Event is FINISHED

【参加者募集!】農業ビジネス勉強会~売れる食品をつくるには~

Description
 「食の物語まるごと味わうサイト -Kodawarin-」を運営しているLawin株式会社代表の柘植千佳様をお招きして、生産者の取り組みと課題や「売れる食品」を作るためのSNSとAIの有効利用などの事例をお話頂き、現状の課題について話題提供して頂きディスカッションする予定です。
 イノベーションビレッジの農業ビジネス勉強会は、農業のIT化推進、ビジネスのきっかけづくり、ネットワーキングを目的に定期的に開催しております。毎回テーマを設定して参加でディスカッションしたり、ワークショップを実施したりしています。お気軽にお越しください!

<アジェンダ>

①Lawin株式会社代表 柘植千佳様の講演

・イントロ 〜休学中にめぐった食の現場〜
 - 自己紹介
 - 生産者の取り組みと課題(6次産業化など)
 - 「食の物語」を伝えるためのIT活用

・「売れる食品」を作るためのSNSとAIの有効利用
 - 「作ったのに売れない」のはなぜか
 - 「みんなで良いものを作り上げる」という考え方

・「食の物語まるごと味わうサイト -Kodawarin-」
 - サービス紹介
 - 現在取り組んでいる企画の紹介
  例1 規格外野菜を使った「調理お手軽野菜ピューレ」
  例2 伝統野菜「ペコロス」の新品種開発
  例3 伝統野菜を使った「ゴロゴロ野菜ご当地スープ」

②ディスカッション
 - 話題提供(現状の課題)
   サービスのコンセプトをわかりやすく見せるには

③ネットワーキング/名刺交換等


<プロフィール>


柘植千佳氏
Lawin株式会社代表取締役。
名古屋大学農学部食料生産管理学研究室4年(現在休学中)

 大学では白衣を着て、遺伝子実験などの専門的な研究を行っていたがとあるセミナーをきっかけに食の現場で働く人の取り組みやポリシーに感銘を受ける。その後、大学を休学して食の現場をめぐり、その経験をもとにKodawarinの起業を決意。EC-CUBEエバンジェリストとの共同開発を行い、今年3月にサイトリリース。初企画である「規格外野菜を使った調理お手軽野菜ピューレの開発」を締め切りより1か月早く目標人数を達成した。
(サイトにおいては、EC-CUBE内にwordpressを組み込み、さらには、既存のSNSとの連携、人工知能Microsoft Azure の活用を見込んだ高度なシステム構築を行っている。)

<2017年の主なメディア掲載>
2017.02.02 読売新聞朝刊
2017.05.07 中日新聞朝刊
2017.05.07 メディアIRORIO(週間アクセスランキング1位)
2017.05.30 朝日新聞夕刊
2017.06.26 CBCテレビ「イッポウ」特集


<日程等>
日時:2017年6月27日(火)19:00~20:45(開場18:45)
会場:ドコモベンチャーズラウンジ

 

<参加費等>

 無料
※受付にて名刺を一枚頂戴致しますのでご準備をお願い致します。
※当日はアーク森ビル1Fに臨時受付を設置しますので、入館方法はこちらをご確認ください。

<講演者からのメッセージ>
 海外からの輸入も多い食品業界。日本人が取り組む食品を「売れるもの」として普及させるためには、「消費者ニーズを正確に捉えた食品の開発」と「食品の背景にある取り組みへの共感」が大切だと考えております。そして、それを解決するためにもSNSとAIの有効な活用が必要です。
今回は0からサービス作り上げた経緯とともに、日本の食を魅力あるものにするためのIT活用についてディスカッションできれば幸いです。
 当日、皆様にお会いできるのを楽しみにしております。



Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2017-06-16 04:10:33
Tue Jun 27, 2017
7:00 PM - 8:50 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
無料 FULL
Venue Address
東京都港区赤坂一丁目12番32号 アーク森ビル31階 Japan
Organizer
ドコモ・イノベーションビレッジ
4,351 Followers