Event is FINISHED

『若者の職業的自立に関するアセスメント及び地域ネットワーク活用ワークショップ』

若年キャリア形成支援に関心のある臨床心理士、臨床心理を学ぶ大学院生向けセミナー
Description
講師:小坂淑子(厚生労働省認証事業たちかわ若者サポートステーション臨床心理士)

<講師プロフィール>
社会人経験を経て、2010年に臨床心理士資格取得後、精神科クリニックの思春期・青年期デイケアに勤務。2013年よりたちかわ若者サポートステーションで非常勤職員として若者の社会的自立に携わっている。他に、精神科クリニックでのカウンセリング及び検査業務、東京都スクールカウンセラーを兼任。

主催 NPO法人育て上げネット http://www.sodateage.net/
<参考>たちかわ若者サポートステーション http://sodateage.net/yss/tachikawa/
(※NPO法人育て上げネットが厚生労働省から委託を受けて運営しています。全国160カ所ある地域若者サポートステーションの中で、毎年高い進路決定率を誇っています。)


対象:臨床心理士、臨床心理士指定大学院学生(限定)
定員:20名

ワークショップ紹介
若年キャリア形成支援および、ひきこもりやニートの支援に関心のある臨床心理士、大学院生を対象に、現場で自立して生活するための見立てと地域ネットワークの活用方法を実習形式で学びます。教育、産業、医療の分野においても、進路が未決定になる可能性のある人にどのように支援していったらいいかについてのヒントを提供します。
【ワークショップ概要】
●「若年キャリア形成支援」とは、青年期の臨床のうち、社会的にどこにも所属していない人を含む若者の仕事と将来を考える支援を包括した表現です。
厚生労働省事業、地域若者サポートステーションは、ニートが60万人を超え、社会的問題として課題視される中、①個別の支援②継続的な支援③地域ネットワークを活用した支援を主軸に職業的自立を行うことを目的に、2006年に設立されました。現在、厚生労働省からの委託事業としてNPO法人等が全国160か所に展開し、総合相談窓口としての役割を果たしています。
●地域若者サポートステーションは、仕事についていなく、場合によっては必要であるにもかかわらず医療機関にも、教育機関にも、福祉機関にもつながっていない15歳から39歳の若者を対象とした臨床現場です。若者が最初に相談に来る窓口として6ヶ月間で支援を行うためにも現在、自立した生活を送り、仕事に就く力があるかどうかを判断するためのアセスメントと、すぐに就職ができない若者には適切な地域ネットワークへ繋ぐことが急務となっています。

●今回のセミナーでは、若年キャリア形成支援の現場で何が行われているか、またこの現場から得た知見のエッセンスを、若者の自立という点で普段の臨床活動に生かせるような形でお伝えすることを目的としています。

【プログラム】
<前半>地域若者サポートステーションに来所する青年の臨床像をお伝えし、現在行っている「3回の面談で方針を決定する」面談の実際と、インテーク、仕事に就く力に関するアセスメント、リファー方法を講義形式でご紹介し質疑応答を行います。

<後半>青年期の自立のために活用できる社会資源の全体像を講義形式でお伝えしたのちに、事例をもとに、個人およびグループで検討します。

<お問い合わせ先>

NPO法人育て上げネット info@sodateage.net

Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2014-01-30 03:24:14
More updates
Sun Mar 16, 2014
10:00 AM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
NPO法人育て上げネット 2階研修室
Tickets
『若者の職業的自立に関するアセスメント及び地域ネットワーク活用ワークショップ』
Venue Address
東京都立川市高松町2-9-22 生活館ビル2階 Japan
Directions
JR立川駅北口、モノレール立川北駅より徒歩13分程度
Organizer
NPO法人育て上げネット
1 Follower