2017年11月9~11日【英語で議論する力を養う】英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ "SPOT on Facilitation in Japan"

Description
■なぜ、ファシリテーションスキルがグローバルリーダーに必要なのか

ファシリテーションスキルとは、議論の中で、参加者の意見を引き出し、価値観や利害の違いを乗り越えて、合意形成へと導いていくためのコミュニケーションスキルです。
グローバルなビジネスのシーンで、さまざまな価値観を持つ世界の人々とディスカッションをしながら、同じ目的に向けて協働を促すリーダーシップが求められるグローバルリーダーにとって、コアのコミュニケーションスキルであるといえます。

「英語でビジネス会話ができる」から、「英語で議論をリードできる」レベルに達するには、武器が必要です。それが、ファシリテーションです。

今回のワークショップでは、「英語で議論をリードする力」を身につけることを目的に、議論の運営術であるファシリテーションを、外国人講師から英語で学びます。3日間のプログラムは、講師の講義もグループワークもすべて英語で実施されます。

また、外国人参加者も数名参加しますので、まさにリアルでタフなダイバーシティ環境の中で、場のエンゲージメントを高め、議論をリードしていくトレーニングを体感できます。

本ワークショップは、世界で活躍するシンガポールのファシリテーター2名を講師に迎え、SPOT on Facilitationという、グローバル・ファシリテーションのメソッドを軸に進めていきます。

また、Native English speakerのファシリテーターと、バイリンガルの日本人ファシリテーターもコ・ファシリテーターとして参加します。

2016年6月と12回にも開催し、日本人や外国人の受講者合わせて数多くの方に参加いただきました。今回は第3回の開催になります。(レポートはこちら)

※本ワークショップはすべて英語で実施されますが、日本語と英語の両方を話せる日本人ファシリテーターがアテンドをいたします。日本人受講者がスムーズにワークショップを進行できるようにサポートいたしますので、安心して受講いただけます。

◎2016年6月に第1回を開催

日本で受講できる本ワークショップは、2016年6月と12回にも開催し、日本人や外国人の受講者合わせて数多くの方に参加いただきました。今回は第3回の開催になります。受講者も、日本受講者だけでなく、日本で仕事をする外国人を受講者も数名参加し、文字通りダイバーシティ環境の中でワークショップが実施されました。
 question2  feedback1_2
※詳しいレポートはこちらをご覧ください。


■この研修で得られるもの

◎グローバルの舞台で活かせるファシリテーションテクニックを習得

ファシリテーションは、議論を円滑に進行するスキルです。さまざまな価値観の人々が集うグローバルなビジネスの舞台では、価値観や利害の違いを乗り越えて協働を生み出すリーダーシップが必要です。ファシリテーションはまさにグローバルリーダーに必須のコミュニケーションスキルと言えます。
今回のグローバルファシリテーション・ワークショップでは、グローバルで汎用性の高いファシリテーションテクニックやツールについて学ぶことで、ダイバーシティの中でリーダーシップを発揮していくためのスキル開発を支援します。

◎タフなディスカッションに必要な英語でのディスカッションスキルを鍛えます

グローバルを舞台にした仕事では、英語が話せるだけでは通用しません。タフな環境で自分をきちんと表現する、ただ自己主張するだけでなく論理的に説得する、多様な意見が飛び交う中で互いの意見を調整する、これらを英語を使って適切に行うことが必要です。
本ワークショップでは、講師から一方的に学ぶのではなく、グループメンバーで相談しながらケースに取り組む時間が多くなっています。その中で、英語で中身の濃いディスカッションをしていくことが求められ、必然的に英語でのディスカッションスキルが鍛えられます。

◎外国人受講者とのリアルなダイバーシティ体験

本ワークショップは主に日本人受講者を対象としていますが、英語を主要言語とする外国人受講者も若干名参加する予定です。実際に外国人と共同でワークを進めることで、リアルなダイバーシティ環境の中で、リーダーシップを発揮していくための絶好のトレーニングになります。

◎ポジティブにアクションする力を身につけることができます

海外の研修プログラムと日本の研修プログラムのもっとも大きな違いは、海外では、受講者がポジティブに関わることが要求されることです。
日本の研修では、受講者は「お客様」で、講師が手取り足取りで教えることが通常ですが、海外の研修では、研修前にそのテーマについて予習をして来るのは当たり前で、宿題も多く出ます。しかも、受講者の質問も多く、受講者自身の関わり方が研修の質を高めるという意識があります。
本ワークショップでも、「受け身」の姿勢ではなく、常にポジティブに関わることが求められます。3日間のワークショップを通じて、ポジティブにアクションする力が自然と身についていることでしょう。

◎アジアの生の英語でのコミュニケーションを体験
講師はシンガポール人。シンガポールの公用語は英語ですが、シンガポールはアジアのビジネスの中心地であり、多様な人種が協働しています。講師もそのような中でプロとして活躍してきた経験豊富なファシリテーターです。講師とのコミュニケーションを通して、欧米での英語コミュニケーションとは違ったアジア独自の英語コミュニケーション文化に触れることができます。アジアのビジネスの中心で使われる、生きた英語力を培う良い経験になるでしょう。

※日本人ファシリテーターがアテンド 

全編英語での研修では何かと不安なことが多いと思います。本ワークショップでは、日本語と英語の両方を話せる日本人ファシリテーターがアテンドをいたします。日本人受講者がスムーズにワークショップを進行できるようにサポートいたしますので、安心して受講いただけます。

■2016年6月に開催した本ワークショップの模様がわかる映像です

2016年6月と12月に本ワークショップを開催しました。
以下に3日間のワークショップを15分程度に凝縮したビデオ映像があります。
ワークショップの雰囲気がよくわかると思いますので、参考にしてください。

※詳しいレポートがこちらにございますので、こちらもご覧ください。
2016年6月23~25日開催 英語で学ぶグローバルファシリテーション・ワークショップ開催レポート(日本語版)

■以下にワークショップ参加者の感想があります。(日本語版・英語版両方あります)

インタビュー協力:Next Leap(ネクストリープ) 橋本博季さん


インタビュー協力:塩野義製薬株式会社 人事部 中井康司さん


インタビュー協力:株式会社シーエーシー様


インタビュー協力:株式会社シーエーシー様


■講師紹介

Prabu Naidu Co-founder of Facilitators Network Singapore (FNS)

Prabu2

Prabu Naidu氏は、Philips, AT&T, Compaqなどの多国籍企業において、約20年間に渡るエンジニアリング、品質管理、プロジェクトマネジメント、マネジメント変革、サプライチェーン改革などの多様な経験を通して、組織変革やファシリテーション、コンサルティングの方法論を確立してきました。
2000年以降、組織変革の専門サンンルタント、ファシリテーターとして、世界各地の多国籍企業で、さまざまな組織変革のファシリテーションに従事してきました。
2004年にJanice Lua氏と共同でFacilitators Network Singapore(FNS、シンガポール・ファシリテーター協会)を設立。FNSは、シンガポールを中心にASEAN諸国やヨーロッパのファシリテーターを2000名以上登録し、アジアを中心とした世界各国でファシリテーターの活躍の場を広げている。
受講者の心をつかむファシリテーションが特徴で、グローバルで汎用的なファシリテーションのツールを数多く紹介した著書”SPOT on Facilitation”をJanice Luaと共著で出版している。際的なファシリテーション団体であるINIFACの理事も務める。

Prabu Naidu holds a Masters in Organizational Behaviour (Birkbeck College, UK) and gained
19 years of MNC experience (1980-1999) with Philips, AT&T and Compaq which spanned diverse functions in Engineering, Materials, Project Management, TQM, HRD, Managing Change and Supply Chain Re-Engineering – these set the foundation for his current thirteen years (2000-2012) of training, facilitation and consulting work in organizational development.

He has designed and delivered numerous OD interventions for MNCs, SMEs, Government departments & not-for-profit organizations in Singapore and regionally for MNEs & SMEs. He is an IAF Certified Professional Facilitator (CPF) and an INIFAC Certified Master Facilitator(CMF). He co-founded the Facilitators Network in 2004 to upscale the competencies of facilitators in Singapore and the region. His lectures at professional institutions are always well received by the students as all his lectures are very engaging and facilitative. He co-authored SPOT on Facilitation.

Janice Lua  Co-founder of Facilitators Network Singapore (FNS)

Janice Lua氏はイギリスにてTechnology Managementの科学修士号を取得し、オーストラリアにてMBAを取得。10数年にわたって、世界のさまざまな国で組織変革、チームビルデイング、ビジネスプロセス改革、マネジメント改革などのファシリテーションに従事している。
企業内の問題解決だけでなく、技術や社会、地域問題など、さまざまなテーマで多様な手法を活用したファシリテーションを得意とする。2004年にPrabu Naidu氏と共同でFacilitators Network Singapore(FNS)を設立。国際的なファシリテーション団体であるINIFACが認定するプロファシリテーターのアセッサーの資格も持つ。”SPOT on Facilitation”をPrabu Naiduと共著で出版している

Janice Lua has a MSc (UK) in Technology Management and a MBA (Australia) in Entrepreneurial Management with more than 10 years experience facilitating organisation-wide change management, business process re-engineering, team building, creativity & innovation & strategic planning. She has facilitated regionally on social issues using methods such as The World Café, Open Space Technology and Future Search processes. She is a Senior National Business Excellence Assessor, Certified Management Consultant, Qualified Strengths
Deployment Inventory® Facilitator, PMI certified Project Management Professional, IAF Certified Professional Facilitator (CPF), an INIFAC Certified Master Facilitator (CMF) and CMF Assessor, and licensed Dynamic Facilitation Instructor. She co-founded the Facilitators Network in 2004 to upscale the competencies of facilitators in Singapore and the region. She co-authored SPOT on Facilitation.

Jacob Erlich コ・ファシリテーター

アメリカ、ニューヨーク出身。アジアを始め、世界のさまざまな国を舞台にファシリテーションや組織開発、人材開発の経験を豊富に持ち、さまざまな業種の企業にファシリテーションやトレーニングのサービスを提供している。世界のあらゆる教育機関、コンサルテング企業と提携しながら、現在は日本を拠点にして、国内外の様々な企業にファシリテーションやコンサルティングを提供している。得意な分野は、組織開発、マネジメンント強化、コミュニケーションスキル開発、関係性構築、問題解決などで、ダイナミックなファシリテーションと優れたワークショップデザインに定評がある。今回はPrabu Naidu氏、Janice lua氏ともとにコ・ファシリテーターを務める。


■アテンドする日本人ファシリテーター オーガナイザー
吉岡英幸 株式会社ナレッジサイン 代表取締役

yoshioka5

プロのファシリテーターとして、400件以上の議論の場をファシリテーションした経験を持つ。
IT業界を中心に、企業のCIOや人事部門リーダーを対象にしたラウンドテーブルトークや、経営幹部を対象にした企業内会議のファシリテーションなど、さまざまな場のファシリテーションを手がける。
ファシリテーションや各種コミュニケーションの研修も開催し、ファシリテーションを活用したグローバル人材育成プログラムの開発にも積極的に関わる。自らが体験しながら海外の研修事業者のプログラムを紹介することで、世界の良質なコミュニケーション研修を、グローバル人材育成の一つの手段として適用しようとしている。今回はPrabu Naidu氏、Janice lua氏ともとにコ・ファシリテーターを務める。

-5 Reasons Global Leaders NEED Facilitation Skills

A Facilitator is one who contributes structure and process to interactions so groups are able to function effectively and make high-quality decisions.

Group Process Facilitation is a rapidly expanding worldwide profession that plays a vital role in the workings of business, government and communities across the globe. There is a growing demand for people who can help groups build consensus, maximize participation and move toward action.

5 Reasons Global Leaders NEED Facilitation Skills

1.To help groups focus on a common objective

2.To assist in planning engagements to achieve set objectives

3.To listen, ask questions and synthesise others ideas more effectively

4.To manage conflict and keep discussions on track

5.To provide a process for making decisions and moving plans forward

-For Whom

This course will be life changing for everyone who wants to excel in the following areas:
– Facilitating meetings, workshops, & trainings that engage all participants

– Designing workshops, offsite meetings and trainings that set out a clear goal and achieve it

– Teaching learners in an engaging and facilitative way encouraging self determination

Past participants have included: HRD & OD professionals, Country Managers, Project & Team Leaders, Teachers, People Development Practitioners and many others who work with groups and wanted to learn how to enhance group engagement and effectiveness.

-What you will learn

Practical facilitation method

SPOT on facilitation is original method by Prabu Naidu and Janice Lua, which enhance you to acquire basic and practical facilitation.
This workshop contains many outcomes as below

●The 4D Facilitation Model for the design and deliver of facilitated interventions

4D Facilitation Model defines facilitation process as below.

D1: Determine Requirement
D2: Design the Session
D3: Deliver & Debrief the Session
D4: Discover New Learning(by Facilitator)

You can learn fundamentals of facilitation according to these four 4D steps


©2003-2017 Facilitators Network Singapore

●SPOT Framework of process facilitation (Space, Process, Outcome, Time)
●14 Divergent & Convergent processes for group process facilitation
●Process design & facilitation role-play in 6 of the 14 processes
●Constructive feedback from peers and coaches
●Best practice tips in using the flip chart and other process facilitation tools
●Practice facilitating to a diverse audience in English

Practical Training

On Day2 and Day3 you will have a really practical training using commonly occurring business situations cases.
Partciipants are needed to design process facilitation on your own way with the suggestion of process tools. In this session all the participants have to focus on creative discussion in each group.

Video Feedback

Each participant will receive a video recording with feedback of their day 3 facilitation practice.

Group dynamics under the diversity situation

Participants will join from not only Japan but also various countries. Under the diversity, you can learn how to enhance group dynamics.


Nov 9 - Nov 11, 2017
[ Thu ] - [ Sat ]
9:00 AM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
未定(東京都内を予定)
Tickets
早期割引料金(9月30日までにお申し込みの方) ¥108,000
通常料金(10月1日以降にお申し込みの方) ¥118,800

Combini / ATM payment will be closed at the end of Nov 8, 2017.

Venue Address
東京都 Japan
Organizer
株式会社ナレッジサイン
104 Followers