釈徹宗×平川克美 隣町珈琲ブックレビュー対談「平川克美 著者と語る 第8回ゲスト 釈徹宗」

Description
★こちらのイベントのお申し込み、ご確認は店頭0364513943か、Facebookイベントページにて承っております

※イベントにより満席で受付終了している場合もございますので、イベント間近ではなるべく店頭TELまでご確認いただくことをお勧めいたします。


***


隣町珈琲ブックレビュー対談第8弾!

今回は隣町珈琲にもお客様として何度もご来店いただいている今売れっ子僧侶スター、釈徹宗先生がブックレビュー対談に初登場です!

この度、釈先生が『落語に花咲く仏教-宗教と芸能は共振する-』で第5回河合隼雄学芸賞を受賞されました!

宗教と落語の密接な関係。古代から宗教儀礼と芸能、アートは渾然一体となっていた。そんな現代まで続く宗教と芸能との関係を歴史的に文化的に人間学的に読み解く大変な力作です!

今回はなんと釈先生一押しのオーボエ奏者、小林千晃さんの演奏とともに「トーク & クラッシクスペシャル」企画としてお送りします。
夏の夕べにオーボエの音色と有難いお言葉は如何でしょう。

【詳細】

「隣町珈琲ブックレビュー対談 平川克美 著者と語る 第8回ゲスト 釈徹宗」

テーマ本 『落語に花咲く仏教-宗教と芸能は共振する-』(朝日新聞出版)

日時              

7月16日(日)17:00~(開場:16:30)

場所               

隣町珈琲

〒142-0053 東京都品川区中延2-6-2

03-6451-3943

入場料            

3000円(1ドリンク付)

※当日店頭にてお支払いください

出演者             

釈徹宗(宗教学者・浄土真宗本願寺派如来寺住職、相愛大学人文学部教授)

小林千晃(オーボエ奏者)

平川克美(隣町珈琲店主・文筆家)

内容             

ヒット中第5回河合隼雄学芸賞『落語に花咲く仏教-宗教と芸能は共振する-』の制作経緯、背景、釈徹宗先生自身に迫っていく対談です。当日はテーマ本の購入もいただけます。

また今回はオーボエ奏者小林千晃さんの演奏とともにお送りします!

お申し込み•お問い合わせ    

下記、隣町珈琲にTELか、Facebookイベントページにてお申し込みください。

隣町珈琲

TEL(0364513943)

または

Facebookイベントページ

https://www.facebook.com/events/283254445417754/?ti=icl

★出演者プロフィール

●釈徹宗(しゃくてっしゅう)
1961年、大阪府出身。 本願寺派如来寺住職
龍谷大学大学院、大阪府立大学大学院博士課程を修了後、大阪府池田市にある如来寺(浄土真宗本願寺派)住職となる。
法務のかたわら相愛大学で教鞭をとり、さらにはお寺の裏にある一軒家で地域の認知症高齢者のためにグループホームを運営するなど、多彩な活動を展開する。
著書『親鸞の思想構造』『いきなりはじめる仏教生活』、また内田樹氏との共著『いきなりはじめる浄土真宗』『はじめたばかりの浄土真宗』など。
自由に仏法を語る若きメンターとして注目を集める気鋭の僧侶スター。

●平川克美(ヒラカワ カツミ)

1950年、東京都生まれ。隣町珈琲店主。声と語りのダウンロードサイト「ラジオデイズ」代表。立教大学客員教授。文筆家。早稲田大学理工学部機械工学科卒業後、翻訳を主業務とするアーバン・トランスレーションを設立。99年シリコンバレーのBusiness Cafe Inc.の設立に参加。著書に『移行期的混乱』(ちくま文庫)、『俺に似たひと』(朝日文庫)、『小商いのすすめ』『「消費」をやめる』(共にミシマ社)、『路地裏の資本主義』(角川SSC新書)、『復路の哲学』(夜間飛行)、『「あまのじゃく」に考える』(三笠書房)、『一回半ひねりの働き方』(角川新書)、『何かのためではない、特別なこと』(平凡社)、『言葉が鍛えられる場所』(大和書房)、『グローバリズムという病』『喪失の戦後史』(共に東洋経済新報社)

近著では『移行期的混乱以後―家族の崩壊以後』(晶文社)がある。


Sun Jul 16, 2017
5:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
隣町珈琲
Venue Address
東京都品川区中延2‐6‐2 Japan
Directions
東急池上線 荏原中延駅より徒歩4分(改札を出て右に直進、最初の信号を右折後すぐ)
Organizer
隣町珈琲
211 Followers