Event is FINISHED

子どもたちに「菜育」を!赤峰勝人講演会in千葉

Description

「自然環境を保全しよう」
「生物多様性を守ろう」

という言葉を最近よく聞きますが、「環境」というとすごく大きな話で自分の身近な物事とは遠いような気がしませんか?

自然環境を守るのが大切なのはわかるけど、自分の毎日の生活とは少し遠いかな、と思う方も多いのでは。

この講演会は、私たちに身近な「食」を通じて「環境」と「自分の生活」を結びつけて考えることを目的に、30年以上前から大分県で無農薬・無化学肥料で野菜を栽培しているなずなの会の赤峰勝人さんをお招きし、「循環農法」についてお話いただくものです。

当日は千葉県で自然栽培に取り組む農業高校、大網高校の生徒たちが、自分たちが行なってきた栽培に関する発表も行います。

また、会場の青葉の森公園ではマルシェも開催予定です!大網高校の生徒たちが育てた野菜も並ぶ予定ですので、ぜひお越しください。



◆講演者紹介

 赤峰 勝人


1943年、大分県に生まれる。大分県立三重農業高校卒業。
無農薬、無化学肥料の「循環農法」で野菜を育てる百姓。
1986年、「なずなの会」を組織し、なずな新聞の発行、問答塾、百姓塾、各地での講演を行い、自然の食べ物を通じて、循環の大切さを訴え続けている。居合道五段。合氣道三段。

著書/「ニンジンから宇宙へ」「ニンジンから宇宙へII」「循環農法」「私の道」(以上、なずなワールド)、「アトピーは自
然からのメッセージ」(アスペクト)、「百姓赤峰勝人の野菜ごはん」(オレンジページ)、「ニンジンの奇跡~畑で学んだ病気にならない生き方」(講談社プラスα新書)等


◆主催者
 生命をはぐくむ食の会

千葉県富里市を中心に有機農業を行なっている生産者団体丸和の会の生産者や、県内で環境に配慮した農産物の拡大を望む消費者が中心になって活動している会。子どもたちに美味しい野菜を知ってもらいたい、という思いから、年に1度丸和の会の畑でとうもろこしを畑で丸かじりするツアーなどを企画している。


◆共催者紹介
 千葉県立大網高校

自然栽培に取り組む県立の農業高校。
地力を生かした栽培の可能性を感じた教師たちが中心となり、
それまで指導してきた農業とは正反対の自然栽培に取り組み始める。
試行錯誤しながら、「網高流・自然栽培」を進めている。



◆アクセス
■電車をご利用の方
 京成千原線 千葉寺駅より徒歩約15分
■バスをご利用の方
【JR千葉駅東口より2番のりば 千葉中央バス】
 ・星久喜台経由 (誉田駅ゆき、大宮団地ゆき、鎌取駅ゆき、リハビリセンターゆき)
  ハーモニープラザ下車徒歩8分
【JR千葉駅東口より7番のりば 京成バス】
・大学病院・南矢作ゆき 
 中央博物館前下車徒歩10分
【JR蘇我駅東口より2番のりば】
・大学病院行き 
 芸術文化ホール前下車徒歩5分
■お車でお越しの方
 京葉道路松ヶ丘インターより 車約10分
 千葉東金有料道路千葉東インターより 車約10分
※ホールには駐車場がありませんので、公共の交通機関のご利用をおすすめいたします。

Sat Jul 8, 2017
1:30 PM - 4:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
青葉の森公園芸術文化ホール
Tickets
大人(大学生以上) SOLD OUT ¥1,000
高校生以下(受付の際学生証を御提示ください) FULL
Venue Address
千葉市中央区青葉町977番1号 Japan
Organizer
生命をはぐくむ食の会
7 Followers