なお、本ワークショップでは、WikipediaやOpenStreetMapの編集経験の有無は問いません。初心者の方には、各々の分野のエキスパートがサポート致しますので、初めての方でも安心して御参加ください。


開催概要

当日の進行(予定)

  • 13:30~13:40 オープニング
  • 13:40~13:55 講演:世田谷の 地域風景資産 について
  • 13:55~14:10 講演:世田谷の 近代建築 について
  • 14:10~15:30 現地調査
  • 15:30~17:30 Wikipedia 執筆 及び OpenStreetMap マッピング作業
  • 17:30~18:00 各チーム成果発表

注意事項

  • 現地調査に際して、会場から電車/バスでの移動が発生しますが、調査地点への往復の交通費は参加者にて御負担頂きます。
  • Wikipediaページの編集を行う方は、ノートPC(キーボード付のタブレットでも可)ならびにデジタルカメラ(スマートフォンでも可)を持参ください。また、事前にWikipediaアカウント登録を行って頂くことを推奨致します。
  • OpenStreetMapのマッピングを行う方は、ノートPCおよびマウスを持参頂くこと、事前にOpenStreetMapアカウント登録を行って頂くことを推奨いたします。
  • 会場(カタリストBA)にはWi-Fiが用意されています。
※ヘッダー画像の出典:駒沢給水塔風景資産保存会提供 (第一回 二子玉川Wikipediaタウンにて CC-BY 3.0 ライセンス で提供された「駒沢給水塔 竣工」 当時の貴重な写真)

Event Timeline
Updates
  • タイトル は 第二回 二子玉川 Wikipediaタウン & OpenStreetMap マッピング に変更されました。 Diff 2014-02-08 01:56:36
More updates
Sat Feb 22, 2014
1:30 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般参加(無料)

On sale until Feb 22, 2014, 11:30:00 AM

Venue Address
東京都世田谷区玉川2-21-1 Japan
Directions
会場は二子玉川ライズ・リバーフロント(オフィス棟)の8階になります。オフィス棟1階正面入り口右手のシャトルエレベーターで6階ロビー階にあがり、そこから低層階用エレベーターに乗り継ぎ8階へお越しください。なお、当日は土曜日ですが正面入口からセキュリティカード無しで入館可能です( http://catalyst-ba.com/access.html )
Organizer
写真で紐解くたまがわの会
30 Followers