Event is FINISHED

未来の学びワークショップ

~タブレット学習の学校現場での実践例と導入方法~
Description
未来の学び研究会は、3月29日(土) 16時から、学校現場でのタブレット学習について知り、考えるワークショップを開催いたします。

私立関東第一高等学校にて教頭・校長・理事長に提案してタブレットを購入、
全教員を巻き込んで情報化準備委員会を設置、
現在タブレットや電子黒板を活用しアクティブラーニングや反転授業を行っている
横山北斗教諭をお招きいたします。

模擬授業やグループディスカッションを中心に、タブレット学習の学校現場での実践例と導入方法を深く理解して頂ける内容となっております。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

==開催概要==
■名称:未来の学びワークショップ~タブレット学習の学校現場での実践例と導入方法~
■主催:未来の学び研究会
■時間:2014年3月29日(土)15:30開場、16:00〜19:00開演
■会場:有楽町電気ビル 北館 17階 トーマツセミナールーム 17-03 / 17-04
   http://bit.ly/1ibtCp5
■登壇者:
横山北斗氏 私立関東第一高等学校 教諭(数学科)

■参加者:
私立学校の教師の方
(公立学校の教師の方にもご参加頂けますが、内容は私立学校におけるタブレット学習の実践例と導入方法の紹介が中心になります。)
ICT教育に関心のある、教育・IT関係者

■定員:40名

■内容:
15:30 開場

16:00 開会挨拶

16:05-16:35 模擬授業 「横山北斗教諭による、タブレットを活用した模擬授業」
- 関東第一高校にてタブレットを活用してアクティブラーニング・反転授業を推進している横山北斗教諭に、数学の授業をして頂き、参加者の皆様に体験して頂きます。

16:35-17:40 グループディスカッション 「より良いタブレット学習のために」
- 模擬授業を受けた上で、
1. より良いタブレット学習への改善点
2. タブレットが生徒全員に導入された場合、どういった授業が可能か
をテーマにグループディスカッションをして頂きます。

17:40-17:50 休憩

17:50-18:00 講演 「タブレット学習の導入方法」
- 横山北斗教諭は、関東第一高校にてボトムアップで校長・理事長に提案してタブレットを導入し、全校を巻き込んで情報化準備委員会を組織しました。
- 横山北斗教諭より、学校がタブレットを購入し、全校でタブレット学習を授業に取り入れるために、誰にどう提案して、学校の意思決定を促したかをご講演頂きます。

18:00-19:00 グループワーク 「タブレット学習導入計画作成」
- 横山北斗教諭の講演をもとに、学校にタブレット学習を導入していくための計画を、参加者の皆様に作成して頂きます。

==登壇者プロフィール==
横山北斗氏 関東第一高等学校 教諭(数学科)

1984年東京都生まれ。東京大学農学部にて生命工学を専攻していたが、現勤務校にて個別指導チューターを続けるうちに教育の世界へ強い関心を持ち、進路変更して東京大学大学院教育学研究科へ進学。「学びの共同体」で知られる佐藤学教授のもとで協同学習や教師集団に関する研究を進めた。
大学院修了後の進路を様々に検討するも、最終的には卒業を1年延ばして教員免許を取得し、現勤務校で数学科/理科教師として働くことを決意。2011年4月より現職。
3年目となる今年度は「アクティブラーニング」や「教育×ICT」をテーマとするイベントに積極的に参加し、自らの授業でも実践を始めている。
趣味は読書とバドミントン。

Event Timeline
Sat Mar 29, 2014
4:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
有楽町電気ビル 北館 17階 トーマツセミナールーム
Tickets
教師、教育関係者
ベンチャー、IT関係者
Venue Address
東京都千代田区有楽町1丁目7−1 有楽町電気ビルヂング北館 Japan
Directions
JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
Organizer
Tetsui Okada
4 Followers